タビ・アソビ

大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行こう

クリスマスは恋人と、なんて習慣はバブルと一緒に消えてしまったのかもしれない。でも、やっぱり1人で過ごすクリスマスもなんだか寂しい。しかも直前で別れてしまうなんて。そんな人は、大阪の海にさよならを捨てにいきましょう。ほんの少しの間、悲しさを忘れさせてくれるはず。

桟橋に停めた車にもたれてにじむ街の灯を見よう

冬の「堺泉北臨海工業地帯」は、大和川と大津川の間を埋め立てて作られた沿岸部の工業地帯。関西では最大級の工業地帯で、石油から鉄鋼などの工場に加え、発電所や物流センターも多く、夜でも一帯が煌々と輝いている。

工業地帯には入ることができないので、対岸の浜寺公園から撮影。海(実際は海ではなく浜寺水路)の向こうには高速道路が走り、露光時間を長くすると、車のライトが線を引き、工場の煙突から出てくる白煙も風に流され写真に色どりを与えてくれる。

水面に反射する光は尾を引くように長く伸び、幻想的な光景を浮かび上がらせる。そんな景色を眺めていたら、きっと失恋なんて忘れてしまうはず。

また浜寺公園は、浜寺水路沿いに遊歩道が設けられており、およそ2キロメートルの距離を工業地帯の絶景を眺めながら散策することができる。夜風に吹かれながらぶらぶら気分転換するにはぴったり。実際、地域の住人は浜寺公園でランニングをしたりウォーキングを楽しんだりしているよう。もちろん夜でも若者の憩いの場だったりするので、夜でもそこそこ人がおり、静まり返ってなにかが出てきそうな怖さはない。ただ、怖そうな人はたまにいる。自転車で園内を走り回っている齢50過ぎと見られる男性など、ふらっと近寄ってこられると鳥肌がたった。

夜景でなくとも、昼でも絶景に出会えるのがここの良いところ。浜寺公園の松林は、日本の名松100選に選ばれるほど美しく、大正から昭和にかけては別荘地としても賑わっていたとか。京都からも車で約1時間、電車で2時間ほどと、アクセス至便なので、気軽にミッドナイトヒーリングしてみよう。

堺泉北臨海工業地帯
夜の世界に癒される度 ★★★★★
撮影場所:浜寺公園
住所:大阪府堺市西区浜寺公園町

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都市内から車で約3時間半-「生野銀山」のアジト感たっぷりの関西の絶景
  2. 京都から2時間、関西屈指の秘境風の通り道『河内風穴』で今夏最後の涼を!
  3. 週末はハーブの風香るレストラン『光の穂』でランチを
  4. 海外からの旅行者の好奇心が強くてハラハラした話
  5. 雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと

関連記事

  1. タビ・アソビ

    2016年紅葉プレイバック-滋賀県高島メタセコイア並木

    滋賀県の紅葉と聞けば3本の指に入るほど人気となった高島の「メタセコイ並…

  2. タビ・アソビ

    開運・招運のご縁にも期待-関西で強力だといわれているパワースポット5選

    関西に数あるパワースポット。その効果は嘘か真かわからないけれど、ネット…

  3. タビ・アソビ

    京都市内から電車で約2時間-誰でも綺麗な写真が撮れる関西空港でロマンティックな夕景を楽しもう

    紅葉の見頃もピークを越え、山には枯れ木がちらほら。イルミネーションが輝…

  4. タビ・アソビ

    京都市内から車で約3時間半-「生野銀山」のアジト感たっぷりの関西の絶景

    雨でも関係なく楽しめる関西の週末旅におすすめのスポットを紹介。京都市内…

  5. タビ・アソビ

    京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう

    京都から車でおよそ3時間。愛知県知多(ちた)半島の三河湾に浮かぶ日間賀…

  6. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:ADCグランプリを受賞した「KIKOF」の制作現場、『丸滋製陶株式会社』

    伝統工芸を現代の感性で解釈し、新しい価値観を生み出す。2015年の東京…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    文学界の名作の謎に挑戦する「リドルストーリーに本当の終止符を」イベント開催
  2. キブン

    雪化粧のかやぶきの里と大石酒造美山蔵
  3. キブン

    京都市内では飛ばせなさそうなのでドローンの飛行実験に岡山県の渋川海岸まで行ってき…
  4. コト

    2017年4月に京都で行われるイベントや観光情報
  5. キブン

    SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。