コト

ハロウィンで盛り上がったのだから「矢田寺」の「かぼちゃ供養」へ行くべき

12月23日は何の日かご存知でしょうか。そう、その通り京都の冬の風物詩「かぼちゃ供養」の日です。ハロウィンであれだけ、ハロハロウィンウィンしちゃった人は知っていてしかるべき。あの日、まち中に溢れかえったかぼちゃのおばけのランプ、その中身は?というと、そう今日、寺町三条にある「矢田寺」で行われている「かぼちゃ供養」の炊き出しになっているのです。という、訳ではもちろんない。

実際は無病息災を願う冬至のイベントだそう

ハロウィンのかぼちゃおばけのくり抜かれた中身と、12月23日に寺町三条の「矢田寺」で行われている「かぼちゃ供養」とはまったく関係はありません。すみません。そもそも宗派というか、宗教が違います。

では、「かぼちゃ供養」とはどういうものなのか。どうやら市場に並べられないかぼちゃを炊き出しとして提供したことがそもそもの始まりだそう。冬至の日にかぼちゃを食べると一年間無病息災で過ごせるのだとか。

参拝に訪れた人は、お参りをした後に、境内のバスケットボール3つ分はあろうかという大きなかぼちゃを撫でて、一年の無病息災を願うのだそう。ここの神社は、代受苦(だいじゅく)地蔵が祀られており、苦しみを代わりに受けてくださるありがたいお地蔵様。かぼちゃ供養の日にお願いすればその効果も大きくなるかもしれませんね。イベントは本日だけですが、お地蔵様はおられますので、ぜひ訪れてこれから一年間の健康を願ってみてください。

矢田寺 かぼちゃ供養
住所:京都市中京区寺町通三条上る
期間:12月23日
時間:9:00-スタート
費用:無料

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都の今日を知る「きょうは何の日」-12月13日は「事始め」
  2. 文学界の名作の謎に挑戦する「リドルストーリーに本当の終止符を」イベント開催
  3. 酒場で繰り返されるべき話:酔いどれ譚六話目
  4. ロームのイルミネーションは地域に還元する企業の姿勢も美しい
  5. 地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」

関連記事

  1. コト

    初めての十日えびす大祭(初ゑびす)を楽しもう「京都ゑびす神社」

    商売人でなくても関西人なら誰もが一度は聞いたことがある「とおかえびす(…

  2. コト

    「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-2017年のテーマは「大地…

    すっかり冬の風物詩として定着したイルミネーション。全国各地で開催される…

  3. コト

    京都、日本、東京の移り変わりを考える古地図展がおもしろい

    およそ270年の歴史を持つ東九条の農家住宅「長谷川 歴史・文化・交流の…

  4. コト

    ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに親しむ会」

    京都市右京区の花園エリアにある日本最大の禅寺「妙心寺」。昔あった公卿の…

  5. コト

    鞍馬の火祭はなぜ奇祭と呼ばれるのか-2016年版

    2016年10月22日は、京都に人が集まる日。昼は京都の三大祭「時代祭…

  6. コト

    残雪も美しい美山かやぶきの里「雪灯廊(ゆきとうろう)」、そういえば2月4日が最終日

    日本人の誰もが「訪れるとなぜか懐かしく感じてしまうような場所」を原風景…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚
  2. コト

    「京都タワー」を好きな色にライトアップ!地上100mでのプロポーズもオススメ
  3. ヒト

    復活した幻の酒米”渡船”-JAグリーン近江 酒米部会 会…
  4. コト

    2016年12月から2017年1月末までの京都のイベント・観光情報
  5. キブン

    酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。