タビ・アソビ

小説・映画にもなった赤目四十八滝で滝三昧

京都から車で3時間ほどの三重県の山奥。忍者が修行した場所として知る人ぞ知る絶景スポットがあります。「赤目四十八滝」。小説や映画の重要なシーンでも使われているにもかかわらず、知名度が低く、観光客もあまりいないので、まさに秘境といった雰囲気。しかしこれからの季節は紅葉と滝を見ながら、約3時間ほどの散策を楽しめるこのエリア最高のシーズンが訪れます。

大自然への入り口にはオオサンショウウオ

img_0284

訪れたタイミングは台風一過の曇天。今年は台風が過ぎようが曇ったり、雨が降ったりが続いています。そんなタイミングだったので、あまり期待はしていなかったのですが、いやいや関係ないですよ、ここ。

赤目四十八滝渓谷保勝会が管理していて、入山するのに大人ひとり400円の保全協力費なるものを払います。しかし、ここがポイント。この入り口は小さな水族館みたいになっていまして、世界中のオオサンショウウオが飼育されています。この水槽に、めちゃくちゃ大きなオオサンショウウオがいます。それも、水槽の岩に同化していて、目を凝らさないと気づかないくらい。いきなりアハ体験が楽しめます。かわいいっちゃかわいい、この両生類にまず驚きつつ、水族館を抜けると、大自然ですよ。

img_0195

これでもかってくらい滝がある

img_0310

すごく川が綺麗。流れる水の美しさは言うことなし。川だけでも写真映えするのですが、ここから最長香落渓まで120分ほどのコースもあるのですが、だいたい片道90分の岩窟滝までがおすすめ。

滝はもちろん、八畳岩や百畳岩といった巨石の絶景ポイントもあり、散策するのも飽きません。もしかしたら、川の中にオオサンショウウオもいるかもしれませんし、運が良ければ修行中の忍者にも出会えるかもしれません。おそらく忍者はいませんが。

そして、写真は夏の風景ですが、これからは紅葉ですよ、紅葉。HPとかで見たのですが、ここは紅葉と滝の写真が美しすぎる。しかも11月は夜のライトアップイベントもあり幻想的な雰囲気にもなっています。メジャーではないけれど、これからメジャーになること必至の場所なので、先取りして損はなしです。

ちなみになぜ「赤目」かというと、呪術者の「役の小角(えんのおづぬ)」が修行にきたら、牛に乗った不動明王が出現。その時の牛の目が赤かったことから「赤目」とついたそうです。

img_0263 img_0305 img_0250

エリアデータ
赤目四十八滝
忍者のようにひっそりと絶景度 ★★★★★
■住所:三重県名張市赤目町長坂861
■電話:0595-63-3004
■営業時間:8:30-17:00
■HP:http://www.akame48taki.com/

“Text,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 10月後半から11月の京都のイベント情報
  2. 【穴場】そっちの清水の舞台混んでるでしょ、こっちの舞台は空いてますよ。トイレの神…
  3. 高台寺秋の夜間特別拝観がスタート-ライトアップのテーマは「輪廻」
  4. いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』
  5. BBQやアウトドアで活躍する良い香りの天然由来虫除けスプレー

関連記事

  1. タビ・アソビ

    西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野

    本当かどうかはわからないけれど、西日本最大といわれる蛍の鑑賞スポットが…

  2. タビ・アソビ

    週末はカメラと一緒に-日本の発展を支えた関西の近代化産業遺産絶景5選

    爆発的な経済発展を遂げたバブル期よりも前、戦前から日本の産業と生活基盤…

  3. タビ・アソビ

    京都市内から車で約2時間30分全国屈指のパワースポット「大神神社」で不思議体験を

    悪いことがあった人も、良いことばかり続いている人も、初詣はパワースポッ…

  4. タビ・アソビ

    京都市内から車で約3時間半-「生野銀山」のアジト感たっぷりの関西の絶景

    雨でも関係なく楽しめる関西の週末旅におすすめのスポットを紹介。京都市内…

  5. タビ・アソビ

    鬼の声が聞こえる?京都の絶景「立岩」で神秘体験に耳を傾けて

    全国各地に残る鬼退治の伝説。もちろん京都にも伝説は残っている。有名なの…

  6. タビ・アソビ

    京都市内から車で1時間ほど、見頃を迎えた上桂川のもみじの土手を歩こう

    流域によって呼び名を変える淀川水系の一級河川「桂川」。観光客で賑わう嵐…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    ジャポニスム2018に現代美術作家ヤノベケンジ×和紙作家堀木エリ子「SHIP…
  2. ヒト

    情熱は国境を越えて-AmericanGrasssigns & Mirr…
  3. タビ・アソビ

    ススキにも負けない銀色の夕景-琵琶湖最大の内湖「西の湖」のヨシの花が見頃
  4. タビ・アソビ

    今行きたい信楽-京都市内から車で約40分の老若男女楽しめるスポット
  5. キブン

    カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。