タビ・アソビ

ススキにも負けない銀色の夕景-琵琶湖最大の内湖「西の湖」のヨシの花が見頃

滋賀県東部、琵琶湖最大の内湖「西の湖」のヨシの花が見頃に。ススキや荻に比べ、毛やノギが少ないけれど、群生するヨシの花が逆光で夕日の光を受けると、金色や銀色に光りとても幻想的。凪いだ「西の湖」の鏡のような湖面に影を落とすヨシと、夕日のコントラストはとてもフォトジェニックで、この時ばかりは、ルアーを持った人よりもカメラを構える人の方が多いかも。

ラムサール条約に登録されている水鳥の生息地

img_2450%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

毛やノギが少ない分、シルエットがキレイに出るため、赤く輝く山の稜線や湖とのコントラストが美しく、夕方にはカメラマンも多く足を運ぶ「西の湖」。フォトジェニックな瞬間は、この時期だけではなく、過ごしやすい広大な湿地に飛んでくる水鳥が、これからの季節多くなるそう。カイツブリやマガモ、コサギにオオバンなど、様々な水鳥が、雪で白く染まった「西の湖」に彩を与えてくれる。

img_2466%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

そもそも、この周りには「西の湖」以外にも、琵琶湖の内湖がいくつか存在していたとか。昭和初頭から大規模な干拓が行われたけれど、当時の食料事情が改善されたことや、現在は行われていない淡水真珠の養殖が行われていたことから干拓を免れたそう。そして、現在琵琶湖の最大の内湖となったとか。ちなみに、「西の湖」由来は、安土城の西の湖という意味だそう。この秋から冬は滋賀県の穴場スポットで、夕日に映えるヨシの花と、湖を舞う水鳥の美しい風景を撮影してみるのも面白い。

img_2444%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

西の湖
ヨシの花と水鳥が夕日に映える度 ★★★★★
住所:近江八幡市安土町下豊浦

“Text,Photo:中川 直幸”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 大阪市内と京都市内を眺められる「大岩山展望所」は夜に行くと本当に怖い
  2. 京都にきたら極楽浄土を体験して。西本願寺のライトアップは10月10日まで
  3. 京都美山のかやぶきの里は日の入り前後の30分が絶景タイム
  4. 世界でひとつの作り方:スーパービンテージジーンズに挑戦するニードルワーカー小中儀…
  5. 居酒屋『よこちょう』で日本酒を片手に鮮魚に舌鼓

関連記事

  1. タビ・アソビ

    リアル神々の遊び。京都から2時間半、南知多で神話の世界を体感できる「つぶてヶ浦」の鳥居

    「誰だお前」「わたしだ」「なんだ、お前か」「暇を持て余した」「神々の」…

  2. タビ・アソビ

    京都の夜景スポット「男山展望台」は人が全然いないので、たまに人に会うと非常に恐い

    国宝「石清水八幡宮」境内にある「男山展望台」は、密かな夜景観測スポ…

  3. タビ・アソビ

    満月の日に撮影したい街なか絶景-滋賀県大津市「大津湖岸なぎさ公園」

    琵琶湖花火大会の日は、人がひしめき合う滋賀県大津市の「なぎさ公…

  4. タビ・アソビ

    京都美山のかやぶきの里は日の入り前後の30分が絶景タイム

    世間の喧騒を忘れ、茅葺民家の集落でゆったりした時間を過ごせる、言わずと…

  5. タビ・アソビ

    京都市内から車で1時間ほど、見頃を迎えた上桂川のもみじの土手を歩こう

    流域によって呼び名を変える淀川水系の一級河川「桂川」。観光客で賑わう嵐…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    京都市内から電車で約2時間-誰でも綺麗な写真が撮れる関西空港でロマンティックな夕…
  2. タベモノ

    京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ
  3. コト

    2016年11月-12月の京都のイベント情報
  4. タビ・アソビ

    リアル神々の遊び。京都から2時間半、南知多で神話の世界を体感できる「つぶてヶ浦」…
  5. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。