タビ・アソビ

いま行きたい信楽:ADCグランプリを受賞した「KIKOF」の制作現場、『丸滋製陶株式会社』

伝統工芸を現代の感性で解釈し、新しい価値観を生み出す。2015年の東京アートディレクターズクラブ主催のADC賞でグランプリを受賞した「KIKOF」。それを制作している『丸滋製陶株式会社』の現場を紹介。

琵琶湖のいち日の景色を現した作品

img_9386%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

まるで紙を折って組み上げられたような、曲線を排したデザインの「KIKOF(キコフ)」。制作する『丸滋製陶株式会社』と、デザイナーKIGIの植原亮輔、渡邉良重が手がけた作品で、2015年のADCのグランプリを受賞。約8,000点の中からグランプリに選ばれただけあって、めちゃくちゃかっこいい。

直線的なデザインだけれど、妙に温かみを感じるのは、土からできた陶器ならでは。「琵琶湖は大きな器である」というコンセプトで作られたそうで、派手な色使いはなく、用意された4色の食器はどれも、淡く優しい色合い。朝の青、昼の白、夕方のピンク、夜のグレーを現しているそう。

img_9373%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc


KIKOFに込めた思い

img_9383

滋賀県のモダンな伝統工芸品を広めようというプロジェクトである「Mother Lake Products Project」が発祥となった「KIKOF」。その第一弾が『丸滋製陶株式会社』の食器。

琵琶湖は大きな器から、”器””湖”でキコ、そしてそこから自由に発展していく、「Free」「Future」などの意味を「F」に込めたそう。

器の中には670,25という文字が刻まれているけれど、これは琵琶湖の面積を現しているとか。生活の中にある琵琶湖をぐっと身近に感じられる粋なデザインが素敵。これから多くのカフェやレストランなどで目にすることが増えてきそう。

現場で働く人はみんないい人

img_9432

ろくろを回す職人さん。仕事中にも関わらず、快く取材に協力してくださいました。ここから生み出される作品のように、温かみのある人柄は、こちらの社風のよう。

こちらでは、KIKOFの他に生活の中にある陶器作りをメインに、手洗い鉢や照明、傘立てなどを制作。1階部分はすべて作業場でギャラリーは2階。そこで、KIKOFを始めこちらで制作された作品に出会える。スピーカーも陶器で作っていたのには驚きました。

img_9413

img_9430

img_9401

ショップデータ
丸滋製陶 株式会社(まるしせいとう)
■電話:0748-82-0033
■住所:滋賀県甲賀市信楽町長野953
■営業時間:9:00〜17:00
■定休日:第2土曜、日曜、祭日、年末年始
■駐車場:1〜2台
■HP:http://www.shigaraki-marushi.com/
※商品のインターネット販売はなし

“Plan,Coverage:Jumbo、Text,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 文学界の名作の謎に挑戦する「リドルストーリーに本当の終止符を」イベント開催
  2. 京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメ…
  3. 西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野
  4. 世界でひとつの作り方:スーパービンテージジーンズに挑戦するニードルワーカー小中儀…
  5. とりあえず京都の夜景は将軍塚

関連記事

  1. タビ・アソビ

    リアル神々の遊び。京都から2時間半、南知多で神話の世界を体感できる「つぶてヶ浦」の鳥居

    「誰だお前」「わたしだ」「なんだ、お前か」「暇を持て余した」「神々の」…

  2. タビ・アソビ

    夏の終わりはひぐらしの声を聞きながら廃校をリノベーションしたカフェでゆったりと

    夜風に少し冷たさが混じり、肌寒さを感じる9月上旬。南山城村にある木造の…

  3. タビ・アソビ

    満月の日に撮影したい街なか絶景-滋賀県大津市「大津湖岸なぎさ公園」

    琵琶湖花火大会の日は、人がひしめき合う滋賀県大津市の「なぎさ公…

  4. タビ・アソビ

    日本で唯一の良縁をつなぐ繁盛の神社、京都のちょっと不思議な繁昌神社

    商売繁盛の神社は数あれど、「はんじょう」と名のつく神社はここにしかない…

  5. タビ・アソビ

    雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと

    古くなった古民家や廃校を再利用し、アトリエやカフェに。今、若いオーナー…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    兵庫県旧JR福知山線廃線跡ハイキング-生瀬駅(なまぜ)出発と武田尾駅出発の両方の…
  2. タベモノ

    三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう
  3. コト

    ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
  4. タビ・アソビ

    京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう
  5. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。