コト

ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに親しむ会」

京都市右京区の花園エリアにある日本最大の禅寺「妙心寺」。昔あった公卿の邸の庭には、四季折々多彩な花が咲いたことから、花園と呼ばれるようになったという。妙心寺の塔頭には、綺麗な花を咲かせる塔頭がいくつもある。沙羅双樹で有名な「東林院」はその代表格だろう。ここは半年に一度ほど一般公開されており、現在10月16日までは、夜間の特別拝観が開催されている。

梵燈の灯りにゆらゆらと、苔庭が揺れるような幻想的な空間

img_0549%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

周囲を竹やぶに囲まれている「東林院」。沙羅双樹の庭園や、枯山水の庭園を眺めながら水琴窟の音色に耳を傾ける。多くの粋人達が訪れる名刹で、現在幻想的なイベントが開催されている。

住職手作りのあかり瓦「梵燈」に、ろうそくを灯し、小さな灯りだけで庭を楽しむ「梵燈のあかりに親しむ会」。ゆらゆらとゆらめき光るろうそくの灯りは、微妙な陰影を庭園の石や木々に落とす。虫の声や微かに聞こえる水琴窟の音色も相まって、こちらは幻想的な空間となる。

煩悩を消し去るお寺の鐘の音を梵鐘という。「梵燈に親しむ」とあるが、梵燈には梵鐘と同じくお寺の灯りという意味が込められているそう。

img_0529

妙心寺派の教えとは

妙心寺派の教えには、生活の信条と信心のことばがある。体と心の所作を記したこの言葉を記憶の片隅に置いて、ゆっくりと庭を眺めるのもいいかもしれない。

生活信条

一日一度は静かに坐って 身と呼吸と心を調えましょう
人間の尊さにめざめ 自分の生活も他人の生活も大切にしましょう
生かされている自分を感謝し 報恩の行を積みましょう

信心のことば

わが身をこのまま空なりと観じて、静かに坐りましょう
衆生は本来仏なりと信じて、拝んでゆきましょう
社会を心の花園と念じて、和やかに生きましょう

(HPより引用:http://www.myoshinji.or.jp/about/index.html)

また東林院内ではお茶席も用意されており、抹茶や珈琲が味わえる。

img_0539

妙心寺 東林院 「梵燈のあかりに親しむ会」
■入山料:500円
■住所:京都府京都市右京区花園妙心寺町64
■電話:075-463-3121
■開催期間:2016年10月7日〜10月16日
■時間:18:00-21:00(入山20:30ラスト)
■駐車場:あり
■HP:http://www.myoshinji.or.jp/
注意事項-三脚使用不可。一脚使用可。

“Text,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 残雪も美しい美山かやぶきの里「雪灯廊(ゆきとうろう)」、そういえば2月4日が最終…
  2. 京都から車で3時間超-岐阜の断崖絶壁の絶景「川浦渓谷(かおれけいこく)」がスリル…
  3. 場にふさわしくない絶世の美女と大衆酒場における出会いについて-酔いどれ譚九夜目
  4. 2016年11月-12月の京都のイベント情報
  5. 関西の穴場絶景-湖に浮かぶ神社、夕日に燃える兵庫県「銀山湖」

関連記事

  1. コト

    「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-2017年のテーマは「大地…

    すっかり冬の風物詩として定着したイルミネーション。全国各地で開催される…

  2. コト

    「和食」ってそもそもなんだ?-味わい・学び・体験する「京都・和食の祭典2017」が3月5日に東山「建…

    海外の旅行者から「和食ってなに?」と聞かれても「これが和食だ」と自信を…

  3. コト

    2016年12月から2017年1月末までの京都のイベント・観光情報

    2016年12月から2017年1月末までに京都の観光地で行われ…

  4. コト

    パワースポット「鞍馬寺」で「初寅大祭」が開催

    2017年1月3日に京都のパワースポットとしても知られる「鞍馬寺」で、…

  5. コト

    伝統行事のようになってきた東山花灯路-2017年

    2017年3月3日から12日まで行われる東山の「花灯路」。2015…

  6. コト

    京都市内を一望できる将軍塚「青龍殿」のライトアップがスタート-ガラスの茶室は幻想的

    京都東山にある天台宗の『青蓮院(しょうれんいん)』で2016年10月2…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    すすきの見頃を過ぎ、現実離れした赤茶色の色彩が美しい兵庫県「砥峰高原」へ-ノルウ…
  2. タビ・アソビ

    京都から2時間、関西屈指の秘境風の通り道『河内風穴』で今夏最後の涼を!
  3. ヒト

    『アトリエにちか』福田さんのセレクトの楽しみ方-アトリエにちか 福田 景子さん
  4. キブン

    カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目
  5. タビ・アソビ

    とりあえず京都の夜景は将軍塚
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。