タビ・アソビ

カメラと一緒にコハクチョウの絶景へ-滋賀湖北の「湖北野鳥センター(湖北水鳥公園)」でゆったり鳥を眺める休日

水辺の木々に羽を休めにくる野鳥を観測できる滋賀県の「湖北野鳥センター(湖北水鳥公園)」。コハクチョウやオオワシが飛来することから、野鳥観測をする人や、写真におさめる人などから人気が高い。写真を始めたばかりで、なかなか上手く撮影できないときは、ぜひカメラと一緒に訪れて頂きたい。夕焼けを背景に飛ぶ鳥を撮影すると、それだけで写真が上手くなったような気にさせてくれる。

寒い冬にだけやってくるコハクチョウはなぜ人気なのか?

さて、上記の写真を見ると、なんとなく雰囲気のある写真が撮れそうだな、というのがわかってもらえそうですが、この時季に野鳥センターでカメラを構えている人の多くが狙っているのがコハクチョウだそう。黄色のクチバシに真っ白な体は、見ていて美しいと感じるのはわかりますが、なぜここまで人気なのかというと、わざわざ2週間ほどかけてシベリアから飛来するという、渡り鳥ならではのロマン感じる背景も後押ししているよう。コハクチョウは冬の間だけ日本にやってきて、暖かくなってくるとシベリアに帰っていくのだそう。

もともと生息しているシベリアでは、寒くなるとエサの水草が生えている湖などが凍ってしまい、エサが食べられなくなるのだとか。それゆえエサを確保するため、凍っていない湖や沼を探して南下するのだそう。

だったら、もうずっと日本に棲んでしまえばいいのに。と思うのだけれど、ナワバリ意識の強い生物で、自身のナワバリを守るために帰っていくのだそう。見た目の美しさとは裏腹に、とてもどう猛な生物で、人間を襲うこともしばしば。迫力ある写真を求めてあまり近づきすぎないように気をつけてみてください。

 

湖北野鳥センター(湖北水鳥公園)
住所:滋賀県長浜市湖北町今西
開館時間:9:00-16:30
駐車場:あり
休館日:毎週火曜日(火曜日が祝日の場合次の日)
年末年始(12月29日~1月3日)
入館料:大人(高校生以上) 200円、小・中学生100円、幼 児無料

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 【穴場】そっちの清水の舞台混んでるでしょ、こっちの舞台は空いてますよ。トイレの神…
  2. すすきの見頃を過ぎ、現実離れした赤茶色の色彩が美しい兵庫県「砥峰高原」へ-ノルウ…
  3. ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
  4. 京都市内から車で約3時間半-「生野銀山」のアジト感たっぷりの関西の絶景
  5. 上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目

関連記事

  1. タビ・アソビ

    2016紅葉プライバック-「南禅寺」~インクライン

    京都東山にある「南禅寺」。一年中観光客で賑わうこちらは、紅葉の時季にな…

  2. タビ・アソビ

    2016年紅葉プレイバック-滋賀県高島メタセコイア並木

    滋賀県の紅葉と聞けば3本の指に入るほど人気となった高島の「メタセコイ並…

  3. タビ・アソビ

    「海賊とよばれた男」聖地巡礼-日本の近代化を支えた国の重要文化財「舞鶴赤れんがパーク」

    2016年公開の映画「海賊とよばれた男」の撮影で使用された台本やトロッ…

  4. タビ・アソビ

    アクセス至難!人気のない雪化粧の熊川宿が美しい

    そこに山があると登りたくなるように、そこに雪があると、より高く積も…

  5. タビ・アソビ

    新年のツキがちょっと良くないぞという時の気分転換にパワースポット「竹生島」クルーズを

    新年がスタートしたけれど、ちょっとツキが悪いぞ、という時はパワースポッ…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    紅葉に人が集中している今だからこそ港まち神戸の夜景をひとり占めできるチャンス
  2. タベモノ

    ゾンビ映画を撮影するのにおすすめ-和歌山にある浜辺の廃墟カフェ「Bagus(バグ…
  3. タベモノ

    中華に恋して!中華あんがのってる「志成園」のカツ丼が美味くて安くて新しい味わい!…
  4. キブン

    相席の楽しみとおっさんの下心の割合-酔いどれ譚十六杯目
  5. キブン

    京都の電車上から見るか横から見るか下から見るか
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。