タビ・アソビ

「海賊とよばれた男」聖地巡礼-日本の近代化を支えた国の重要文化財「舞鶴赤れんがパーク」

2016年公開の映画「海賊とよばれた男」の撮影で使用された台本やトロッコなどの展示が、舞鶴市「赤れんがパーク2号棟(市政記念館)1階および2階」で開催中。1月31日まで行われ、入場は無料。週末を利用して映画の裏側を覗いて見て。

「舞鶴赤れんがパーク」はこんなところ

赤れんが倉庫は、今から116年ほど前、1901年に旧日本海軍によって建てられたそう。魚雷庫、倉庫など旧海軍関連の施設をはじめ トンネルや橋脚などの生活基盤まで、舞鶴の近代化の礎がこの時に築かれたとか。文化財指定名称は「舞鶴旧鎮守府倉庫施設」で、国の重要文化財や近代化産業遺産にもなっているそう。


古びてはいるものの、ところどころ改修され、資料館として当時の資料を展示したり、ライブやマルシェなどのイベントや、アートスペースとして市民が活用できるようスペースをオープン。歴史的遺産でのイベント開催などは、観光客にとっても重宝されているよう。

この場所以外にも、「海賊とよばれた男」のロケ現場は「田井漁港」や「日本板硝子社宅」など比較的近くにいくつもあるそうなので、まだ映画を見ていない人は、現在公開中の「海賊とよばれた男」をもっと現実的に感じ、どっぷりと世界に浸れるかも。映画を見る前にぜひ足を運んでみて。

舞鶴赤れんがパーク
電話:0773-66-1096
住所:京都府舞鶴市字北吸1039番地の2
駐車場:あり
イベント:映画「海賊とよばれた男」企画展示
開催場所 赤れんがパーク2号棟(市政記念館)1階および2階
開催日時 ~1月31日(火) 9:00-17:00
入場料:無料

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目
  2. 場にふさわしくない絶世の美女と大衆酒場における出会いについて-酔いどれ譚九夜目
  3. 標高450mの山中にある秘境感たっぷりの「淡海湖(処女湖)」
  4. 残雪も美しい美山かやぶきの里「雪灯廊(ゆきとうろう)」、そういえば2月4日が最終…
  5. カメラと一緒にコハクチョウの絶景へ-滋賀湖北の「湖北野鳥センター(湖北水鳥公園)…

関連記事

  1. タビ・アソビ

    奈良十津川村、断崖絶壁から絶景をのぞむカフェ「瀞(どろ)ホテル」に圧倒される

    和歌山、三重、奈良の三県をまたいで流れる熊野川水系北山川の上流に位置す…

  2. タビ・アソビ

    リアル神々の遊び。京都から2時間半、南知多で神話の世界を体感できる「つぶてヶ浦」の鳥居

    「誰だお前」「わたしだ」「なんだ、お前か」「暇を持て余した」「神々の」…

  3. タビ・アソビ

    金運が上がると人気の『御金神社』で実際に宝くじに当たった人は何人くらいいるのか

    京都市内、中京区にある『御金(みかね)神社』。ピカピカに光る金色の鳥居…

  4. タビ・アソビ

    写真を撮るのが楽しくなるかも-街なかの夜景[京都]「久御山ジャンクション」

    一眼レフカメラを買ってすぐの頃はどこに行くにも一緒だったけれど、少し時…

  5. タビ・アソビ

    満月の日に撮影したい街なか絶景-滋賀県大津市「大津湖岸なぎさ公園」

    琵琶湖花火大会の日は、人がひしめき合う滋賀県大津市の「なぎさ公…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    文献史上最古の「羽衣伝説」。神秘的な天女の逸話を感じながら、沈むような深い青色の…
  2. コト

    1月以降も楽しめる京都市内のイルミネーション-「みやこめっせwinterイルミネ…
  3. キブン

    立春朝搾り-酔いどれ譚十五杯目
  4. タベモノ

    海の恵みを存分に。京都から約3時間、「日間賀島」では「たこ釜めし」と「しらす丼」…
  5. タベモノ

    山の中のカフェ登録有形文化財「茂庵」でのーんびり
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。