タビ・アソビ

雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと

古くなった古民家や廃校を再利用し、アトリエやカフェに。今、若いオーナーや職人が、街を離れ田舎で活躍するケースが増えている。篠山はそんなリノベーション経営が活発な関西で注目のエリア。

改装した旧校舎の横には現校舎が並ぶ、不思議な空間

img_9572%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

オーバー70は涙ものの木製廊下の校舎、雑然と並べられた手作りの木のおもちゃ、「元大山保育園」だった場所を一部そのまま利用し、カフェやギャラリーに。人や思い出が集まる場所をテーマに「monoile(ものいれ)」と名付けられたこの場所には、その名の通り多くの人が訪れる。

以前の保育園の面影が残る空間作りは、今でも子ども達の声が聞こえてくるよう。というか、実際に聞こえる。隣には現校舎があり、大きなグラウンドには、休日でも子ども達が遊んだりしているそう。さらに、キッズスペース、おむつ替えスペース、小さな授乳スペースを用意しており、子どもと一緒に訪れるママさん達が安心して楽しめるそう。

体思いのメニューも数々も人気

img_9530%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

おやつプレートセット 1,100円

img_9528%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

季節のジェラート 600円

お昼どきにはプレートメニューを用意しており、キッズメニューも豊富にスタンバイ。地元の牛乳や、平飼いの卵、近隣の農家から仕入れた野菜など、地産地消のメニューで篠山の魅力をしっかり舌で味わえるそう。自家栽培にもチャレンジしており、みずみずしいフレッシュな味わいも魅力的。

ブレンド珈琲や紅茶も有機栽培で、体に優しい、素朴な味わいから作り手のあたたかさみたいなものが伝わってくる。雨の日で、外で遊べない時は、郊外にある懐かしさを感じるカフェで、雨音を聞きながらゆったり過ごすのもいいかも。

img_9465%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_9485%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_9512%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_9519%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ショップデータ
monoile
■住所:兵庫県篠山市大山新78 旧保育園舎
■電話:079-506-2418
■営業時間:11:00-16:30(LO)
■Close:火曜〜木曜日※営業日はHPを要チェック
■HP:http://www.monoile.com/home.html

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう
  2. 本好きの人が集まる「一箱古本市」が京都烏丸五条近くのコワーキングスペース「京創…
  3. すすきの見頃を過ぎ、現実離れした赤茶色の色彩が美しい兵庫県「砥峰高原」へ-ノルウ…
  4. ハロウィンで盛り上がったのだから「矢田寺」の「かぼちゃ供養」へ行くべき
  5. 京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を…

関連記事

  1. タビ・アソビ

    ウユニ塩湖のような一面も-「広沢池」の紅葉が見頃に

    鏡のように空を写すボリビアの絶景「ウユニ塩湖」。地球の反対まではなかな…

  2. タビ・アソビ

    「海賊とよばれた男」聖地巡礼-日本の近代化を支えた国の重要文化財「舞鶴赤れんがパーク」

    2016年公開の映画「海賊とよばれた男」の撮影で使用された台本やトロッ…

  3. タビ・アソビ

    2016年紅葉プレイバック-滋賀県高島メタセコイア並木

    滋賀県の紅葉と聞けば3本の指に入るほど人気となった高島の「メタセコイ並…

  4. タビ・アソビ

    関西の穴場絶景-湖に浮かぶ神社、夕日に燃える兵庫県「銀山湖」

    天空の城として、一気に知名度が上がった竹田城の近くには、まだいくつかの…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    京都観光に来た友人を連れて行きたい穴場の黄葉スポット「岩戸落葉神社」
  2. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目
  3. コト

    ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
  4. キブン

    酒場で繰り返されるべき話:酔いどれ譚六話目
  5. タビ・アソビ

    紅葉に人が集中している今だからこそ港まち神戸の夜景をひとり占めできるチャンス
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。