タビ・アソビ

小説・映画にもなった赤目四十八滝で滝三昧

京都から車で3時間ほどの三重県の山奥。忍者が修行した場所として知る人ぞ知る絶景スポットがあります。「赤目四十八滝」。小説や映画の重要なシーンでも使われているにもかかわらず、知名度が低く、観光客もあまりいないので、まさに秘境といった雰囲気。しかしこれからの季節は紅葉と滝を見ながら、約3時間ほどの散策を楽しめるこのエリア最高のシーズンが訪れます。

大自然への入り口にはオオサンショウウオ

img_0284

訪れたタイミングは台風一過の曇天。今年は台風が過ぎようが曇ったり、雨が降ったりが続いています。そんなタイミングだったので、あまり期待はしていなかったのですが、いやいや関係ないですよ、ここ。

赤目四十八滝渓谷保勝会が管理していて、入山するのに大人ひとり400円の保全協力費なるものを払います。しかし、ここがポイント。この入り口は小さな水族館みたいになっていまして、世界中のオオサンショウウオが飼育されています。この水槽に、めちゃくちゃ大きなオオサンショウウオがいます。それも、水槽の岩に同化していて、目を凝らさないと気づかないくらい。いきなりアハ体験が楽しめます。かわいいっちゃかわいい、この両生類にまず驚きつつ、水族館を抜けると、大自然ですよ。

img_0195

これでもかってくらい滝がある

img_0310

すごく川が綺麗。流れる水の美しさは言うことなし。川だけでも写真映えするのですが、ここから最長香落渓まで120分ほどのコースもあるのですが、だいたい片道90分の岩窟滝までがおすすめ。

滝はもちろん、八畳岩や百畳岩といった巨石の絶景ポイントもあり、散策するのも飽きません。もしかしたら、川の中にオオサンショウウオもいるかもしれませんし、運が良ければ修行中の忍者にも出会えるかもしれません。おそらく忍者はいませんが。

そして、写真は夏の風景ですが、これからは紅葉ですよ、紅葉。HPとかで見たのですが、ここは紅葉と滝の写真が美しすぎる。しかも11月は夜のライトアップイベントもあり幻想的な雰囲気にもなっています。メジャーではないけれど、これからメジャーになること必至の場所なので、先取りして損はなしです。

ちなみになぜ「赤目」かというと、呪術者の「役の小角(えんのおづぬ)」が修行にきたら、牛に乗った不動明王が出現。その時の牛の目が赤かったことから「赤目」とついたそうです。

img_0263 img_0305 img_0250

エリアデータ
赤目四十八滝
忍者のようにひっそりと絶景度 ★★★★★
■住所:三重県名張市赤目町長坂861
■電話:0595-63-3004
■営業時間:8:30-17:00
■HP:http://www.akame48taki.com/

“Text,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 振り向けば奴がいる-酔いどれ譚二十杯目
  2. 京都、日本、東京の移り変わりを考える古地図展がおもしろい
  3. 標高450mの山中にある秘境感たっぷりの「淡海湖(処女湖)」
  4. 京都イベント・観光情報カレンダー2017年2月-3月末
  5. 京都市内から電車で約2時間-誰でも綺麗な写真が撮れる関西空港でロマンティックな夕…

関連記事

  1. タビ・アソビ

    京都市内から電車で約2時間-誰でも綺麗な写真が撮れる関西空港でロマンティックな夕景を楽しもう

    紅葉の見頃もピークを越え、山には枯れ木がちらほら。イルミネーションが輝…

  2. タビ・アソビ

    地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩

    京都市内から車で1時間30分。大阪府民の森のほしだ園地にある吊り橋「星…

  3. タビ・アソビ

    名古屋だけじゃない遊びに行きたい愛知-京都から車で3時間超の週末旅

    手羽先、味噌かつ、ひつまぶし、派手な結婚式、トヨタ、ケッタマシン。海外…

  4. タビ・アソビ

    アクセス至難!人気のない雪化粧の熊川宿が美しい

    そこに山があると登りたくなるように、そこに雪があると、より高く積も…

  5. タビ・アソビ

    夏の終わりはひぐらしの声を聞きながら廃校をリノベーションしたカフェでゆったりと

    夜風に少し冷たさが混じり、肌寒さを感じる9月上旬。南山城村にある木造の…

  6. タビ・アソビ

    ススキにも負けない銀色の夕景-琵琶湖最大の内湖「西の湖」のヨシの花が見頃

    滋賀県東部、琵琶湖最大の内湖「西の湖」のヨシの花が見頃に。ススキや荻に…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    雪化粧のかやぶきの里と大石酒造美山蔵
  2. コト

    ジャポニスム2018に現代美術作家ヤノベケンジ×和紙作家堀木エリ子「SHIP…
  3. タビ・アソビ

    京都市内から車で1時間ほど、見頃を迎えた上桂川のもみじの土手を歩こう
  4. タベモノ

    中華に恋して!中華あんがのってる「志成園」のカツ丼が美味くて安くて新しい味わい!…
  5. タビ・アソビ

    写真を撮るのが楽しくなるかも-街なかの夜景[京都]「久御山ジャンクション」
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。