タビ・アソビ

カメラと一緒にコハクチョウの絶景へ-滋賀湖北の「湖北野鳥センター(湖北水鳥公園)」でゆったり鳥を眺める休日

水辺の木々に羽を休めにくる野鳥を観測できる滋賀県の「湖北野鳥センター(湖北水鳥公園)」。コハクチョウやオオワシが飛来することから、野鳥観測をする人や、写真におさめる人などから人気が高い。写真を始めたばかりで、なかなか上手く撮影できないときは、ぜひカメラと一緒に訪れて頂きたい。夕焼けを背景に飛ぶ鳥を撮影すると、それだけで写真が上手くなったような気にさせてくれる。

寒い冬にだけやってくるコハクチョウはなぜ人気なのか?

さて、上記の写真を見ると、なんとなく雰囲気のある写真が撮れそうだな、というのがわかってもらえそうですが、この時季に野鳥センターでカメラを構えている人の多くが狙っているのがコハクチョウだそう。黄色のクチバシに真っ白な体は、見ていて美しいと感じるのはわかりますが、なぜここまで人気なのかというと、わざわざ2週間ほどかけてシベリアから飛来するという、渡り鳥ならではのロマン感じる背景も後押ししているよう。コハクチョウは冬の間だけ日本にやってきて、暖かくなってくるとシベリアに帰っていくのだそう。

もともと生息しているシベリアでは、寒くなるとエサの水草が生えている湖などが凍ってしまい、エサが食べられなくなるのだとか。それゆえエサを確保するため、凍っていない湖や沼を探して南下するのだそう。

だったら、もうずっと日本に棲んでしまえばいいのに。と思うのだけれど、ナワバリ意識の強い生物で、自身のナワバリを守るために帰っていくのだそう。見た目の美しさとは裏腹に、とてもどう猛な生物で、人間を襲うこともしばしば。迫力ある写真を求めてあまり近づきすぎないように気をつけてみてください。

 

湖北野鳥センター(湖北水鳥公園)
住所:滋賀県長浜市湖北町今西
開館時間:9:00-16:30
駐車場:あり
休館日:毎週火曜日(火曜日が祝日の場合次の日)
年末年始(12月29日~1月3日)
入館料:大人(高校生以上) 200円、小・中学生100円、幼 児無料

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感
  2. 彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目
  3. 「海賊とよばれた男」聖地巡礼-日本の近代化を支えた国の重要文化財「舞鶴赤れんがパ…
  4. 京都の夜景スポット「男山展望台」は人が全然いないので、たまに人に会うと非常に恐い…
  5. いま行きたい信楽:ADCグランプリを受賞した「KIKOF」の制作現場、『丸滋製陶…

関連記事

  1. タビ・アソビ

    バーベキュー、ダム、温泉、プール、日吉ダムで秋のレジャーを楽しもう!

    京都府南丹市にある「日吉ダム」が、家族で遊びに行っても、デートでも、友…

  2. タビ・アソビ

    京都観光に来た友人を連れて行きたい穴場の黄葉スポット「岩戸落葉神社」

    寺院の特別拝観も始まり、紅葉のピークを迎えた京都市内は、昼夜を問わず観…

  3. タビ・アソビ

    雨や雪の日に夜景を撮ると幻想的なのか?「あべのハルカス」展望台からの夜景-雨の日編

    雨や雪の日の夜景は、光り輝く地上に雪の結晶や雨粒が降り注ぐシーンが見ら…

  4. タビ・アソビ

    滋賀県の絶景「近江の厳島」湖中大鳥居は縁起の良いパワースポット

    京都から大原を越え、堅田から国道161号を北上していくと見えてくる琵琶…

  5. タビ・アソビ

    満月の日に撮影したい街なか絶景-滋賀県大津市「大津湖岸なぎさ公園」

    琵琶湖花火大会の日は、人がひしめき合う滋賀県大津市の「なぎさ公…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    暖炉のあるカフェレストランで優雅な喫茶タイム-京都山科「カフェレストラン カルネ…
  2. タベモノ

    「星のブランコ」に行ったらランチでも紅葉が楽しめる森の中のカフェレストラン「おじ…
  3. タビ・アソビ

    大阪市内と京都市内を眺められる「大岩山展望所」は夜に行くと本当に怖い
  4. タビ・アソビ

    京都市内の喧騒を抜けて「長谷ダム」でスリルと紅葉の感動を
  5. タビ・アソビ

    アクセス至難!人気のない雪化粧の熊川宿が美しい
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。