タビ・アソビ

まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃

その者、青き衣を纏いて、金色の野に降り立つべし。これはジブリ映画「風の谷のナウシカ」の中で、風の谷の伝説の一節です。金色の野のような場所が関西にあります。京都市内から車で約3時間、奈良県の「曽爾高原(そにこうげん)」です。

澄んだ空気と開放的な空間、高原リフレッシュがおすすめ

img_9199

奈良県の東北端、三重県との県境に位置する曽爾高原。室生赤目青山国定公園に指定されている佳景の場所です。夏には紫幹翠葉のすがすがしい高原風景が、そしてこれからの季節は、夕映えに金色の穂を揺らすススキが、目の前いっぱいに広がる幻想的な風景が楽しめます。下道でいっても京都市内から車で3時間以内で、近くには香落渓や赤目の絶景にも好アクセスなので、紅葉を楽しむにはおすすめ。最高部からの眺めも素晴らしいものです。

img_9264

高原の最高部へは途中まで階段があります。途中からは岩肌が見えるようなゴツゴツした場所になりますが、ここが見えたらゴールはすぐそこ。登り始めから20分から30分ほどで着きますので、高原を訪れた際にはぜひ登ってみてください。

img_9267

高原のお亀池が小さな琵琶湖みたいに見える

img_9273

高原の中心部には「お亀池」と呼ばれる池があります。最高部から確認すると小さな琵琶湖みたいで親近感が湧きます。

この池にはちょっとよくわからない伝説があるのでご紹介。

昔、太良路に住む若者が、お亀という美人と結婚。しかし、お亀は子どもを産んだ後、実家へ帰ってしまいます。子どもが夜泣きをするので、若者はお亀に乳ををもらいに出かけたところ、お亀池までお亀がやってきて一度だけ乳を与えてくれました。しかし、その後もたびたび夜泣きをするので、また乳をもらいに行くと、怒ったお亀が大蛇となり、このお亀池に現れたといいます。

なぜ大蛇に、なぜ怒ったの、なぜ出て行ったの、など数々の疑問が抱かずにはいられない伝説が残っています。余談でした。

最後に最高部からの眺めをご紹介。道が舗装されているため車でのアクセスも容易なので、恋人や友人とドライブついで遊びにいくのもおすすめです。

img_9271

曽爾高原
秋になるとナウシカ気分が味わえる度 ★★★★★
■住所:奈良県宇陀郡曽爾村太良路曽爾高原
■駐車場:600円

“Text,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩
  2. 京都観光に来た友人を連れて行きたい穴場の黄葉スポット「岩戸落葉神社」
  3. 西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野
  4. 京都市内を一望できる将軍塚「青龍殿」のライトアップがスタート-ガラスの茶室は幻想…
  5. 酒場で繰り返されるべき話:酔いどれ譚六話目

関連記事

  1. タビ・アソビ

    大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行こう

    クリスマスは恋人と、なんて習慣はバブルと一緒に消えてしまったのかもしれ…

  2. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感

    滋賀県の南東部、京都市内から1時間ちょっとの信楽エリア。信楽といえば、…

  3. タビ・アソビ

    京都の夜景スポット「男山展望台」は人が全然いないので、たまに人に会うと非常に恐い

    国宝「石清水八幡宮」境内にある「男山展望台」は、密かな夜景観測スポ…

  4. タビ・アソビ

    「海賊とよばれた男」聖地巡礼-日本の近代化を支えた国の重要文化財「舞鶴赤れんがパーク」

    2016年公開の映画「海賊とよばれた男」の撮影で使用された台本やトロッ…

  5. タビ・アソビ

    地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩

    京都市内から車で1時間30分。大阪府民の森のほしだ園地にある吊り橋「星…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    【穴場】そっちの清水の舞台混んでるでしょ、こっちの舞台は空いてますよ。トイレの神…
  2. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩
  3. タビ・アソビ

    標高450mの山中にある秘境感たっぷりの「淡海湖(処女湖)」
  4. モノ・ビヨウ

    「せっけんハミガキ」を半年使って感じたメリットとデメリットをつらつらと
  5. キブン

    酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。