タビ・アソビ

京都から車で3時間超-岐阜の断崖絶壁の絶景「川浦渓谷(かおれけいこく)」がスリル満点

京都市内から車で3時間超。映画の舞台に酷似していることから一気に人気観光地の仲間入りをした岐阜の「飛騨高山」。岐阜には、ここ以外にも週末旅に訪れたい穴場が目白押し。これから火がつきそうな手軽にいける穴場をちょっとご紹介。

荒々しい岩と緑の川、森のコントラストが美しい「川浦渓谷(かおれけいこく)」

img_3785%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

通称「モネの池」から車で30分ほどのところにある「川浦渓谷(かおれけいこく)」。左門岳、日永岳、滝波山などに囲まれた7キロほど続く渓谷は、飛騨・美濃紅葉33選にも選ばれ、色とりどりの紅葉を見るため、秋頃はドライブをする人もちらほら。

img_3767

ただ美しいだけではなく、まるで巨人が大きな刀で山を切り裂いたような断崖の山景は壮観。遊歩道から覗き込んだ谷底は、40~50メートルの高さがあり足がすくむスリルが楽しめる。鮎やアマゴなど清流に棲む川魚も多く、川底が確認できるほど透き通った川はエメラルドグリーン。夏になると泳ぎたくなるけれど、遊歩道から川へ降りる道はなし。

img_3770 img_3793

どうしても川にいきたい場合は、近くの板取キャンプ場から板取川をおよそ500メートル泳がないと川遊びはできないそう。たまに岩が落ちてくることがあるそうなので、頭上にはご注意を。秋は紅葉、冬は雪、春はツツジ、夏は緑の四季の山景と、荒々しい断崖絶壁の「川浦渓谷(かおれけいこく)」で、自然が織りなす悠久の美を堪能して。

img_3773

川浦渓谷(かおれけいこく)
巨人が山を切り裂いたような絶景度 ★★★★★
住所:岐阜県関市板取杉原
駐車場:無料あり

“Text,Photo:中川 直幸”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ジャポニスム2018に現代美術作家ヤノベケンジ×和紙作家堀木エリ子「SHIP…
  2. カメラと一緒にコハクチョウの絶景へ-滋賀湖北の「湖北野鳥センター(湖北水鳥公園)…
  3. 大阪市内と京都市内を眺められる「大岩山展望所」は夜に行くと本当に怖い
  4. 世界でひとつの作り方:スーパービンテージジーンズに挑戦するニードルワーカー小中儀…
  5. 「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-201…

関連記事

  1. タビ・アソビ

    川ありダムあり山の自然に囲まれた一庫公園が家族で遊ぶのにおすすめ

    京都市内から車でおよそ1時間30分。兵庫県川西の山の中、ダムの周辺に作…

  2. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:ADCグランプリを受賞した「KIKOF」の制作現場、『丸滋製陶株式会社』

    伝統工芸を現代の感性で解釈し、新しい価値観を生み出す。2015年の東京…

  3. タビ・アソビ

    京都を中心とした関西の2016年紅葉プレイバック-京都の穴場も紹介8選

    多くの人が足を運んだ有名なエリアから、ゆっくり鑑賞できる穴場スポットま…

  4. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感

    滋賀県の南東部、京都市内から1時間ちょっとの信楽エリア。信楽といえば、…

  5. タビ・アソビ

    金運が上がると人気の『御金神社』で実際に宝くじに当たった人は何人くらいいるのか

    京都市内、中京区にある『御金(みかね)神社』。ピカピカに光る金色の鳥居…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    相席の楽しみとおっさんの下心の割合-酔いどれ譚十六杯目
  2. タベモノ

    日曜以外は深夜3時まで営業-「辨慶(べんけい)うどん」で宴会のシメを
  3. コト

    ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
  4. コト

    ハバネロの約5〜6倍の辛さ! 「キャロライナリーパー」を食す守山の激辛イベントに…
  5. タビ・アソビ

    気軽に絶景ハント!20分で心と体のリフレッシュ「大文字山」登山
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。