タビ・アソビ

アクセス至難!人気のない雪化粧の熊川宿が美しい


そこに山があると登りたくなるように、そこに雪があると、より高く積もっている場所に行きたくなるこの頃。もちろんスキーやスノーボードなどのウインタースポーツをするわけではなく、単純に写真を撮りたい、その一心。美山のかやぶきの里に行ってからというもの白銀の風景に魅せられ、雪が降るたびにチェーンを巻いて山を攻めているのですが、何度行っても圧倒されてしまいます。今回は、大雪に見舞われた雪化粧の熊川宿を紹介。

めっちゃ積もってる

滋賀県の高島から福井県に向け山道を進むと、県境付近に1.5mほどの雪の壁が出現。除雪車が積み上げたであろう雪の山は、プチ富山の「雪の大谷」みたいでちょっぴりテンションが上がります。ここまでくるとスノータイヤでもスリップしてしまう場所もあるので危険なのですが、ぬくぬくとした車内から吹雪の外界を眺めるのは、雨音を聞きながらふかふかのベッドで眠りにつくのと同じくらいの感覚が楽しめます。

独り占めしている感覚がたまらない

屋根に1mほど雪が積もった熊川宿の雪景色

さて、くねくねとした雪道を1時間ほど進むと、目的の熊川宿に着きます。観光地としての熊川宿は春から秋にかけて賑わうイメージですが、おすすめは大雪の時。
なにがいいって、ここまでの道のりが危険すぎるからなのか車はほぼ通っておらず、観光客も数人。そりゃそうですよ。行ったところで店はしまっているし、神社などの観光名所も雪で入れない、唯一開いていたお店は道の駅。


人気のサバサンドの店も、雪が積もりすぎて駐車場にすら入れない。というかお店の人も、オープンさせるのを諦めたっぽい。来たら一日中雪かきをして終わるのではないかと思うくらい積もっているので、来てすらいない可能性がある。

そんな状況ですから周りはシンと静まり返り、真っ白の世界を独り占めしている気分が味わえるんです。大雪の熊川宿の魅力は、それのみ。もう言い切ります。それのみ。

古い街並みに、屋根に積もった雪は危ない。見てわかりますよ。1mくらい積もってますから、これが落ちて来たら埋まります。

でもやっぱり絵になります。赤いポストに雪が積もっているだけで、絵葉書にできそうですし、特に「宿場館」という資料館はトスカーナ風の建築で淡いブルーの外観にどっさり雪ですよ。

タイヤチェーンがないとちょっと危険ですが、人もおらず、思う存分撮影ができるので、絶景ハンターの方にもおすすめ。

熊川宿
住所:福井県三方上中郡若狭町熊川

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 日本一大きな鳥居は平安神宮ではなく、神が舞い降りた地「大斎原」の大鳥居
  2. ジャポニスム2018に現代美術作家ヤノベケンジ×和紙作家堀木エリ子「SHIP…
  3. 2016年12月から2017年1月末までの京都のイベント・観光情報
  4. 「京都大原三千院」の紅葉を見過ごしてしまった方に-紅葉写真館
  5. まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃

関連記事

  1. タビ・アソビ

    すすきの見頃を過ぎ、現実離れした赤茶色の色彩が美しい兵庫県「砥峰高原」へ-ノルウェイの森の撮影現場

    秋気漂う、今日この頃。週末から来週にかけて京都も紅葉のピークを迎えそう…

  2. タビ・アソビ

    京都市内の喧騒を抜けて「長谷ダム」でスリルと紅葉の感動を

    紅葉のピーク到来で観光客でごった返す町なかから抜け出して、ゆっくりとも…

  3. タビ・アソビ

    京都から車で3時間ほど-写真映えする関西近郊の絶景スポットおすすめ19選

    自然が織りなす神秘的な景色は、現実とは思えないほどの驚きを与えてくれる…

  4. タビ・アソビ

    写真を撮るのが楽しくなるかも-街なかの夜景[京都]「久御山ジャンクション」

    一眼レフカメラを買ってすぐの頃はどこに行くにも一緒だったけれど、少し時…

  5. タビ・アソビ

    鬼の声が聞こえる?京都の絶景「立岩」で神秘体験に耳を傾けて

    全国各地に残る鬼退治の伝説。もちろん京都にも伝説は残っている。有名なの…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    京都市内を一望できる将軍塚「青龍殿」のライトアップがスタート-ガラスの茶室は幻想…
  2. タビ・アソビ

    2016紅葉プライバック-「南禅寺」~インクライン
  3. タビ・アソビ

    京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう
  4. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩
  5. タベモノ

    いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。