タビ・アソビ

アクセス至難!人気のない雪化粧の熊川宿が美しい


そこに山があると登りたくなるように、そこに雪があると、より高く積もっている場所に行きたくなるこの頃。もちろんスキーやスノーボードなどのウインタースポーツをするわけではなく、単純に写真を撮りたい、その一心。美山のかやぶきの里に行ってからというもの白銀の風景に魅せられ、雪が降るたびにチェーンを巻いて山を攻めているのですが、何度行っても圧倒されてしまいます。今回は、大雪に見舞われた雪化粧の熊川宿を紹介。

めっちゃ積もってる

滋賀県の高島から福井県に向け山道を進むと、県境付近に1.5mほどの雪の壁が出現。除雪車が積み上げたであろう雪の山は、プチ富山の「雪の大谷」みたいでちょっぴりテンションが上がります。ここまでくるとスノータイヤでもスリップしてしまう場所もあるので危険なのですが、ぬくぬくとした車内から吹雪の外界を眺めるのは、雨音を聞きながらふかふかのベッドで眠りにつくのと同じくらいの感覚が楽しめます。

独り占めしている感覚がたまらない

屋根に1mほど雪が積もった熊川宿の雪景色

さて、くねくねとした雪道を1時間ほど進むと、目的の熊川宿に着きます。観光地としての熊川宿は春から秋にかけて賑わうイメージですが、おすすめは大雪の時。
なにがいいって、ここまでの道のりが危険すぎるからなのか車はほぼ通っておらず、観光客も数人。そりゃそうですよ。行ったところで店はしまっているし、神社などの観光名所も雪で入れない、唯一開いていたお店は道の駅。


人気のサバサンドの店も、雪が積もりすぎて駐車場にすら入れない。というかお店の人も、オープンさせるのを諦めたっぽい。来たら一日中雪かきをして終わるのではないかと思うくらい積もっているので、来てすらいない可能性がある。

そんな状況ですから周りはシンと静まり返り、真っ白の世界を独り占めしている気分が味わえるんです。大雪の熊川宿の魅力は、それのみ。もう言い切ります。それのみ。

古い街並みに、屋根に積もった雪は危ない。見てわかりますよ。1mくらい積もってますから、これが落ちて来たら埋まります。

でもやっぱり絵になります。赤いポストに雪が積もっているだけで、絵葉書にできそうですし、特に「宿場館」という資料館はトスカーナ風の建築で淡いブルーの外観にどっさり雪ですよ。

タイヤチェーンがないとちょっと危険ですが、人もおらず、思う存分撮影ができるので、絶景ハンターの方にもおすすめ。

熊川宿
住所:福井県三方上中郡若狭町熊川

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 鞍馬の火祭はなぜ奇祭と呼ばれるのか-2016年版
  2. トレンディドラマのせいで現在のオーバー30はクリスマスイブに深い傷を負いお酒がそ…
  3. 彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目
  4. 雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと
  5. 地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」

関連記事

  1. タビ・アソビ

    兵庫県旧JR福知山線廃線跡ハイキング-生瀬駅(なまぜ)出発と武田尾駅出発の両方のポイントまとめ

    廃線になった兵庫県の旧JR福知山線のハイキングコースの紹介です。生瀬駅…

  2. タビ・アソビ

    雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと

    古くなった古民家や廃校を再利用し、アトリエやカフェに。今、若いオーナー…

  3. タビ・アソビ

    新年のツキがちょっと良くないぞという時の気分転換にパワースポット「竹生島」クルーズを

    新年がスタートしたけれど、ちょっとツキが悪いぞ、という時はパワースポッ…

  4. タビ・アソビ

    京都観光に来た友人を連れて行きたい穴場の黄葉スポット「岩戸落葉神社」

    寺院の特別拝観も始まり、紅葉のピークを迎えた京都市内は、昼夜を問わず観…

  5. タビ・アソビ

    日本一大きな鳥居は平安神宮ではなく、神が舞い降りた地「大斎原」の大鳥居

    京都の街なかでひと際目立つ平安神宮の大鳥居。てっきりあの鳥居が日本一大…

  6. タビ・アソビ

    小説・映画にもなった赤目四十八滝で滝三昧

    京都から車で3時間ほどの三重県の山奥。忍者が修行した場所として知る人ぞ…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野
  2. コト

    ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
  3. タベモノ

    居酒屋『よこちょう』で日本酒を片手に鮮魚に舌鼓
  4. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感
  5. コト

    市内から車で2時間ほど-月末月初は商売人で賑わう岐阜の「おちょぼさん」を楽しもう…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。