コト

「和食」ってそもそもなんだ?-味わい・学び・体験する「京都・和食の祭典2017」が3月5日に東山「建仁寺」で開催

海外の旅行者から「和食ってなに?」と聞かれても「これが和食だ」と自信をもって答えられる気がしない。広い意味ではお米と一緒に食べるお惣菜などは和食の気がする。でも精進料理や懐石などの和食の象徴のようなものとはまったく別物のような気もする。日本人でも定義するのは難しいし、そもそも明確な定義はないのかも。だったら味わって、学んで、体験しようという「京都・和食の祭典2017」が3月5日に京都東山の「建仁寺」で開催。

体を動かし、舌で味わい、頭も使って和食を体感するイベント

写真はイメージ

和食の源流となる京料理から、日本の伝統的な食文化の魅力を理解しようというイベントが開催されるそう。京都を中心とした様々な団体から構成される「日本料理文化博覧会実行委員会」が和食の普及のために行っているイベントで、2016年にはおよそ5,000人の来客があったとか。
期待の高まる2017年は、「茶文化」と「茶懐石」をテーマにしたトークイベントのほか、「菊乃井」などの有名料亭が合作した限定料理の販売、京菓子作り体験など体と舌と頭を使ったイベントが目白押し。

写真はイメージ

また「海の京都」「森の京都」「お茶の京都」「竹の里・乙訓」、「生活に根ざした日本食」とカテゴライズされた料理ブースが用意され、その土地で提供される郷土料理も味わえるとか。
そのほか、座禅と精進料理を体験できたり、京都の名産品の購入もできるそう。無料で体験できる企画も多いので、和食を楽しみたい人は気軽に足を運んでみて。

写真はイメージ

わたしたち日本の食文化を知る。「京都・和食の祭典2017」
開催日:2017年3月5日(日) 10:00-16:00
費用:入場無料※企画は無料と有料があり詳しくはHP参照
住所:京都市東山区大和大路通四条下る小松町
HP:http://washoku-kyoto.jp/

“Text:中川 直幸、Photo:京都府商工労働観光部観光振興課より提供”
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都の今日を知る「きょうは何の日」-12月13日は「事始め」
  2. 蓮池の下にある安藤忠雄建築のお寺『本福寺』の異世界感がすごい
  3. 喧騒を忘れて紅葉ウォークを楽しめる市内の穴場スポット「宝ヶ池公園」
  4. ススキにも負けない銀色の夕景-琵琶湖最大の内湖「西の湖」のヨシの花が見頃
  5. 地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」

関連記事

  1. コト

    伝統行事のようになってきた東山花灯路-2017年

    2017年3月3日から12日まで行われる東山の「花灯路」。2015…

  2. コト

    ジャポニスム2018に現代美術作家ヤノベケンジ×和紙作家堀木エリ子「SHIP’S CAT」展が参…

    2018年8月22日からパリのカルーゼル・デュ・ルーヴル内でヤノ…

  3. コト

    京都イベント・観光情報カレンダー2017年2月-3月末

    2017年2月から2017年3月末までに京都の観光地で行われるイベ…

  4. コト

    鞍馬の火祭はなぜ奇祭と呼ばれるのか-2016年版

    2016年10月22日は、京都に人が集まる日。昼は京都の三大祭「時代祭…

  5. コト

    残雪も美しい美山かやぶきの里「雪灯廊(ゆきとうろう)」、そういえば2月4日が最終日

    日本人の誰もが「訪れるとなぜか懐かしく感じてしまうような場所」を原風景…

  6. コト

    京都にきたら極楽浄土を体験して。西本願寺のライトアップは10月10日まで

    正式名称「龍谷山 本願寺」。浄土真宗本願寺派の本山で、近くにある真言宗…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    場にふさわしくない絶世の美女と大衆酒場における出会いについて-酔いどれ譚九夜目
  2. キブン

    酒場での失敗談や面白かった出会いをまとめました
  3. タビ・アソビ

    地上から約50mの高さに足がすくむ。大阪の「星のブランコ」で空中散歩
  4. タビ・アソビ

    週末はカメラと一緒に-日本の発展を支えた関西の近代化産業遺産絶景5選
  5. タビ・アソビ

    西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。