タビ・アソビ

京都市内から車で約3時間半-「生野銀山」のアジト感たっぷりの関西の絶景

雨でも関係なく楽しめる関西の週末旅におすすめのスポットを紹介。京都市内から車で約3時間半ほど、天空の城「竹田城」のすぐ近くにある「生野銀山」。怪盗アニメのアジトに使われていそうな、薄暗い雰囲気がなんともいえない。銀山坑道入口の滝も、冒険心に火をつけること間違いなし。これから始まるアドベンチャーに心踊らせて、山奥の坑道探索を始めよう。

絶景の滝と冒険心をくすぐるアジトのような坑道

img_9798%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

兵庫県朝来市にある日本有数の銀の採掘場「生野銀山」。室町時代から本格的な採掘が始まり、信長や家康の直轄地として時の権力者の財政を支えてきた。吉宗の時代の最盛期を経て、明治元年に政府直轄の官営高山に。明治29年には三菱合資会社が、国内有数の鉱山として採掘を行なってきたけれど、昭和48年に閉山。翌年昭和49年に観光施設として一般公開されている。

そんな生野銀山には観光のおすすめポイントがたくさん。

まずは、坑道入口の滝。およそ20メートルほどの高さの「不動滝」が冒険の始まりのアトラクション。ちょっとした撮影スポットとして、カメラ好きからも人気が高い。

img_9808%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

およそ40分のアドベンチャーを楽しんで

img_9822%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

坑内は一年を通して13度ほどに保たれており、夏はひんやり、冬は厚着のため暖かく感じるかも。ただし、観光用の坑道は40分ほど続くため、最後の方は体の芯から冷えてくるので、夏は長袖は必要。

しっかりと整備された場所だけではなく、岩肌むき出しの場所もあり、アドベンチャー気分を盛り上げてくれる。ただ観光用ゆえ、当時の仕事の様子を再現したマネキンがそこかしこにあり、薄暗い坑内で初めて見た時は、ゾっとするのでご注意を。進んでいくとズシーンと、心臓に響く爆発音が。これも当時の爆破による採掘法を再現したアトラクションで、自分たちでスイッチを押すことが可能。非常に大音量なので、子どもは恐怖で泣くこともあるとか。

img_9810%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

さらに進むと、偽札を作っていそうな雰囲気の場所に到達。「捲揚機」と呼ばれるこの装置は、採掘された鉱石を運び出す働きをしていたそう。現在は動きはしないけれど、当時の稼働していた状況を思い浮かべると、童心にかえりわくわくする気持ちが芽生える。

img_9832%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

捲揚機からちょっと奥にいったところ

img_9831%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

そのほか、坑内を流れる滝や、大地の裂け目みたいなものが見え、探検家気分が楽しめるはず。紅葉狩りの帰り、「竹田城」を見た後などに、ちょっとした冒険をしてみても楽しいかも。

img_9789%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

生野銀山
住所:兵庫県朝来市生野町小野33-5
営業時間:4月~10月:9:00-17:30  (最終受付16:50)
11月:9:00-17:00  (最終受付16:20)
12月~2月:9:30-16:30  (最終受付15:50)
3月:9:30-17:00  (最終受付14:20)
Close:定休日 12月~2月の3ヶ月間のみ毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)
駐車場:あり
入場料:大人900円、中高生600円,小学生400円,小学生未満無料
※団体割引あり

“Text,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう
  2. 京都市内から電車で約2時間-誰でも綺麗な写真が撮れる関西空港でロマンティックな夕…
  3. 「せっけんハミガキ」を半年使って感じたメリットとデメリットをつらつらと
  4. SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源…
  5. BBQやアウトドアで活躍する良い香りの天然由来虫除けスプレー

関連記事

  1. タビ・アソビ

    金運が上がると人気の『御金神社』で実際に宝くじに当たった人は何人くらいいるのか

    京都市内、中京区にある『御金(みかね)神社』。ピカピカに光る金色の鳥居…

  2. タビ・アソビ

    大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行こう

    クリスマスは恋人と、なんて習慣はバブルと一緒に消えてしまったのかもしれ…

  3. タビ・アソビ

    京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう

    京都から車でおよそ3時間。愛知県知多(ちた)半島の三河湾に浮かぶ日間賀…

  4. タビ・アソビ

    奈良十津川村、断崖絶壁から絶景をのぞむカフェ「瀞(どろ)ホテル」に圧倒される

    和歌山、三重、奈良の三県をまたいで流れる熊野川水系北山川の上流に位置す…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    「星のブランコ」に行ったらランチでも紅葉が楽しめる森の中のカフェレストラン「おじ…
  2. キブン

    困ってなくても神頼み!?
  3. タベモノ

    「お腹が空いた」「お得に色々と食べたい」なら京都の定番洋食屋「キッチン・ゴン」で…
  4. タベモノ

    居酒屋『よこちょう』で日本酒を片手に鮮魚に舌鼓
  5. コト

    2016年12月から2017年1月末までの京都のイベント・観光情報
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。