タビ・アソビ

京都から車で3時間超-岐阜の断崖絶壁の絶景「川浦渓谷(かおれけいこく)」がスリル満点

京都市内から車で3時間超。映画の舞台に酷似していることから一気に人気観光地の仲間入りをした岐阜の「飛騨高山」。岐阜には、ここ以外にも週末旅に訪れたい穴場が目白押し。これから火がつきそうな手軽にいける穴場をちょっとご紹介。

荒々しい岩と緑の川、森のコントラストが美しい「川浦渓谷(かおれけいこく)」

img_3785%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

通称「モネの池」から車で30分ほどのところにある「川浦渓谷(かおれけいこく)」。左門岳、日永岳、滝波山などに囲まれた7キロほど続く渓谷は、飛騨・美濃紅葉33選にも選ばれ、色とりどりの紅葉を見るため、秋頃はドライブをする人もちらほら。

img_3767

ただ美しいだけではなく、まるで巨人が大きな刀で山を切り裂いたような断崖の山景は壮観。遊歩道から覗き込んだ谷底は、40~50メートルの高さがあり足がすくむスリルが楽しめる。鮎やアマゴなど清流に棲む川魚も多く、川底が確認できるほど透き通った川はエメラルドグリーン。夏になると泳ぎたくなるけれど、遊歩道から川へ降りる道はなし。

img_3770 img_3793

どうしても川にいきたい場合は、近くの板取キャンプ場から板取川をおよそ500メートル泳がないと川遊びはできないそう。たまに岩が落ちてくることがあるそうなので、頭上にはご注意を。秋は紅葉、冬は雪、春はツツジ、夏は緑の四季の山景と、荒々しい断崖絶壁の「川浦渓谷(かおれけいこく)」で、自然が織りなす悠久の美を堪能して。

img_3773

川浦渓谷(かおれけいこく)
巨人が山を切り裂いたような絶景度 ★★★★★
住所:岐阜県関市板取杉原
駐車場:無料あり

“Text,Photo:中川 直幸”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 目指せ京都通-京都難読地名由来クイズ
  2. 情熱は国境を越えて-AmericanGrasssigns & Mirr…
  3. 10月後半から11月の京都のイベント情報
  4. 西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野
  5. カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目

関連記事

  1. タビ・アソビ

    小説・映画にもなった赤目四十八滝で滝三昧

    京都から車で3時間ほどの三重県の山奥。忍者が修行した場所として知る人ぞ…

  2. タビ・アソビ

    リアル神々の遊び。京都から2時間半、南知多で神話の世界を体感できる「つぶてヶ浦」の鳥居

    「誰だお前」「わたしだ」「なんだ、お前か」「暇を持て余した」「神々の」…

  3. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:ADCグランプリを受賞した「KIKOF」の制作現場、『丸滋製陶株式会社』

    伝統工芸を現代の感性で解釈し、新しい価値観を生み出す。2015年の東京…

  4. タビ・アソビ

    新年のツキがちょっと良くないぞという時の気分転換にパワースポット「竹生島」クルーズを

    新年がスタートしたけれど、ちょっとツキが悪いぞ、という時はパワースポッ…

  5. タビ・アソビ

    週末旅を楽しもう-京都から車で約2時間の「モネの池」はどの時季に行っても美しい

    豊富な山の資源と美しい景観が楽しめる岐阜県関市。中でも板取村にある「根…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート
  2. タベモノ

    『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のス…
  3. タベモノ

    インド出身のシェフが作るカレーラーメンは健康的でお腹もいっぱい-北大路烏丸「EA…
  4. キブン

    白日~日本酒篇~酔いどれ譚7杯目
  5. タビ・アソビ

    写真を撮るのが楽しくなるかも-街なかの夜景[京都]「久御山ジャンクション」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。