コト

京都府立植物園のイルミネーションは200円でここまで楽しめる穴場スポット

毎年開催される「京都府立植物園」のイルミネーションイベント。訪れた家族やカップルは、約10万個のLEDで幻想的にライトアップされた園内を、ベンチに座って眺めたり、写真におさめたりして楽しんでいた。またここのイルミネーションは映画「僕は明日、昨日の君とデートする」でも使用されているらしく、映画のシーンを真似て撮影する人もちらほら。

おすすめスポット紹介

まず、「京都府立植物園」のイルミネーションイベントは、思っているほど人が混み合っておらず、三脚を使っての撮影も可。「観覧温室夜間開室」では使用は不可になっていたり、混雑するところでの使用を自粛すれば、思う存分写真撮影に専念できることから、カメラが趣味という人にとってはあつらえむき。中でも撮影スポットとして人気だったのは2箇所。

一つ目は北大路通り側の正門から入ってすぐの高橋匡太氏による「くすのき並木」のクリスマスカラーライトアップ。LEDで赤や緑、白など多彩に変化する光が、並木道をまるで別世界への入口のように演出。200メートルほどの距離を足取り軽く、弾むような気持ちで歩けるはず。

二つ目は、映画でも使われたというイルミネーションがある北山門すぐの広場の「トウカエデ」。高さ約20メートルのイルミネーションとライトアップされた噴水が、目の前の池に逆さに映るフォトジェニックな光景が撮影できる。

観覧温室夜間開室はジャングルの中にいるよう-モンキー・オーキッドも

撮影スポット以外にも、ぜひ訪れたいのが「観覧温室」。普段は入園料以外に200円の入場料が必要な観覧温室も、イベントの期間、夜間は入場無料。今まで入ったことがない人はぜひ。

南米の多湿高地に生息し、花弁の模様などがサルの顔のように見える「ドラクラ・ギガス(通称モンキー・オーキッド)」も、現在開花中。運良く出会えた人は、愛嬌のあるサルの花をカメラにおさめていた。

外から見ると小さいように見える「観覧温室」は、ゆったり一定の速度で歩いて見て回ると、大人で20分はかかるほど内容が充実。天井まで伸びた植物がいち面を埋め尽くしている雰囲気は、テレビや写真で見るジャングルさながら。好奇心の抑えられない子ども達が、きゃっきゃと楽しそうな声をあげながら室内を走り回っていた。

この内容で、200円とリーズナブルなのが府立植物園の良いところ。人混みを避けて、ゆったりとロマンチックなクリスマスを過ごしたいカップルは、デートコースに組み込んでみては。

そのほか、園内の様子を写真ギャラリーで

日本最大級のキソウテンガイ(奇想天外)

京都府立植物園 イルミネーション2016
住所:京都市左京区下鴨半木町
期間:2016年28年12月16日(金)-12月25日(日)
入園時間:17:30-20:00(入場は19:30まで)
入園料:一般200円、高校生150円、中学生以下無料、70歳以上の方(要証明提示)と障害者手帳提示の方は無料(温室観覧料を含む)
駐車場:400円(イベント時間のみ1回)

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目
  2. 京都市内を一望できる将軍塚「青龍殿」のライトアップがスタート-ガラスの茶室は幻想…
  3. 振り向けば奴がいる-酔いどれ譚二十杯目
  4. 京都の夜景スポット「男山展望台」は人が全然いないので、たまに人に会うと非常に恐い…
  5. SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源…

関連記事

  1. コト

    2016年12月から2017年1月末までの京都のイベント・観光情報

    2016年12月から2017年1月末までに京都の観光地で行われ…

  2. コト

    初めての十日えびす大祭(初ゑびす)を楽しもう「京都ゑびす神社」

    商売人でなくても関西人なら誰もが一度は聞いたことがある「とおかえびす(…

  3. コト

    京都イベント・観光情報カレンダー2017年2月-3月末

    2017年2月から2017年3月末までに京都の観光地で行われるイベ…

  4. コト

    「和食」ってそもそもなんだ?-味わい・学び・体験する「京都・和食の祭典2017」が3月5日に東山「建…

    海外の旅行者から「和食ってなに?」と聞かれても「これが和食だ」と自信を…

  5. コト

    日本三大勅祭のひとつ、国宝石清水八幡宮の奇祭。深夜二時から始まる幻想的な五百人夜行

    天皇の使者が派遣され行われる勅祭。中でも賀茂神社の賀茂祭(葵祭)、石清…

  6. コト

    伝統行事のようになってきた東山花灯路-2017年

    2017年3月3日から12日まで行われる東山の「花灯路」。2015…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のス…
  2. コト

    京都府立植物園のイルミネーションは200円でここまで楽しめる穴場スポット
  3. コト

    鞍馬の火祭はなぜ奇祭と呼ばれるのか-2016年版
  4. キブン

    京都の電車上から見るか横から見るか下から見るか
  5. コト

    伝統行事のようになってきた東山花灯路-2017年
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。