タビ・アソビ

カメラと一緒にコハクチョウの絶景へ-滋賀湖北の「湖北野鳥センター(湖北水鳥公園)」でゆったり鳥を眺める休日

水辺の木々に羽を休めにくる野鳥を観測できる滋賀県の「湖北野鳥センター(湖北水鳥公園)」。コハクチョウやオオワシが飛来することから、野鳥観測をする人や、写真におさめる人などから人気が高い。写真を始めたばかりで、なかなか上手く撮影できないときは、ぜひカメラと一緒に訪れて頂きたい。夕焼けを背景に飛ぶ鳥を撮影すると、それだけで写真が上手くなったような気にさせてくれる。

寒い冬にだけやってくるコハクチョウはなぜ人気なのか?

さて、上記の写真を見ると、なんとなく雰囲気のある写真が撮れそうだな、というのがわかってもらえそうですが、この時季に野鳥センターでカメラを構えている人の多くが狙っているのがコハクチョウだそう。黄色のクチバシに真っ白な体は、見ていて美しいと感じるのはわかりますが、なぜここまで人気なのかというと、わざわざ2週間ほどかけてシベリアから飛来するという、渡り鳥ならではのロマン感じる背景も後押ししているよう。コハクチョウは冬の間だけ日本にやってきて、暖かくなってくるとシベリアに帰っていくのだそう。

もともと生息しているシベリアでは、寒くなるとエサの水草が生えている湖などが凍ってしまい、エサが食べられなくなるのだとか。それゆえエサを確保するため、凍っていない湖や沼を探して南下するのだそう。

だったら、もうずっと日本に棲んでしまえばいいのに。と思うのだけれど、ナワバリ意識の強い生物で、自身のナワバリを守るために帰っていくのだそう。見た目の美しさとは裏腹に、とてもどう猛な生物で、人間を襲うこともしばしば。迫力ある写真を求めてあまり近づきすぎないように気をつけてみてください。

 

湖北野鳥センター(湖北水鳥公園)
住所:滋賀県長浜市湖北町今西
開館時間:9:00-16:30
駐車場:あり
休館日:毎週火曜日(火曜日が祝日の場合次の日)
年末年始(12月29日~1月3日)
入館料:大人(高校生以上) 200円、小・中学生100円、幼 児無料

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 残雪も美しい美山かやぶきの里「雪灯廊(ゆきとうろう)」、そういえば2月4日が最終…
  2. 「京都大原三千院」の紅葉を見過ごしてしまった方に-紅葉写真館
  3. 京都の今日を知る「きょうは何の日」-12月13日は「事始め」
  4. ウユニ塩湖のような一面も-「広沢池」の紅葉が見頃に
  5. 【穴場】そっちの清水の舞台混んでるでしょ、こっちの舞台は空いてますよ。トイレの神…

関連記事

  1. タビ・アソビ

    週末はカメラと一緒に-日本の発展を支えた関西の近代化産業遺産絶景5選

    爆発的な経済発展を遂げたバブル期よりも前、戦前から日本の産業と生活基盤…

  2. タビ・アソビ

    京都観光に来た友人を連れて行きたい穴場の黄葉スポット「岩戸落葉神社」

    寺院の特別拝観も始まり、紅葉のピークを迎えた京都市内は、昼夜を問わず観…

  3. タビ・アソビ

    関西の穴場絶景-湖に浮かぶ神社、夕日に燃える兵庫県「銀山湖」

    天空の城として、一気に知名度が上がった竹田城の近くには、まだいくつかの…

  4. タビ・アソビ

    大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行こう

    クリスマスは恋人と、なんて習慣はバブルと一緒に消えてしまったのかもしれ…

  5. タビ・アソビ

    まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃

    その者、青き衣を纏いて、金色の野に降り立つべし。これはジブリ映画「風の…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    奈良十津川村、断崖絶壁から絶景をのぞむカフェ「瀞(どろ)ホテル」に圧倒される
  2. タベモノ

    三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう
  3. モノ・ビヨウ

    一日中家にいる時は、オーロシーカのお香で気分を変えて。
  4. タビ・アソビ

    日本一大きな鳥居は平安神宮ではなく、神が舞い降りた地「大斎原」の大鳥居
  5. タビ・アソビ

    京都市内から車で1時間ほど、見頃を迎えた上桂川のもみじの土手を歩こう
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。