タビ・アソビ

日本の近代化を支えた兵庫県の鉱山開発-不夜城と呼ばれた東洋一の廃選鉱場「神子畑選鉱場跡」を巡る

兵庫県、生野の山の奥深くに「鉱石の道」と呼ばれるエリアがある。明延から神子畑、そして生野へと、鉱石や人、文化が運ばれた日本近代化の歴史と、現存する鉱山遺産群をつなぐ道のことだ。中でも生野銀山は多くの観光客が訪れる有名な観光地だけれど、遺産群の中でどうしても見てほしい遺産がある。全盛期には規模、生産量ともに東洋一と言われ、昼夜を問わず稼働し続けたことから「不夜城」と呼ばれる「神子畑選鉱場跡」だ。

東洋一の規模を誇った不夜城「神子畑選鉱場」

img_9788%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

幕末・明治から近代日本の産業形成と発展において、重要な役割を果たした遺構に与えられる「近代化産業遺産」。「富岡製糸場」「軍艦島」などが有名で、現在も一大観光地として人を集めている。ここ「銀山の道」もそんな遺産群なのだけれど、遺構がバラバラと散らばっていることと、近くに天空の城と呼ばれる「竹田城」のインパクトに霞んでしまい「不夜城」と呼ばれた「神子畑選鉱城跡」ですら、休日や祝日でも、ほとんど人がいない。

img_9670%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

元々、良質な鉱山資源が採掘されていたこのエリアは、明治維新後、西洋の技術を取り入れ近代化の模範鉱山として再開発された。

火薬による発破採鉱法、トロッコ軌道、鉱業用送水路、全盛期には約1300人が住んでいたそうで、子ども多く、日本で初めての鉱山学校も設立された。廃校となった施設は選鉱場跡に隣接している。

img_9648%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

鮮やかな紅葉と寂しい廃墟のコントラストが美しい

東洋一と言われた「神子畑選鉱場」は、そのスケールの大きさに圧倒される。高低差およそ75メートル、22階建てビルに相当するという高さと、幅約110メートル、斜傾部の長さは約165メートルだという。施設が取り壊されていない時は、本当に城のような雰囲気だったに違いない。

すぐそばの「ムーセ旧居」では、歴史が書かれた資料が置かれていたり、閉山を惜しむ鉱夫が作ったミニチュアの「神子畑選鉱石場」の模型などが展示されているので、不夜城の姿を写真で拝める。また、この地を愛してやまない、地元の有志が廃墟の説明をじっくりとしてくれるのも面白い。

今秋は、色づく山に囲まれ、また違った一面を見せてくれる「神子畑選鉱場跡」で、廃墟巡りをするのもいいかもしれない。

img_9702%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_9768%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_9696%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_9672%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

神子畑選鉱場跡(みこばたせんこうじょうあと)
現在の日本文化のルーツを感じられる度 ★★★★★
■住所:兵庫県朝来市佐嚢

“Text,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 【綺麗な写真が撮れる】京都から車で2時間半以内で行ける関西の夜景スポット5選
  2. 滋賀県の絶景「近江の厳島」湖中大鳥居は縁起の良いパワースポット
  3. 京都の今日を知る「きょうは何の日」-12月13日は「事始め」
  4. ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
  5. 白日~日本酒篇~酔いどれ譚7杯目

関連記事

  1. タビ・アソビ

    川ありダムあり山の自然に囲まれた一庫公園が家族で遊ぶのにおすすめ

    京都市内から車でおよそ1時間30分。兵庫県川西の山の中、ダムの周辺に作…

  2. タビ・アソビ

    滋賀県の絶景「近江の厳島」湖中大鳥居は縁起の良いパワースポット

    京都から大原を越え、堅田から国道161号を北上していくと見えてくる琵琶…

  3. タビ・アソビ

    2016年紅葉プレイバック-滋賀県高島メタセコイア並木

    滋賀県の紅葉と聞けば3本の指に入るほど人気となった高島の「メタセコイ並…

  4. タビ・アソビ

    バーベキュー、ダム、温泉、プール、日吉ダムで秋のレジャーを楽しもう!

    京都府南丹市にある「日吉ダム」が、家族で遊びに行っても、デートでも、友…

  5. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:ADCグランプリを受賞した「KIKOF」の制作現場、『丸滋製陶株式会社』

    伝統工芸を現代の感性で解釈し、新しい価値観を生み出す。2015年の東京…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    「お腹が空いた」「お得に色々と食べたい」なら京都の定番洋食屋「キッチン・ゴン」で…
  2. モノ・ビヨウ

    ヘナ(ハーブ)カラートリートメントのメリットやデメリットを京都烏丸御池のヘアサロ…
  3. コト

    2017年1月から2月末までの京都の観光地で行われるイベントや年中行事情報
  4. タビ・アソビ

    雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと
  5. モノ・ビヨウ

    BBQやアウトドアで活躍する良い香りの天然由来虫除けスプレー
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。