コト

京都府立植物園のイルミネーションは200円でここまで楽しめる穴場スポット

毎年開催される「京都府立植物園」のイルミネーションイベント。訪れた家族やカップルは、約10万個のLEDで幻想的にライトアップされた園内を、ベンチに座って眺めたり、写真におさめたりして楽しんでいた。またここのイルミネーションは映画「僕は明日、昨日の君とデートする」でも使用されているらしく、映画のシーンを真似て撮影する人もちらほら。

おすすめスポット紹介

まず、「京都府立植物園」のイルミネーションイベントは、思っているほど人が混み合っておらず、三脚を使っての撮影も可。「観覧温室夜間開室」では使用は不可になっていたり、混雑するところでの使用を自粛すれば、思う存分写真撮影に専念できることから、カメラが趣味という人にとってはあつらえむき。中でも撮影スポットとして人気だったのは2箇所。

一つ目は北大路通り側の正門から入ってすぐの高橋匡太氏による「くすのき並木」のクリスマスカラーライトアップ。LEDで赤や緑、白など多彩に変化する光が、並木道をまるで別世界への入口のように演出。200メートルほどの距離を足取り軽く、弾むような気持ちで歩けるはず。

二つ目は、映画でも使われたというイルミネーションがある北山門すぐの広場の「トウカエデ」。高さ約20メートルのイルミネーションとライトアップされた噴水が、目の前の池に逆さに映るフォトジェニックな光景が撮影できる。

観覧温室夜間開室はジャングルの中にいるよう-モンキー・オーキッドも

撮影スポット以外にも、ぜひ訪れたいのが「観覧温室」。普段は入園料以外に200円の入場料が必要な観覧温室も、イベントの期間、夜間は入場無料。今まで入ったことがない人はぜひ。

南米の多湿高地に生息し、花弁の模様などがサルの顔のように見える「ドラクラ・ギガス(通称モンキー・オーキッド)」も、現在開花中。運良く出会えた人は、愛嬌のあるサルの花をカメラにおさめていた。

外から見ると小さいように見える「観覧温室」は、ゆったり一定の速度で歩いて見て回ると、大人で20分はかかるほど内容が充実。天井まで伸びた植物がいち面を埋め尽くしている雰囲気は、テレビや写真で見るジャングルさながら。好奇心の抑えられない子ども達が、きゃっきゃと楽しそうな声をあげながら室内を走り回っていた。

この内容で、200円とリーズナブルなのが府立植物園の良いところ。人混みを避けて、ゆったりとロマンチックなクリスマスを過ごしたいカップルは、デートコースに組み込んでみては。

そのほか、園内の様子を写真ギャラリーで

日本最大級のキソウテンガイ(奇想天外)

京都府立植物園 イルミネーション2016
住所:京都市左京区下鴨半木町
期間:2016年28年12月16日(金)-12月25日(日)
入園時間:17:30-20:00(入場は19:30まで)
入園料:一般200円、高校生150円、中学生以下無料、70歳以上の方(要証明提示)と障害者手帳提示の方は無料(温室観覧料を含む)
駐車場:400円(イベント時間のみ1回)

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 【穴場】そっちの清水の舞台混んでるでしょ、こっちの舞台は空いてますよ。トイレの神…
  2. 情熱は国境を越えて-AmericanGrasssigns & Mirr…
  3. 【綺麗な写真が撮れる】京都から車で2時間半以内で行ける関西の夜景スポット5選
  4. 日本の近代化を支えた兵庫県の鉱山開発-不夜城と呼ばれた東洋一の廃選鉱場「神子畑選…
  5. 予期せぬ時点での技術の開花-酔いどれ譚十八杯目

関連記事

  1. コト

    週末はJJCrewと一緒にゴスペルを楽しもうin大山崎「cafe Moon Talk」

    画像は漫画 on web聞いたことはあるけれど、実際に聴い…

  2. コト

    2017年1月から2月末までの京都の観光地で行われるイベントや年中行事情報

    2017年1月から2017年2月末までに京都の観光地で行われるイベ…

  3. コト

    ジャポニスム2018に現代美術作家ヤノベケンジ×和紙作家堀木エリ子「SHIP’S CAT」展が参…

    2018年8月22日からパリのカルーゼル・デュ・ルーヴル内でヤノ…

  4. コト

    街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート

    京都市内を中心とする大学生の有志による「都ライト」の2016年のイベン…

  5. コト

    京都、日本、東京の移り変わりを考える古地図展がおもしろい

    およそ270年の歴史を持つ東九条の農家住宅「長谷川 歴史・文化・交流の…

  6. コト

    竹林のライトアップが幻想的な京都・嵐山花灯路2016がスタート

    渡月橋と周辺の山裾、野宮神社から大河内山荘庭園に続く竹林などを幻想的に…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    気軽に絶景ハント!20分で心と体のリフレッシュ「大文字山」登山
  2. コト

    京都府立植物園のイルミネーションは200円でここまで楽しめる穴場スポット
  3. キブン

    雪化粧のかやぶきの里と大石酒造美山蔵
  4. タビ・アソビ

    大阪市内と京都市内を眺められる「大岩山展望所」は夜に行くと本当に怖い
  5. コト

    亀岡でイルミネーション企画「夢ナリエ」がスタート
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。