タビ・アソビ

京都市内から車で1時間ほど、見頃を迎えた上桂川のもみじの土手を歩こう

流域によって呼び名を変える淀川水系の一級河川「桂川」。観光客で賑わう嵐山では渡月橋を境に、下流を「桂川」、上流を「大堰川」と呼び、少し上がって亀岡までを「保津川」と呼んでいるそう。それより上流の「桂川(園部近辺)」「上桂川」へは、電車網も行き届いておらず、車やバイクでのアクセスが主体になるゆえ観光客は激減。京北町の「上桂川」では、ツーリングを楽しむ人と、キャンプやバーベキューを楽しむ家族連れがちらほら見える程度。だけれど、自然豊かなこの場所には、秋が深まると土手に一定間隔でもみじが並ぶ穴場絶景ポイントが現れるそう。

200から300メートルほど続くフォトジェニックな朱色の堤

img_2783%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

京都市内から車で1時間ほどの栃本エリア。観光客で賑わう嵐山、高雄を抜けると驚くほど人が少なくなる。心なしか空気も澄んだように感じる山道は、サイクリングやツーリングを楽しむ人も多い。家族とのレジャーや友人との日帰り旅行で、道の駅の「ウッディー京北」や、複合施設の「スプリングひよし」を訪れる人は多いけれど、その途中にある川沿いを足を停めて見る人は少ないのでは。

img_2859%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

整備された国道沿いを並走するように流れる「上桂川」に顔を向けると、見頃を迎えたもみじが、土手を朱色に彩っている景色が目に飛び込んで来る。200から300メートルほど続くもみじの堤(つつみ)は歩くこともでき、近くに車を停めて、長時間ドライブの気分転換に歩くと運転の疲れを癒してくれるはず。

秋はもみじ、春は桜

img_2803%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

この場所は、土手に桜が、そこから一段低くなったところにもみじが植えられている。秋は川沿いが赤く染まり、春には桜が土手を埋め尽くし、真っ白の景色が楽しめるそう。絶景を独り占めできる快感は、郊外の穴場絶景ならでは。秋と春の週末の予定に、ぜひひとつ追加してみて。

img_2844%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

栃本の堤のもみじ
絶景を独り占めできる度 ★★★★★
住所:京都府京都市右京区京北栃本町

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 目指せ京都通-京都難読地名由来クイズ
  2. 喧騒を忘れて紅葉ウォークを楽しめる市内の穴場スポット「宝ヶ池公園」
  3. 竹林のライトアップが幻想的な京都・嵐山花灯路2016がスタート
  4. 2016紅葉プライバック-「南禅寺」~インクライン
  5. 立春朝搾り-酔いどれ譚十五杯目

関連記事

  1. タビ・アソビ

    喧騒を忘れて紅葉ウォークを楽しめる市内の穴場スポット「宝ヶ池公園」

    ピークを超え、紅葉を楽しめるのもあとわずか。気持ち良く晴れた日は、ただ…

  2. タビ・アソビ

    京都から車で3時間超-岐阜の断崖絶壁の絶景「川浦渓谷(かおれけいこく)」がスリル満点

    京都市内から車で3時間超。映画の舞台に酷似していることから一気に人気観…

  3. タビ・アソビ

    滋賀県の絶景「近江の厳島」湖中大鳥居は縁起の良いパワースポット

    京都から大原を越え、堅田から国道161号を北上していくと見えてくる琵琶…

  4. タビ・アソビ

    地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩

    京都市内から車で1時間30分。大阪府民の森のほしだ園地にある吊り橋「星…

  5. タビ・アソビ

    紅葉に人が集中している今だからこそ港まち神戸の夜景をひとり占めできるチャンス

    関西の夜景スポットは数あれど、華やかな港町の夜景を楽しめるのは神戸だけ…

  6. タビ・アソビ

    京都市内から車で約2時間30分全国屈指のパワースポット「大神神社」で不思議体験を

    悪いことがあった人も、良いことばかり続いている人も、初詣はパワースポッ…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    今行きたい信楽-京都市内から車で約40分の老若男女楽しめるスポット
  2. タベモノ

    創業から50年以上変わらないホットケーキ-京都「梅香堂」で至福のスイーツタイムを…
  3. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感
  4. キブン

    京都紅葉写真館-嵯峨野「あだし野念仏寺」
  5. キブン

    SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。