コト

パワースポット「鞍馬寺」で「初寅大祭」が開催

2017年1月3日に京都のパワースポットとしても知られる「鞍馬寺」で、「初寅大祭」が開催。初寅とは、その年最初の寅の日のことで、大安と同じように縁起の良い日だとか。この日に鞍馬寺に参拝すると、毘沙門天の無量の大福を授かることができるとされており、毎年多くの人が訪れるそう。行事は毘沙門天が寅の年、寅の日、寅の刻に鞍馬山に現れたことに因んでいるとか。

初寅大祭はこんな行事

虎の刻とは深夜4時前後を指し、鞍馬寺の「初寅大祭」も前日の21時頃からお経を唱える、護法魔王尊・毘沙門天王・千手観音菩薩から福を授かる、などの前夜祭が始まり、当日の午前3時を目処に「初寅大護摩供」が行われ行事自体は終了に。ただこの日は「初寅大祭」として、終日毘沙門天からの福を授かることができるそう。

本殿の中では厄除けの「あうんの虎」や、福を招くとされる「お宝札」や「大福のお札」などをいただくことができ、鞍馬寺までのケーブルが連絡がなくなる午後5時頃まで、お札を授かるため人が列をなしていた。

毘沙門天を信仰すると、武道成就・降魔厄除・家内安全・夫婦和合のご利益があるとされ、智恵と勇気の守り神でもあるそう。

「鞍馬寺」はパワースポットとしても有名

770年に鑑禎上人によって開かれたとされる「鞍馬寺」には、毘沙門天、千手観音、に加えて護法魔王尊の三位一体の「尊天」が祀られているそう。鞍馬寺の説明によると、「尊天」は宇宙の生命・エネルギーだそう。

スピリチュアルな人の話によると、本殿金堂は「龍穴」と呼ばれるエネルギーが吹き出す場所の上に建っているそう。また本殿前に、魔法陣のように描かれている金剛床の真ん中にある三角の印は、大地と宇宙を結ぶ強力なパワーが噴き出しているそうで、神聖な場所なので踏まない方が良いとか。ただ、観光スポットになっているので、週末ともなればここで願掛けをするために、行列ができるそう。

あまりに強力なパワースポットらしく、長くいるとめまいがしたり、気分が悪くなる人もいるそう。また、本殿裏から貴船につながる奥の院参道も、パワースポットとされており、時間がある人はぜひ足を運んでみて。

ケーブル前にはトイレの神様が

豆知識として、ケーブル山門前のお手洗いは「鳥樞沙摩明王殿(うすさまみょうおうでん)」と呼ばれているらしく、不浄を清浄にする炎の神様「鳥樞沙摩明王」が祀られているのだとか。姿が綺麗なのかどうかは想像すらできないけれど、この世の一切の汚れを焼き尽くす功徳を持つそうで、文献や絵巻に残る描写はとても近寄りがたい形相をしている。

鞍馬寺 初寅大祭
年始めの寅の日 ※前夜祭は寅の日前日の21時からスタート。
住所:京都市左京区鞍馬本町1074番地 鞍馬弘教総本山鞍馬寺
ケーブル運行時間:始発/山門駅(上り)・・8:40,多宝塔駅(下り)・・8:45
終発/山門駅(上り)・・16:30(1~5月・9~12月)・・17:00(6~8月),多宝塔駅(下り)・・16:35(1~5月・9~12月)・・17:05(6~8月)
入山料:大人300円、ケーブル片道大人200円,小人100円

“Text,Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. リアル神々の遊び。京都から2時間半、南知多で神話の世界を体感できる「つぶてヶ浦」…
  2. 復活した幻の酒米”渡船”-JAグリーン近江 酒米部会 会…
  3. 三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう
  4. 市内から車で2時間ほど-月末月初は商売人で賑わう岐阜の「おちょぼさん」を楽しもう…
  5. 週末はJJCrewと一緒にゴスペルを楽しもうin大山崎「cafe Moon Ta…

関連記事

  1. コト

    「京都タワー」を好きな色にライトアップ!地上100mでのプロポーズもオススメ

    お寺を始めとするランドマークのライトアップイベントが多い京都。最近では…

  2. コト

    竹林のライトアップが幻想的な京都・嵐山花灯路2016がスタート

    渡月橋と周辺の山裾、野宮神社から大河内山荘庭園に続く竹林などを幻想的に…

  3. コト

    「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-2017年のテーマは「大地…

    すっかり冬の風物詩として定着したイルミネーション。全国各地で開催される…

  4. コト

    市内から車で2時間ほど-月末月初は商売人で賑わう岐阜の「おちょぼさん」を楽しもう

    京都の「伏見稲荷」、愛知の「豊川稲荷」と並び日本三大稲荷神社と言われる…

  5. コト

    ハバネロの約5〜6倍の辛さ! 「キャロライナリーパー」を食す守山の激辛イベントに参加

    今宵は、辛さに狂って行くところまで行ってしまった人たちの話をひとつ。滋…

  6. コト

    ハロウィンで盛り上がったのだから「矢田寺」の「かぼちゃ供養」へ行くべき

    12月23日は何の日かご存知でしょうか。そう、その通り京都の冬の風物詩…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. ヒト

    情熱は国境を越えて-AmericanGrasssigns & Mirr…
  2. タベモノ

    手作りのインテリアが並ぶカフェレストラン「Moon Talk(ムーントーク)」で…
  3. ヒト

    「渡船」への思いと日本酒文化-『藤居本家』藤居鐵也さん
  4. タベモノ

    日曜以外は深夜3時まで営業-「辨慶(べんけい)うどん」で宴会のシメを
  5. コト

    ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。