コト

初めての十日えびす大祭(初ゑびす)を楽しもう「京都ゑびす神社」

商売人でなくても関西人なら誰もが一度は聞いたことがある「とおかえびす(十日えびす大祭/初えびす/関西ではえべっさん以下十日えびす)」という言葉。いったいどういう行事で、どういう意味があるのか、注意点やお参りの仕方、福笹の飾りの意味など、参拝の前に知っておきたいエトセトラをまとめました。これを知った上で本日の「残りゑびす」を楽しんでみてください。

京都市内で「十日えびす」に行くなら「京都ゑびす神社」へ

まず「十日えびす」とは、七福神の「恵比寿様」が生まれたとされる1月10日前後(8日〜12日)に商売繁昌、五穀豊穣、除災招福などを願い参拝する祭典だそう。8日は「招福祭」と呼ばれる神事が行われるそう。9日は「宵えびす」、10日は「初えびす」、11日は「残り福」と呼ばれこの3日間に福娘(京都は福が舞い込む舞妓さんや東映の女優さんなど)による福笹の授与などが行われます。お祭りでもっとも賑わうのがこの期間だそうで、9日10日は夜も閉門することなく一日中参拝が可能だそう。午前2時から祭典も行われるので、参拝する人は夜でも多いようです。12日は「撤福祭」と呼ばれており、午後8時から祭典が行われ「十日えびす」は終了します。

京都市内で「十日えびす」と言えば、東山の「京都ゑびす神社」へ参拝する人が多いそう。ここは日本三大恵比寿と呼ばれる神社だそうで、近隣の県からこられる方も多いのだとか。

参拝の方法や注意点

まず、鳥居のある入り口から境内へ。もし裏門から入ってしまうと「福返し」と言われ、頂いた福が返ってしまいもったいないのだとか。本殿ではお賽銭をし、二拝二拍手一拝でしっかりとお願いを伝えます。恵比寿様が耳の遠い神様だそうで、拍手はパンパンと大きな音で、景気よくする方が多いです。そして、福娘が渡す福笹(有料)を受け取り吉兆で笹を飾っていきます。

福笹に付ける「吉兆」のアイテムにはそれぞれ意味があります。説明は要約。

吉兆の意味
福笹:生命力の強さやまっすぐ伸びる姿などが、繁栄や商売繁昌のイメージと結びつき笹自体が縁起物。
わらじ:履物が掛かっていることは客が来ている証拠なのだそう。転じて客が来るように縁起物に。
絵馬:昔、神様に願い事を叶えてもらう際の返礼として馬を捧げていたそう。毎回馬を捧げることができないので、現在の形に。絵馬には、願い事を叶えて貰うため、神様に捧げる物としての意味があるそう。
熊手:色々なものをかき集める掃除道具が転じて、福をかき集める縁起物に。
鈴:魔除けと神様を呼ぶという意味があるそう。
箕:福をすくい取るという意味だそう。
鯛:海の幸。言葉遊びで「めでたい」縁起物として。
俵:豊作の縁起物。
千両箱や小判などは見た通りのお金。そこから商売繁昌へ。
人気笠:初えびすの時にだけ手に入る縁起物のでっかい笠(頭につけるもの)。商売繁昌の験担ぎ。

家に帰るまでが十日えびす

【たたき板】
福笹を飾り付けたら、神社から出るのですが、これは裏門へ抜けてください。その際に、本殿横の壁をトントンと軽く叩きます。これはお年寄りで耳の遠い恵比寿様にお参りに来たことを伝えるため。おじいちゃんの肩たたきをするイメージでトントンとしてあげてください。

【寄り道NG】
屋台が出ていますが、購入するならお参り前にした方が良いようです。お参りした後、家に帰るまでにご飯を食べたり、どこか店に寄ったりすると、福がそこに落ちてしまうそうなので、速やかに帰宅を。

【笹の飾り方】
福笹はお札と同じ意味があるそうで「目線より高く、清潔な場所」に飾るそうです。方角としては福笹が東か南に向く方が良いとされているので、験担ぎとして北か西に飾るのが良いのだとか。

本日の残り福は午前0時に閉門となるので、それまでに足を運んで、「商売繁昌でささもってこ〜い」を楽しんでみてください。

京都ゑびす神社
十日えびす大祭
住所:京都府京都市東山区 大和大路通四条下ル小松町125
期間:1月8日9:00〜12日22:00
※それぞれの日程の神事の日程はこちら
駐車場:なし
HP:http://www.kyoto-ebisu.jp/

“Text,Photo:中川 直幸”

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. まだ知られていない京都-長岡京柳谷観音「楊谷寺」の名勝庭園は山の急斜面に造られた…
  2. 京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を…
  3. カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目
  4. 自家焙煎の水出しコーヒー、食べられる紅茶、バーガーにヘアサロン!?京都水族館近く…
  5. 金運が上がると人気の『御金神社』で実際に宝くじに当たった人は何人くらいいるのか

関連記事

  1. コト

    「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-2017年のテーマは「大地…

    すっかり冬の風物詩として定着したイルミネーション。全国各地で開催される…

  2. コト

    京都や近郊の定番ライトアップイベントプレイバック

    京都や近郊で行われたライトアップイベントで、定番のイベントをまとめまし…

  3. コト

    京都市内を一望できる将軍塚「青龍殿」のライトアップがスタート-ガラスの茶室は幻想的

    京都東山にある天台宗の『青蓮院(しょうれんいん)』で2016年10月2…

  4. コト

    2016年12月から2017年1月末までの京都のイベント・観光情報

    2016年12月から2017年1月末までに京都の観光地で行われ…

  5. コト

    亀岡でイルミネーション企画「夢ナリエ」がスタート

    亀岡の「谷性寺」内にある「ききょうの里」で行われてきた紅葉のライトアッ…

  6. コト

    ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに親しむ会」

    京都市右京区の花園エリアにある日本最大の禅寺「妙心寺」。昔あった公卿の…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩
  2. コト

    1月以降も楽しめる京都市内のイルミネーション-「みやこめっせwinterイルミネ…
  3. タベモノ

    メニューひとつひとつに物語が!どういうことってこういうことです-大阪「UK CA…
  4. コト

    「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-201…
  5. タベモノ

    「星のブランコ」に行ったらランチでも紅葉が楽しめる森の中のカフェレストラン「おじ…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。