タビ・アソビ

日本で唯一の良縁をつなぐ繁盛の神社、京都のちょっと不思議な繁昌神社

商売繁盛の神社は数あれど、「はんじょう」と名のつく神社はここにしかない、ということで日本で唯一の商売繁盛の神社と呼ばれているのが「繁昌神社」です。商売繁盛以外にも、良縁成就や家内安全などのご利益もあるそう。ただ、ここにはまつわるちょっと不思議なエピソードもあるんです。

神社にまつわるエピソードも縁起が良い

img_7705

室町高辻を西に入ったところにある小さな神社。「繁昌の宮」と呼ばれるその神社には、興味深いエピソーゾがあるんです。平安時代に藤原繁成という人の庭に功徳池があり、そこに市杵島姫命(いちきしまひめのみこと※弁財天)、田心姫命(たごりひめのみこと)、湍津姫命(たぎつひめのみこと)の財を成すとされる三姫神の分霊安芸の宮島から迎えたことが商売繁盛のご利益の理由とされています。この部分はざっくりと説明しています。

そして、「繁昌」という名前。まず、藤原繁成。この時点で「はんじょう」と読めますね。なんて縁起の良い名前だって感じです。ただ、これがこの名前の由来にはなってないそうです。弁財天を別名針才女(はりさいじょ)というそうですが、それが転じて、「はりさいじょ、はんさいじょ、はんさあじょ、はあんじょ、はんじょ」となったとか。この説が一番有力で、もともとは「班女ノ社」と呼ばれていたそう。

img_7711

ちょっと奇妙なエピソードも

img_7703

宇治拾遺物語の第三巻「長門前司女、葬送の時、本所にかえる事」に記されているエピソード。

高辻室町付近の前長門国守に2人の娘がいたそう。姉は早くに嫁に嫁ぎ高辻室町に住んでいたが、妹は宮仕えを辞めてからは家に戻り、決まった男もおらず、ときどき通ってくる男と寝殿の南面の西にあたる妻戸の口で語らいをしていたという。その妹が27歳くらいの時に重病にかかって死んでしまったそう。

葬儀のため妹の遺体を棺に入れ、鳥辺野の墓地に運び、一行が車から棺を下ろそうとすると、やけに軽かったという。なぜか、棺が少し開いていたので覗いてみると、娘の遺体はなかったという。葬儀もできないので、家に帰ってみると遺体は妻戸口に、もとのような格好で寝ていた。

不審に思ったが仕方がないので次の日も同じように運んだが、また棺の蓋が開いていて中に遺体はなかった。そして、3度目。今度は棺を持ち上げることもできない。それを見ていたある老人が「ここに埋めてほしいのではないか」という。仕方がないので、墓穴を掘ってみると娘の遺体は軽々と動いた。そうして事は落ち着いたが、姉が引っ越したのを始まりに、村人は気味悪がって次々に引っ越していき、この辺りは誰も住まなくなり塚だけが残ったという話。

縁起の良い神社には間違いないのですが、人々の間では、未婚の女性がお参りすると「結婚できなくなる」という噂も。信じるか信じないかはあなた次第です。

繁昌の宮 / 繁昌神社
■住所:京都市下京区繁昌町308

“Text,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都の夜景スポット「男山展望台」は人が全然いないので、たまに人に会うと非常に恐い…
  2. パワースポット「鞍馬寺」で「初寅大祭」が開催
  3. 2016紅葉プライバック-「南禅寺」~インクライン
  4. 目指せ国産ワイン通-ワイナリーの楽しみ方「天橋立ワイナリー」
  5. 地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩

関連記事

  1. タビ・アソビ

    京都市内の喧騒を抜けて「長谷ダム」でスリルと紅葉の感動を

    紅葉のピーク到来で観光客でごった返す町なかから抜け出して、ゆっくりとも…

  2. タビ・アソビ

    とりあえず京都の夜景は将軍塚

    京都で生活をしている男子が、免許をとったらとりあえず彼女と行く場所ベス…

  3. タビ・アソビ

    週末はカメラと一緒に-日本の発展を支えた関西の近代化産業遺産絶景5選

    爆発的な経済発展を遂げたバブル期よりも前、戦前から日本の産業と生活基盤…

  4. タビ・アソビ

    京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう

    京都から車でおよそ3時間。愛知県知多(ちた)半島の三河湾に浮かぶ日間賀…

  5. タビ・アソビ

    京都の夜景スポット「男山展望台」は人が全然いないので、たまに人に会うと非常に恐い

    国宝「石清水八幡宮」境内にある「男山展望台」は、密かな夜景観測スポ…

  6. タビ・アソビ

    今行きたい信楽-京都市内から車で約40分の老若男女楽しめるスポット

    京都市内から車でおよそ40分。家族と一緒でも、友達や恋人と一緒に訪れて…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    コーヒー好きでもこの発想はなかった-自家焙煎のスペシャルティコーヒー彦根「マイク…
  2. コト

    本好きの人が集まる「一箱古本市」が京都烏丸五条近くのコワーキングスペース「京創…
  3. タビ・アソビ

    開運・招運のご縁にも期待-関西で強力だといわれているパワースポット5選
  4. コト

    ロームのイルミネーションは地域に還元する企業の姿勢も美しい
  5. コト

    鞍馬の火祭はなぜ奇祭と呼ばれるのか-2016年版
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。