タビ・アソビ

新年のツキがちょっと良くないぞという時の気分転換にパワースポット「竹生島」クルーズを

新年がスタートしたけれど、ちょっとツキが悪いぞ、という時はパワースポットに頼ってみるのもありかも。関西にいくつかある、強いと言われているパワースポット。京都のお隣滋賀県では「神が住む」とか「人類発祥の地」とか言われている場所があるそう。まるで琵琶湖に浮かんでいるような「竹生島(ちくぶいじま)」がそうなのだとか。

ひょっこりひょうたん島みたいな見た目の無人島


大昔に人気だった、ミュージカルと人形劇が一緒になった「ひょっこりひょうたん島」という番組の主舞台、ひょうたん島。ふたこぶの山が印象的な島なのだけれど「竹生島」の見た目はそれにそっくり。どこかからドン・ガバチョやサンデー先生が出てきそうな雰囲気があるけれど、この島は無人島だそう。
島には宿泊施設も民家もなく、神社とお寺のほか、ちょっとしたお土産や食堂の施設が少しある程度。成人が普通に歩いて島見学をすると70分ほど、じっくり見ても2時間くらいという小さな島。寺社や店舗関係者は皆、島外から出勤するそう。

人ではなく神様が住んでいると言われている


無人島ゆえ、人は住んでいないけれど「神が住んでいる」と言われているそうで、島全体がパワースポットとされているとか。名前の由来も神が「いつく」島というのが「ちくぶ」に変わったという説もあり、とにかく縁起が良さそう。
そんな縁起の良さそうな島へ向け、長浜港から船に揺られることおよそ20分。島に着くといくつかの商店がお出迎えしてくれる。商店を抜けるとすぐ階段になっており、この上にあるのが「竹生島宝厳寺(ほうごんじ)」。この階段は急勾配で160段ほどあるので、ヒールは危険かも。ちなみに島内をめぐるには船代以外に入島料金が必要。

日本三大弁才天のひとつだそう

ここは西国三十三所観音霊場の第三十番札所で、厳島神社、江島神社に並ぶ日本三大弁才天の一つとしても有名で「弁才天信仰の聖地」ともいわれているとか。本堂には400年前に作られた弁才天像があるほか、本堂横には迫力満点の不動明王像も。
また幸せを呼ぶとされる「幸せだるま」も有名で、これに願いを書き奉納するとご利益が期待できるのだそう。



三重塔や重要文化財の舟廊下なども見所。


国宝の「竹生島神社(都久夫須麻神社)」ではかわらけ投げも

力強い印象を受ける「竹生島神社」の本堂は国宝建築物なのだとか。天井の華やかな装飾は必見。また竹生島の絶景スポットなのが「かわらけ投げ」で夢いな竜神拝所。丸い小さな皿に名前と願いを書いて、湖に突き出た鳥居に向け投げ、皿が鳥居をくぐると願いが叶うと言われているそう。竹生島にきた際はぜひ運試しを。縁起とパワーと、絶景を満喫できる「竹生島」に行くと、ツキの悪さも吹っ飛ばしてくれそうで、なにより気分転換にもぴったり。

竹生島
住所:滋賀県長浜市竹生島
船情報
琵琶湖汽船 > 竹生島クルーズ
http://www.biwakokisen.co.jp/basic/index3.php
びわ湖観光船オーミマリン(滋賀県・琵琶湖遊覧船)
http://www.ohmitetudo.co.jp/marine/index.php/line-tour/chikubushimameguri.html

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都の電車上から見るか横から見るか下から見るか
  2. 場にふさわしくない絶世の美女と大衆酒場における出会いについて-酔いどれ譚九夜目
  3. 振り向けば奴がいる-酔いどれ譚二十杯目
  4. ペンギンにとって冬は恋の季節!?京都水族館で「愛のペンギンクリスマス」イベント開…
  5. 標高450mの山中にある秘境感たっぷりの「淡海湖(処女湖)」

関連記事

  1. タビ・アソビ

    夏の終わりはひぐらしの声を聞きながら廃校をリノベーションしたカフェでゆったりと

    夜風に少し冷たさが混じり、肌寒さを感じる9月上旬。南山城村にある木造の…

  2. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:ADCグランプリを受賞した「KIKOF」の制作現場、『丸滋製陶株式会社』

    伝統工芸を現代の感性で解釈し、新しい価値観を生み出す。2015年の東京…

  3. タビ・アソビ

    写真を撮るのが楽しくなるかも-街なかの夜景[京都]「久御山ジャンクション」

    一眼レフカメラを買ってすぐの頃はどこに行くにも一緒だったけれど、少し時…

  4. タビ・アソビ

    小説・映画にもなった赤目四十八滝で滝三昧

    京都から車で3時間ほどの三重県の山奥。忍者が修行した場所として知る人ぞ…

  5. タビ・アソビ

    アクセス至難!人気のない雪化粧の熊川宿が美しい

    そこに山があると登りたくなるように、そこに雪があると、より高く積も…

  6. タビ・アソビ

    兵庫県旧JR福知山線廃線跡ハイキング-生瀬駅(なまぜ)出発と武田尾駅出発の両方のポイントまとめ

    廃線になった兵庫県の旧JR福知山線のハイキングコースの紹介です。生瀬駅…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    竹林のライトアップが幻想的な京都・嵐山花灯路2016がスタート
  2. キブン

    場にふさわしくない絶世の美女と大衆酒場における出会いについて-酔いどれ譚九夜目
  3. キブン

    本末転倒酒の虫:酔いどれ譚五杯目
  4. タベモノ

    京都の新名物になるか-祇園・嵐山で大人をしびれさせると話題のスイーツ「ピリリチョ…
  5. コト

    辛いモノが食べられるようになって食の楽しみを増やそう-2月17日金曜日は滋賀守山…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。