タビ・アソビ

いま行きたい信楽:ADCグランプリを受賞した「KIKOF」の制作現場、『丸滋製陶株式会社』

伝統工芸を現代の感性で解釈し、新しい価値観を生み出す。2015年の東京アートディレクターズクラブ主催のADC賞でグランプリを受賞した「KIKOF」。それを制作している『丸滋製陶株式会社』の現場を紹介。

琵琶湖のいち日の景色を現した作品

img_9386%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

まるで紙を折って組み上げられたような、曲線を排したデザインの「KIKOF(キコフ)」。制作する『丸滋製陶株式会社』と、デザイナーKIGIの植原亮輔、渡邉良重が手がけた作品で、2015年のADCのグランプリを受賞。約8,000点の中からグランプリに選ばれただけあって、めちゃくちゃかっこいい。

直線的なデザインだけれど、妙に温かみを感じるのは、土からできた陶器ならでは。「琵琶湖は大きな器である」というコンセプトで作られたそうで、派手な色使いはなく、用意された4色の食器はどれも、淡く優しい色合い。朝の青、昼の白、夕方のピンク、夜のグレーを現しているそう。

img_9373%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc


KIKOFに込めた思い

img_9383

滋賀県のモダンな伝統工芸品を広めようというプロジェクトである「Mother Lake Products Project」が発祥となった「KIKOF」。その第一弾が『丸滋製陶株式会社』の食器。

琵琶湖は大きな器から、”器””湖”でキコ、そしてそこから自由に発展していく、「Free」「Future」などの意味を「F」に込めたそう。

器の中には670,25という文字が刻まれているけれど、これは琵琶湖の面積を現しているとか。生活の中にある琵琶湖をぐっと身近に感じられる粋なデザインが素敵。これから多くのカフェやレストランなどで目にすることが増えてきそう。

現場で働く人はみんないい人

img_9432

ろくろを回す職人さん。仕事中にも関わらず、快く取材に協力してくださいました。ここから生み出される作品のように、温かみのある人柄は、こちらの社風のよう。

こちらでは、KIKOFの他に生活の中にある陶器作りをメインに、手洗い鉢や照明、傘立てなどを制作。1階部分はすべて作業場でギャラリーは2階。そこで、KIKOFを始めこちらで制作された作品に出会える。スピーカーも陶器で作っていたのには驚きました。

img_9413

img_9430

img_9401

ショップデータ
丸滋製陶 株式会社(まるしせいとう)
■電話:0748-82-0033
■住所:滋賀県甲賀市信楽町長野953
■営業時間:9:00〜17:00
■定休日:第2土曜、日曜、祭日、年末年始
■駐車場:1〜2台
■HP:http://www.shigaraki-marushi.com/
※商品のインターネット販売はなし

“Plan,Coverage:Jumbo、Text,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 蓮池の下にある安藤忠雄建築のお寺『本福寺』の異世界感がすごい
  2. 京都市内から電車で約2時間-誰でも綺麗な写真が撮れる関西空港でロマンティックな夕…
  3. まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃
  4. ジャポニスム2018に現代美術作家ヤノベケンジ×和紙作家堀木エリ子「SHIP…
  5. 上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目

関連記事

  1. タビ・アソビ

    京都市内から車で約3時間半-「生野銀山」のアジト感たっぷりの関西の絶景

    雨でも関係なく楽しめる関西の週末旅におすすめのスポットを紹介。京都市内…

  2. タビ・アソビ

    鬼の声が聞こえる?京都の絶景「立岩」で神秘体験に耳を傾けて

    全国各地に残る鬼退治の伝説。もちろん京都にも伝説は残っている。有名なの…

  3. タビ・アソビ

    今行きたい信楽-京都市内から車で約40分の老若男女楽しめるスポット

    京都市内から車でおよそ40分。家族と一緒でも、友達や恋人と一緒に訪れて…

  4. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感

    滋賀県の南東部、京都市内から1時間ちょっとの信楽エリア。信楽といえば、…

  5. タビ・アソビ

    週末はカメラと一緒に-日本の発展を支えた関西の近代化産業遺産絶景5選

    爆発的な経済発展を遂げたバブル期よりも前、戦前から日本の産業と生活基盤…

  6. タビ・アソビ

    京都から車で3時間超-岐阜の断崖絶壁の絶景「川浦渓谷(かおれけいこく)」がスリル満点

    京都市内から車で3時間超。映画の舞台に酷似していることから一気に人気観…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」
  2. キブン

    はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚
  3. タビ・アソビ

    週末旅を楽しもう-京都から車で約2時間の「モネの池」はどの時季に行っても美しい
  4. タベモノ

    週末はハーブの風香るレストラン『光の穂』でランチを
  5. キブン

    京都の今日を知る「きょうは何の日」-12月13日は「事始め」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。