タビ・アソビ

夏の終わりはひぐらしの声を聞きながら廃校をリノベーションしたカフェでゆったりと

夜風に少し冷たさが混じり、肌寒さを感じる9月上旬。南山城村にある木造の【旧山田小学校】で、ひぐらしの声に耳を傾け、ゆったりと夏の終わりを感じる休日を過ごしませんか?

木の廊下、校庭の大きな木に感じる懐かしさ

sdim0528%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

映画の撮影でも使われた、月ヶ瀬エリアにある南山城村の旧山田小学校。市が運営する廃校を、作家や飲食店が教室をリノベーションして使用。

木造りの下駄箱や、学生がいた頃のスローガンなどをそのまま利用した空間は、日本人なら馴染みはなくとも、どこか懐かしさを感じる心地よさがある。

いつくかの事業があつまっているこちらで人気なのが、週末のみ営業しているカフェの「ねこぱん」。

ご近所さんがスタッフとしてお手伝い

sdim0556%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

野菜カレー(※写真は季節のカレーの一例)。メニューは季節や月により変動。カレーは850円〜950円程度。ランチは1,000円〜1,200円程度を目安に。ドリンクは400円〜600円を目安に。

普段は別の仕事をしているというスタッフが、週末のみオープンする【ねこぱん】。観光客だけでなく、地元のリピーターも多く、ゲストと地元スタッフとの距離が近い穏やかな雰囲気に不思議と心が落ち着く。

メニューは季節や月により変わるが、人気のベーグルや旬菜を使ったランチセット、季節のカレーが好評。どんな料理が出てくるかは、いってからのお楽しみ。また地元の茶葉を使った「南山城紅茶」や「村のほうじ茶ラテ」など、ここでしか味わえないドリンクにも要チェック。

食後は旧校舎を見て回ったり、駐車場でもある小さな校庭で、ちょっとキャッチボールを楽しんでみてもいいかも。

sdim0513

旧山田小学校写真ギャラリー

sdim0519%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

旧山田小学校写真ギャラリー

sdim0531

旧山田小学校写真ギャラリー

sdim0532%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

旧山田小学校写真ギャラリー

sdim0533

旧山田小学校写真ギャラリー

sdim0541

【ねこぱん】店内。

sdim0546

人気のベーグル。持ち帰りも可。

cafe ねこぱん
懐かしさがこみ上げてくる度 ★★★★
■住所:京都府相楽郡南山城村田山上フケ6−4(郵便局前)
■電話:080-2433-7272(予約の場合でも待つことがあるので、そこは広い心で対応して)
■営業時間:11:00−17:00
■定休日:平日(第1、第2、第3 土曜日と日曜日のみ営業※HPを要チェック)
■駐車場:あり
■HP:http://cafenekopan.com/

(記事:Taico,写真:中川 直幸)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 蓮池の下にある安藤忠雄建築のお寺『本福寺』の異世界感がすごい
  2. 年下ヒーローと「ハブァ ナイストリップ」少年-酔いどれ譚
  3. 『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のス…
  4. 滋賀県の絶景「近江の厳島」湖中大鳥居は縁起の良いパワースポット
  5. 暴君ボイラーメーカー。酔いどれ譚三杯目

関連記事

  1. タビ・アソビ

    京都観光に来た友人を連れて行きたい穴場の黄葉スポット「岩戸落葉神社」

    寺院の特別拝観も始まり、紅葉のピークを迎えた京都市内は、昼夜を問わず観…

  2. タビ・アソビ

    京都市内から車で約3時間半-「生野銀山」のアジト感たっぷりの関西の絶景

    雨でも関係なく楽しめる関西の週末旅におすすめのスポットを紹介。京都市内…

  3. タビ・アソビ

    日本一大きな鳥居は平安神宮ではなく、神が舞い降りた地「大斎原」の大鳥居

    京都の街なかでひと際目立つ平安神宮の大鳥居。てっきりあの鳥居が日本一大…

  4. タビ・アソビ

    喧騒を忘れて紅葉ウォークを楽しめる市内の穴場スポット「宝ヶ池公園」

    ピークを超え、紅葉を楽しめるのもあとわずか。気持ち良く晴れた日は、ただ…

  5. タビ・アソビ

    京都市内から車で1時間ほど、見頃を迎えた上桂川のもみじの土手を歩こう

    流域によって呼び名を変える淀川水系の一級河川「桂川」。観光客で賑わう嵐…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目
  2. コト

    竹林のライトアップが幻想的な京都・嵐山花灯路2016がスタート
  3. モノ・ビヨウ

    「せっけんハミガキ」を半年使って感じたメリットとデメリットをつらつらと
  4. コト

    2017年4月に京都で行われるイベントや観光情報
  5. コト

    ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。