タビ・アソビ

京都美山のかやぶきの里は日の入り前後の30分が絶景タイム

世間の喧騒を忘れ、茅葺民家の集落でゆったりした時間を過ごせる、言わずと知れた京都の人気観光地美山。こちらは、もうどこを切り取っても画になるような場所で、地域主催の写真コンテストが年に何度か開催されている。そんな美山で写真を撮るなら、この時間だと幻想的な瞬間が撮れるという時間がある。

17時を過ぎると、ほぼ村の人しかいなくなる絶景タイムが訪れる

img_9797%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

9月下旬。絶景スポットかやぶきの里美山の本領が発揮される。「そばの花」が畑いち面に咲き誇り、白い花と緑の森、茶色の茅葺の民家のコントラストがなんとも言えない哀愁を誘うのだ。

白い花が風にゆらりゆらりと揺れるその風景は「のどか」のひと言に尽きる。このタイミングで写真を撮るなら、もうバチっと花の方にピントを合わせて、民家がボケるくらいの写真を撮ることをおすすめする。村の全景をおさめようとせず、思い切り「のどか」をイメージさせる花のアップで決めていただきたい。

が、しかし、その写真はこの時季ほぼ誰もが撮影しており、あまり珍しくない。だったら時季は関係ないけれど、太陽が沈む前後に訪れて欲しい。9月下旬だと、17時くらい。店も閉まり、村から観光客が消えていき、残るのは写真好きの私たちみたいな人だけ。この時間の写真が少ないのには、やはりアクセスの悪さと、暗くなったら本当に帰りの山道が怖いから。街灯の少なさよ、人の少なさよ。慣れているのかしらないけれど、走っている車のスピードの速さよ。車のスピードは怖いから早く帰りたい、という気持ちの表れかもしれない。

ただ絶景を撮影するためなら多少のことには目を瞑るべき。17時から三脚を立ててスタンバイ。絶景タイムが訪れるのは日没前後の20~30分。この瞬間を逃し、完全に陽が沈むと、暗すぎてただ暗闇を写しているだけになってしまい、なにをしに来たのかわからなくなるので要注意を!

昼の風景も紹介

img_9755%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

img_9664%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_9697

昼間ももちろん美しい。蕎麦の花の写真はもっと花に寄った方が綺麗に写る。神社の雰囲気もさびが効いていて渋い写真に仕上がるので散策ついでに抑えるのもいいかも。民家には色んな花が植えられていて、9月下旬でも彩り豊かで、フォトジェニックなシーンが満載だ。

またカメラ中級者は、山の上の鉄塔からパシャリといくそう。この鉄塔までの道のりは驚くほど険しいらしい。獣除けの柵を開けて、獣道のようなところを30分かけて登らなければいけないので、しっかりした山登りの装備をしていくことをおすすめしたい。ちょっと注意が必要なのは、展望台とは別の場所なのでお間違えないように。展望台も、獣害を避けるためにそこら中に張り巡らされている柵の向こう側にあるのだけれど、それは村のすぐ横にあってそれではない。山の鉄塔からの撮影は、300ミリくらいの望遠レンズは必須。

上級者は、その山の鉄塔に、雪が積もっている冬に登るという。というか、店で見せてもらった写真に驚いた。え、雪積もってるよ?しかも夜に?もうカメラの変態さんとしか考えられない。正気の沙汰じゃない。実際に鉄塔までの道を見てみると、確実に登る気が失せる。道?どこそれ?のレベルだ。まさに命をかけて登る気がないと撮れない絶景なので、カメラ好きの人はこの冬に挑戦してみるのもいいかもしれない。

エリアデータ
美山 かやぶきの里
民家の明かりが幻想的な絶景度(秋) ★★★★
住所:京都府南丹市美山町北
電話:0771-77-0660(かやぶきの里)
駐車場:有

“Text,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 暴君ボイラーメーカー。酔いどれ譚三杯目
  2. 小説・映画にもなった赤目四十八滝で滝三昧
  3. 暖炉のあるカフェレストランで優雅な喫茶タイム-京都山科「カフェレストラン カルネ…
  4. 「京都タワー」を好きな色にライトアップ!地上100mでのプロポーズもオススメ
  5. 京都イベント・観光情報カレンダー2017年2月-3月末

関連記事

  1. タビ・アソビ

    喧騒を忘れて紅葉ウォークを楽しめる市内の穴場スポット「宝ヶ池公園」

    ピークを超え、紅葉を楽しめるのもあとわずか。気持ち良く晴れた日は、ただ…

  2. タビ・アソビ

    ススキにも負けない銀色の夕景-琵琶湖最大の内湖「西の湖」のヨシの花が見頃

    滋賀県東部、琵琶湖最大の内湖「西の湖」のヨシの花が見頃に。ススキや荻に…

  3. タビ・アソビ

    京都から2時間、関西屈指の秘境風の通り道『河内風穴』で今夏最後の涼を!

    京都から車で2時間。電車ではまず行くことができない、風の通り道『河内風…

  4. タビ・アソビ

    気軽に絶景ハント!20分で心と体のリフレッシュ「大文字山」登山

    登山といえば、登りきった時の達成感がなんともいえません。ですが、本格的…

  5. タビ・アソビ

    リアル神々の遊び。京都から2時間半、南知多で神話の世界を体感できる「つぶてヶ浦」の鳥居

    「誰だお前」「わたしだ」「なんだ、お前か」「暇を持て余した」「神々の」…

  6. タビ・アソビ

    雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと

    古くなった古民家や廃校を再利用し、アトリエやカフェに。今、若いオーナー…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行…
  2. コト

    鞍馬の火祭はなぜ奇祭と呼ばれるのか-2016年版
  3. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目
  4. ヒト

    世界でひとつの作り方:スーパービンテージジーンズに挑戦するニードルワーカー小中儀…
  5. コト

    本好きの人が集まる「一箱古本市」が京都烏丸五条近くのコワーキングスペース「京創…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。