コト

残雪も美しい美山かやぶきの里「雪灯廊(ゆきとうろう)」、そういえば2月4日が最終日

日本人の誰もが「訪れるとなぜか懐かしく感じてしまうような場所」を原風景というそう。京都では美山の「かやぶきの里」がその一例。電車は通っていないけれど、いつ訪れても心が和むような、山紫水明の景色を楽しむために、毎年国内外から多くの人が足を運ぶとか。特に春の桜や秋の紅葉時にはカメラと三脚を持参し、半日かけて撮影を楽しむカメラマンもいるのだそう。だけれどこちらの魅力は、桜や紅葉といった自然がもたらすものだけではない。火災予防のために春と秋に行う一斉放水や、水田の田植えなど、自然の中での暮らしを楽しむ人たちが作り出す景色も美しい。立春まで行われている冬季限定の「雪灯廊(ゆきとうろう)」はその代表格。

「雪灯廊(ゆきとうろう)」は2月4日が最終日

紹介しておいて、もう終わるというのが寂しいところ。毎年、冷たい雪と温かみを感じるろうそくやLEDの灯りのコントラストが、カメラマンを唸らせる絶景を生み出してくれる。雪が降り積もっている時は、里全体が白くなり、家屋の明かりと燈篭の灯りが浮き上がるような景色が楽しめる。今年(2017年)のように、積雪が少なく、残雪が地面に残っているような場合だと、家屋の輪郭がはっきりと見え、そこで暮らす人の息遣いも写真におさめられるような気がしてくる。

かやぶきの里で雪灯籠の制作を楽しむ海外からやってきた家族

雪灯籠制作体験や、和楽器ライブなど里の暮らしを楽しめる企画も盛りだくさん

この時期は観光客が一日中溢れているらしく、通常の飲食店だけでなく、地元グルメの特別出店ブースや、和楽器でのライブ、春乃流による日本舞踊なども楽しめるそう。海外からの観光客に人気なのは「雪灯籠の制作体験」なのだとか。この日は19時くらいに訪れたのだけれど、数組のグループが雪灯籠作りをきゃっきゃと楽しんでいた。

写真で確かめて

このイベントの魅力を写真で紹介。もしかしたら雪は残っていないかもしれないけれど、お祭り気分が楽しめそう。カメラを持っていいって幻想的な写真撮影を楽しんできて。

かやぶきの里 雪灯廊(ゆきとうろう)
住所:京都府南丹市美山町北揚石21−1
開催期間:2017年1月28日-2月4日 20時まで
駐車場:あり
トイレ:あり
HP:http://www.yukitouro.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. ヘナ(ハーブ)カラートリートメントのメリットやデメリットを京都烏丸御池のヘアサロ…
  2. 海外からの旅行者の好奇心が強くてハラハラした話
  3. 鞍馬の火祭はなぜ奇祭と呼ばれるのか-2016年版
  4. アーティストやクリエーターが集まるビルのカフェランチ
  5. 高台寺秋の夜間特別拝観がスタート-ライトアップのテーマは「輪廻」

関連記事

  1. コト

    伝統行事のようになってきた東山花灯路-2017年

    2017年3月3日から12日まで行われる東山の「花灯路」。2015…

  2. コト

    初めての十日えびす大祭(初ゑびす)を楽しもう「京都ゑびす神社」

    商売人でなくても関西人なら誰もが一度は聞いたことがある「とおかえびす(…

  3. コト

    街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート

    京都市内を中心とする大学生の有志による「都ライト」の2016年のイベン…

  4. コト

    「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-2017年のテーマは「大地…

    すっかり冬の風物詩として定着したイルミネーション。全国各地で開催される…

  5. コト

    ハロウィンで盛り上がったのだから「矢田寺」の「かぼちゃ供養」へ行くべき

    12月23日は何の日かご存知でしょうか。そう、その通り京都の冬の風物詩…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タベモノ

    1976年創業。京都『高木珈琲店』のラム酒香るプリンでちょっと休憩
  2. キブン

    「京都大原三千院」の紅葉を見過ごしてしまった方に-紅葉写真館
  3. タベモノ

    三田の森の中にあるカフェ「吹上の森」で秋の訪れを感じよう
  4. タビ・アソビ

    まだ知られていない京都-長岡京柳谷観音「楊谷寺」の名勝庭園は山の急斜面に造られた…
  5. タビ・アソビ

    ススキにも負けない銀色の夕景-琵琶湖最大の内湖「西の湖」のヨシの花が見頃
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。