タビ・アソビ

「海賊とよばれた男」聖地巡礼-日本の近代化を支えた国の重要文化財「舞鶴赤れんがパーク」

2016年公開の映画「海賊とよばれた男」の撮影で使用された台本やトロッコなどの展示が、舞鶴市「赤れんがパーク2号棟(市政記念館)1階および2階」で開催中。1月31日まで行われ、入場は無料。週末を利用して映画の裏側を覗いて見て。

「舞鶴赤れんがパーク」はこんなところ

赤れんが倉庫は、今から116年ほど前、1901年に旧日本海軍によって建てられたそう。魚雷庫、倉庫など旧海軍関連の施設をはじめ トンネルや橋脚などの生活基盤まで、舞鶴の近代化の礎がこの時に築かれたとか。文化財指定名称は「舞鶴旧鎮守府倉庫施設」で、国の重要文化財や近代化産業遺産にもなっているそう。


古びてはいるものの、ところどころ改修され、資料館として当時の資料を展示したり、ライブやマルシェなどのイベントや、アートスペースとして市民が活用できるようスペースをオープン。歴史的遺産でのイベント開催などは、観光客にとっても重宝されているよう。

この場所以外にも、「海賊とよばれた男」のロケ現場は「田井漁港」や「日本板硝子社宅」など比較的近くにいくつもあるそうなので、まだ映画を見ていない人は、現在公開中の「海賊とよばれた男」をもっと現実的に感じ、どっぷりと世界に浸れるかも。映画を見る前にぜひ足を運んでみて。

舞鶴赤れんがパーク
電話:0773-66-1096
住所:京都府舞鶴市字北吸1039番地の2
駐車場:あり
イベント:映画「海賊とよばれた男」企画展示
開催場所 赤れんがパーク2号棟(市政記念館)1階および2階
開催日時 ~1月31日(火) 9:00-17:00
入場料:無料

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 蓮池の下にある安藤忠雄建築のお寺『本福寺』の異世界感がすごい
  2. 情熱は国境を越えて-AmericanGrasssigns & Mirr…
  3. 京都や近郊の定番ライトアップイベントプレイバック
  4. パワースポット「鞍馬寺」で「初寅大祭」が開催
  5. 予期せぬ時点での技術の開花-酔いどれ譚十八杯目

関連記事

  1. タビ・アソビ

    喧騒を忘れて紅葉ウォークを楽しめる市内の穴場スポット「宝ヶ池公園」

    ピークを超え、紅葉を楽しめるのもあとわずか。気持ち良く晴れた日は、ただ…

  2. タビ・アソビ

    京都観光に来た友人を連れて行きたい穴場の黄葉スポット「岩戸落葉神社」

    寺院の特別拝観も始まり、紅葉のピークを迎えた京都市内は、昼夜を問わず観…

  3. タビ・アソビ

    京都市内から車で約2時間30分全国屈指のパワースポット「大神神社」で不思議体験を

    悪いことがあった人も、良いことばかり続いている人も、初詣はパワースポッ…

  4. タビ・アソビ

    週末旅を楽しもう-京都から車で約2時間の「モネの池」はどの時季に行っても美しい

    豊富な山の資源と美しい景観が楽しめる岐阜県関市。中でも板取村にある「根…

  5. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感

    滋賀県の南東部、京都市内から1時間ちょっとの信楽エリア。信楽といえば、…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    酒を飲む最高のシチュエーション:酔いどれ譚八杯目
  2. コト

    「和食」ってそもそもなんだ?-味わい・学び・体験する「京都・和食の祭典2017」…
  3. コト

    街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート
  4. タビ・アソビ

    日本最大の福井県立恐竜博物館は子どもだけじゃなく大人も楽しめるアミューズメントパ…
  5. タビ・アソビ

    蓮池の下にある安藤忠雄建築のお寺『本福寺』の異世界感がすごい
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。