コト

「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-2017年のテーマは「大地」

すっかり冬の風物詩として定着したイルミネーション。全国各地で開催されるイベントの中でも、使用している電球やLEDなど最大級なのが「なばなの里」。今年は「大地」をテーマに世界の絶景を演出してくれるそう。

高さ 約 30 m 、横幅 約 155 m という大パノラマのイルミネーション

img_2032%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

世界四大陸の秘境をはじめ、日本の絶景まで、自然が作る雄大で美しい景観や、想像を超える情景の移ろいを国内最大級のスケールと、世界最高峰のプログラミング技術により色鮮やかに、表現力豊かに演出してくれる。

光によって浮かび上がる絶景は5つ。

アメリカ大陸 モニュメントバレー
アメリカの原風景、大西部のロマンを感じる「モニュメントバレー」。先住民族が聖地と呼んだ神秘の荒野、茶褐色の地層は、2億7千万年の地球の歴史と大自然の驚異を感じる仕上がりに。世界一美しい朝日とも言われる夜明けから、自然の営みを演出する感動のシーンまで目が離せなくなるはず。

南極大陸
何万年もの間、融けることのない巨大な氷河や氷山。極地に生きる野生動物のペンギンやクジラのドラマティックな姿を描いたイルミネーションは、地球最後の秘境「南極大陸」を見事に演出。澄んだ空気の中、360度どこまでも広がる満天の星空や、天空に光が織りなすオーロラの出現など、白い大陸に広がる、見たこともない神秘的な美しさが印象的。

アフリカ大陸
輝く太陽、キリンやゾウなどの様々な野生動物達の力強いシルエットがオアシスの水辺に映る。アフリカを象徴する「バオバブ」など、サバンナに生きる野生動物や自然を舞台に、雄大に広がる情景は、母なる大地アフリカの神秘を実感できるはず。

img_2027%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ユーラシア大陸 プリトヴィツェ湖群国立公園
“世界で最も美しい滝がある場所”として知られる世界遺産「プリトヴィツェ湖群国立公園」がモチーフ。大小いくつものエメラルドグリーンの湖と滝が織りなす情景は、見どころナンバーワンかも。楽園からは、鳥たちのさえずりが聞こえ、豊かな自然が満ちる躍動的な光景を演出。特におすすめは、秋になり葉がいろづき始め、鮮やかさを増していく情景だそう。

img_2010%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

棚田
千枚田とも呼ばれる棚田の風景は、日本が持つ美しい原風景。四季の移ろいの中で、そして、一日の中でさえ、さまざまに表情を変える情景に注目したそう。棚田の水面に映る青空には、白い雲が映り込み、山々に生命力を感じる。夕焼けで鏡のように輝き、茜色に染まる感動の瞬間は叙情的。また、美しい満月の光が、夜の棚田を照らし、ホタルの幽玄な光が舞う演出などもみどころ。

他にも見どころは満載

img_2041

新しく出現したラストに構える100mの光のトンネル。秋をイメージした演出は、緑色から赤に変わる絶妙な色使いに、うっとり。繊細で美しい、和の色彩感覚に注目を。もちろんお出迎えは、200mの光のトンネル。

また、水上のイルミネーションとしては国内最大級の「光の大河」など、「行ってみたい、見てみたい」をテーマに考えられた演出は、幻想的な世界旅行への入口かも。ばっちりカメラをスタンバイして、週末のお手軽世界一周を楽しもう。

img_2052%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_2067%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_2068
img_1962%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

なばなの里 イルミネーション
住所:三重県桑名市長島町駒江漆畑270番地
開催期間:2016年10/15(土)~2017年5/7(日)(205日間)
点灯時間:17時頃(日没時間等により変動有り)~営業時間終了まで
営業時間:9:00-21:00 平日・年末年始(12/31、1/1)(※12/28~30、3/1~5/7は除く)
9:00-22:00 土休日・繁忙時期(12/28~30、3/1~5/7)(※12/31、1/1は除く)
料金:入村時に「なばなクーポン」2,300円 購入が必要。(小学生以上)(なばなの里内で使える金券1,000円分付)
HP:http://www.nagashima-onsen.co.jp/
TEL:0594-41-0787

“Text,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート
  2. 京都の台湾『微風台南』で、「魯肉飯(ルーローファン)」など香辛料香るエスニックメ…
  3. イス(座布団)に枕に[無印良品]のヒッコリー座るパイプクッションが使い勝手抜群
  4. 酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目
  5. 2017年1月から2月末までの京都の観光地で行われるイベントや年中行事情報

関連記事

  1. コト

    ロームのイルミネーションは地域に還元する企業の姿勢も美しい

    正直、毎年そんなに変わらないのだけれど、およそ80万個の電球で、京都の…

  2. コト

    パワースポット「鞍馬寺」で「初寅大祭」が開催

    2017年1月3日に京都のパワースポットとしても知られる「鞍馬寺」で、…

  3. コト

    亀岡でイルミネーション企画「夢ナリエ」がスタート

    亀岡の「谷性寺」内にある「ききょうの里」で行われてきた紅葉のライトアッ…

  4. コト

    「和食」ってそもそもなんだ?-味わい・学び・体験する「京都・和食の祭典2017」が3月5日に東山「建…

    海外の旅行者から「和食ってなに?」と聞かれても「これが和食だ」と自信を…

  5. コト

    ハロウィンで盛り上がったのだから「矢田寺」の「かぼちゃ供養」へ行くべき

    12月23日は何の日かご存知でしょうか。そう、その通り京都の冬の風物詩…

  6. コト

    1月以降も楽しめる京都市内のイルミネーション-「みやこめっせwinterイルミネーション」はイマジネ…

    クリスマスを過ぎると一気に少なくなるイルミネーション。京都で有名なイル…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    週末はハーブの風香るレストラン『光の穂』でランチを
  2. キブン

    カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目
  3. タビ・アソビ

    週末旅を楽しもう-京都から車で約2時間の「モネの池」はどの時季に行っても美しい
  4. コト

    ロームのイルミネーションは地域に還元する企業の姿勢も美しい
  5. タビ・アソビ

    紅葉に人が集中している今だからこそ港まち神戸の夜景をひとり占めできるチャンス
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。