タビ・アソビ

気軽に絶景ハント!20分で心と体のリフレッシュ「大文字山」登山

登山といえば、登りきった時の達成感がなんともいえません。ですが、本格的な装備にお金がかかったり、目的地にたどり着くまでにも時間がかかったり、これまで山に登ったことがない人には、少しハードルが高いのでは。今回は市内で気軽に充実感が得られる登山スポット「大文字山」をご紹介。





麓から20分で絶景ポイントに到着

img_8182

京都四大行事のひとつ「五山送り火」。その中で一番始めに火がつくのが京都市左京区、如意ヶ岳の大文字。麓には慈照寺(通称銀閣寺)があり、成人ならそこから火床がある西側の前峰までがおよそ20分で登れる。登山途中には地元と思われる年配となんどもすれ違う。顔見知りの方も多いようで、みなさん健康維持のため登山を日課としているそう。

山というには低く、山道も適度に舗装されており、普段着にスニーカーという軽装でも安全に登れるのが嬉しい。気軽に登れるにも関わらず、充実感を味わえるのは、目的地(西側の前峰)に着くまでの山道では、ほとんど眼下の景色が見えないから。つまり登りきるまで周りはずっと木ばかりで、目的地でやっと市内を見渡せるのだ。

野生動物との出会い&汗をかき体も心もリフレッシュ

img_8202

20分で目的地到着という手軽さにも関わらず、道中ではシカに出会うこともある。運良く今回も2匹のシカに遭遇。10mくらいまで接近できるので、子どもと一緒に登ると喜ぶこと間違い無し。あまり近づき過ぎるとシカも危害を加えてくるかもしれないので要注意を。

しっかりと汗をかき、慣れていない人は足にもかなりの負担がかかるので運動効果も十分。登って、眺望を楽しみながら休憩して、麓に戻ってくるまで約1時間。手軽に得られる爽快感がたまらない。家族や恋人とピクニックにもぜひ。

img_8157

ハードコースへの入り口。子どもは要注意。

ちなみに、途中でイージーコースとハードコースを選択できる。ハードコースは登っている人も少なく送り火の右払いのところから目的地に登ってこられる。

img_8186

これは大文字の右払いのところ。ハードコースはここから登ってこられる。

img_8181

送り火の「大」の字のちょうど真ん中の火元

お金をかけず充実感を得られる「大文字」登山で、ひと味違う週末を過ごしてみて。市内を見下ろす絶景もフォトジェニックでカメラ女子にもおすすめ。

■山名:大文字山(だいもんじやま)。如意ヶ岳(にょういがたけ)
■住所:京都市左京区浄土寺七廻り町

(記事・写真:中川 直幸)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 文献史上最古の「羽衣伝説」。神秘的な天女の逸話を感じながら、沈むような深い青色の…
  2. 『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のス…
  3. 兵庫県旧JR福知山線廃線跡ハイキング-生瀬駅(なまぜ)出発と武田尾駅出発の両方の…
  4. 彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目
  5. 日曜以外は深夜3時まで営業-「辨慶(べんけい)うどん」で宴会のシメを

関連記事

  1. タビ・アソビ

    雨音をBGMに、兵庫篠山の廃校リノベーションカフェでゆったりと

    古くなった古民家や廃校を再利用し、アトリエやカフェに。今、若いオーナー…

  2. タビ・アソビ

    京都から車と船で約3時間、週末は離島で心と体を癒そう

    京都から車でおよそ3時間。愛知県知多(ちた)半島の三河湾に浮かぶ日間賀…

  3. タビ・アソビ

    すすきの見頃を過ぎ、現実離れした赤茶色の色彩が美しい兵庫県「砥峰高原」へ-ノルウェイの森の撮影現場

    秋気漂う、今日この頃。週末から来週にかけて京都も紅葉のピークを迎えそう…

  4. タビ・アソビ

    京都から車で3時間超-岐阜の断崖絶壁の絶景「川浦渓谷(かおれけいこく)」がスリル満点

    京都市内から車で3時間超。映画の舞台に酷似していることから一気に人気観…

  5. タビ・アソビ

    奈良十津川村、断崖絶壁から絶景をのぞむカフェ「瀞(どろ)ホテル」に圧倒される

    和歌山、三重、奈良の三県をまたいで流れる熊野川水系北山川の上流に位置す…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ
  2. タビ・アソビ

    雨や雪の日に夜景を撮ると幻想的なのか?「あべのハルカス」展望台からの夜景-雨の日…
  3. タビ・アソビ

    大阪の海は悲しい色やね-堺泉北臨海工業地帯の夜景を見ながら「さよなら」を捨てに行…
  4. タビ・アソビ

    【穴場】そっちの清水の舞台混んでるでしょ、こっちの舞台は空いてますよ。トイレの神…
  5. タベモノ

    いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。