タビ・アソビ

川ありダムあり山の自然に囲まれた一庫公園が家族で遊ぶのにおすすめ

京都市内から車でおよそ1時間30分。兵庫県川西の山の中、ダムの周辺に作られたレジャー施設「一庫公園」。2箇所ある無料駐車場には約140台駐車でき、ダムを見に行くもよし、山の自然と触れ合うもよし、丘にある広場で遊ぶもよしの、家族で遊ぶのにはぴったりの場所。

子どもが一日飽きることなく遊べるスペース

img_7117

一庫ダムによって作られた「知明湖」と、その周辺に広がる豊かな自然に囲まれた山一帯がレジャー施設。眼下に望む水辺から山頂まで数多くの野生の動植物が共生し、四季折々の景色が楽しめる。子ども達が遊ぶメインエリアは丘の「原っぱ」。アスレチックなどの遊具が設置され、近隣の学校の遠足の場所としても利用されているそう。

「見晴らしの丘」と名付けられた原っぱには、高低差約20mの丘の斜面を利用した人工の川のような遊び場も。夏には多くの子どもが水着で、水遊びを楽しんでいる。秋には水の流れる音を聞きながら、紅葉を眺めるのも大人には趣深いかも。

img_7114

丘からは、森へと続くなだらかな散策路があり、小鳥のさえずりに耳を傾け、森林浴を楽しめる。階段を降りると、湖畔を眺められるデッキがお目見え。家族で、180度広がる大パノラマの眺望に、心を踊らせて。

このあたりは、以前茶の湯で有名な一庫炭を生産していたそう。その名残が、炭焼き窯として残っており、不定期で炭焼きのワークショップも行われているとか。

img_7090

その他、施設の中には、一庫公園の自然に精通したレンジャーが常駐し。子どもたちの疑問にも気軽に答えてくれるそう。これからの季節は、家族で自然を体感するもみじ狩を楽しんでみて。

一庫公園(ひとくらこうえん)
住所:兵庫県川西市国崎字知明1-6
営業時間:9時-17時(10月~4月),9時-18時(5月~9月)
休園日:年末年始
駐車場:丘の駐車場 69台 3台(身障者用),湖畔の駐車場 76台 無料
入園料:無料
HP:http://www.hyogo-park.or.jp/hitokura/

“Text,Photo:中川 直幸”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都の新名物になるか-祇園・嵐山で大人をしびれさせると話題のスイーツ「ピリリチョ…
  2. 京都の新しい楽しみ方!アートもフードもごっちゃ混ぜ、お店主催の音楽イベントが面白…
  3. 京都市内を一望できる将軍塚「青龍殿」のライトアップがスタート-ガラスの茶室は幻想…
  4. 一日中家にいる時は、オーロシーカのお香で気分を変えて。
  5. 蓮池の下にある安藤忠雄建築のお寺『本福寺』の異世界感がすごい

関連記事

  1. タビ・アソビ

    京都市内から車で約2時間30分全国屈指のパワースポット「大神神社」で不思議体験を

    悪いことがあった人も、良いことばかり続いている人も、初詣はパワースポッ…

  2. タビ・アソビ

    京都市内の喧騒を抜けて「長谷ダム」でスリルと紅葉の感動を

    紅葉のピーク到来で観光客でごった返す町なかから抜け出して、ゆっくりとも…

  3. タビ・アソビ

    雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと

    古くなった古民家や廃校を再利用し、アトリエやカフェに。今、若いオーナー…

  4. タビ・アソビ

    2016年紅葉プレイバック-滋賀県高島メタセコイア並木

    滋賀県の紅葉と聞けば3本の指に入るほど人気となった高島の「メタセコイ並…

  5. タビ・アソビ

    紅葉に人が集中している今だからこそ港まち神戸の夜景をひとり占めできるチャンス

    関西の夜景スポットは数あれど、華やかな港町の夜景を楽しめるのは神戸だけ…

  6. タビ・アソビ

    京都市内から車で約3時間半-「生野銀山」のアジト感たっぷりの関西の絶景

    雨でも関係なく楽しめる関西の週末旅におすすめのスポットを紹介。京都市内…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    手作りのインテリアが並ぶカフェレストラン「Moon Talk(ムーントーク)」で…
  2. タビ・アソビ

    写真を撮るのが楽しくなるかも-街なかの夜景[京都]「久御山ジャンクション」
  3. タベモノ

    京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメ…
  4. タベモノ

    山の中のカフェ登録有形文化財「茂庵」でのーんびり
  5. キブン

    本末転倒酒の虫:酔いどれ譚五杯目
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。