コト

市内から車で2時間ほど-月末月初は商売人で賑わう岐阜の「おちょぼさん」を楽しもう

京都の「伏見稲荷」、愛知の「豊川稲荷」と並び日本三大稲荷神社と言われる「千代保稲荷」。地元では「おちょぼさん」の愛称で親しまれ、年間二百万人を超える参拝者が訪れる。特に毎月、月末から月初にかけて行われる「月並祭」には、県内だけではなく、愛知県や滋賀県など隣接する県から足を運ぶ商売人も多い。縁日は月末の夜から翌日の明け方まで続くが、この日は門前町のお店のほとんどが明け方までオープンし、お祭りを楽しんでいる。

観光客よりも地元の人が多い縁日

img_3825

「おちょぼさん」の愛称で地元から親しまれる「千代保稲荷神社(ちよぼいなりじんじゃ)」

商売繁盛、縁結び、合格祈願などにご利益があるとされ、商人から人気を集める「千代保稲荷」。「伏見稲荷」や「豊川稲荷」ほどの規模はないけれど、月末月初だけは、参拝者の数が大きく跳ね上がる。また公共の交通機関も少ないため、外国人観光客の数も少なく、訪れているのは日本人がほとんど。

img_3812

ちょっと変わった参拝方法

img_3830%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

境内にはお守りや御朱印がなく、お参りの仕方もちょっと変わっている。まず、ろうそくと油揚げを購入。燈明場で願いを込めてろうそくに火を灯す。その後本殿の清霊殿でお賽銭と一緒に油揚げをお供えして、願いを伝える。これはしない人も多いけれど、本殿横にある「重軽石」で願い事が叶うかどうかを占えるそう。占いの方法はいたって簡単。両手で石を持ち上げて元の場所に置く。「願い事が叶うなら、軽くなっていてください(または、重くなっていてください)」と念じ再度持ち上げる。その通りになっていたら本殿での願い事は叶うという。重たい石なので、子どもが占うのは禁止されている。

周囲には景気の良さそうな店が

img_3821

店内はもちろんお手洗いまで金色の「串かつ 玉家」

また神社の近くには、屋台や門前町の店が約110ほどあり、串カツ、土手煮、川魚料理や草餅、漬物などが食べられる。中でもひときわ目を引くのが「串かつ 玉家」。何が目を引くって、店内が金色でピカピカ光っている。店内だけでなく、お手洗いまで金色というこだわりは、景気や縁起をかつぐ参拝者が多いこの神社では特に人気が高い。18時前に訪れたけれど、すでに入店規制が始まっていた。

img_3837 img_3838

ここでは串かつもいいけれど、とりあえず土手煮を。濃厚な味噌スープでじっくり煮込まれたモツは美味。1本90円というお手軽価格も嬉しい限り。串かつ屋だけに、ソースや味噌という濃い味付けが多く食後は口の中がこってり。さっぱりさせたい場合は薄味のうどんを注文しよう。

img_3840

玉家の「肉うどん450円」

近隣には、ナマズの蒲焼きなどが食べられる店もあるので、遊びに来た際は一度全て見て回ってから選んでみて。

img_3819

千代保稲荷 月並祭
毎月月末の夕方から翌日夜明け頃まで開催
住所:岐阜県海津市平田町三郷1980
駐車場:有料

串かつ 玉家
住所:岐阜県海津市平田町三郷1997
Tel:0584-66-2294
営業時間:9:00~17:00※月末、年末年始は早朝まで営業
Close:不定休

“Text,Photo:中川 直幸”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 日曜以外は深夜3時まで営業-「辨慶(べんけい)うどん」で宴会のシメを
  2. 夏の終わりはひぐらしの声を聞きながら廃校をリノベーションしたカフェでゆったりと
  3. 気軽に絶景ハント!20分で心と体のリフレッシュ「大文字山」登山
  4. みやこつづり-一頁目
  5. 京都から2時間、関西屈指の秘境風の通り道『河内風穴』で今夏最後の涼を!

関連記事

  1. コト

    「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-2017年のテーマは「大地…

    すっかり冬の風物詩として定着したイルミネーション。全国各地で開催される…

  2. コト

    2016年12月から2017年1月末までの京都のイベント・観光情報

    2016年12月から2017年1月末までに京都の観光地で行われ…

  3. コト

    残雪も美しい美山かやぶきの里「雪灯廊(ゆきとうろう)」、そういえば2月4日が最終日

    日本人の誰もが「訪れるとなぜか懐かしく感じてしまうような場所」を原風景…

  4. コト

    2017年1月から2月末までの京都の観光地で行われるイベントや年中行事情報

    2017年1月から2017年2月末までに京都の観光地で行われるイベ…

  5. コト

    伝統行事のようになってきた東山花灯路-2017年

    2017年3月3日から12日まで行われる東山の「花灯路」。2015…

  6. コト

    「和食」ってそもそもなんだ?-味わい・学び・体験する「京都・和食の祭典2017」が3月5日に東山「建…

    海外の旅行者から「和食ってなに?」と聞かれても「これが和食だ」と自信を…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    京都の新しい楽しみ方!アートもフードもごっちゃ混ぜ、お店主催の音楽イベントが面白…
  2. タビ・アソビ

    喧騒を忘れて紅葉ウォークを楽しめる市内の穴場スポット「宝ヶ池公園」
  3. コト

    「和食」ってそもそもなんだ?-味わい・学び・体験する「京都・和食の祭典2017」…
  4. タベモノ

    創業から50年以上変わらないホットケーキ-京都「梅香堂」で至福のスイーツタイムを…
  5. コト

    京都や近郊の定番ライトアップイベントプレイバック
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。