コト

残雪も美しい美山かやぶきの里「雪灯廊(ゆきとうろう)」、そういえば2月4日が最終日

日本人の誰もが「訪れるとなぜか懐かしく感じてしまうような場所」を原風景というそう。京都では美山の「かやぶきの里」がその一例。電車は通っていないけれど、いつ訪れても心が和むような、山紫水明の景色を楽しむために、毎年国内外から多くの人が足を運ぶとか。特に春の桜や秋の紅葉時にはカメラと三脚を持参し、半日かけて撮影を楽しむカメラマンもいるのだそう。だけれどこちらの魅力は、桜や紅葉といった自然がもたらすものだけではない。火災予防のために春と秋に行う一斉放水や、水田の田植えなど、自然の中での暮らしを楽しむ人たちが作り出す景色も美しい。立春まで行われている冬季限定の「雪灯廊(ゆきとうろう)」はその代表格。

「雪灯廊(ゆきとうろう)」は2月4日が最終日

紹介しておいて、もう終わるというのが寂しいところ。毎年、冷たい雪と温かみを感じるろうそくやLEDの灯りのコントラストが、カメラマンを唸らせる絶景を生み出してくれる。雪が降り積もっている時は、里全体が白くなり、家屋の明かりと燈篭の灯りが浮き上がるような景色が楽しめる。今年(2017年)のように、積雪が少なく、残雪が地面に残っているような場合だと、家屋の輪郭がはっきりと見え、そこで暮らす人の息遣いも写真におさめられるような気がしてくる。

かやぶきの里で雪灯籠の制作を楽しむ海外からやってきた家族

雪灯籠制作体験や、和楽器ライブなど里の暮らしを楽しめる企画も盛りだくさん

この時期は観光客が一日中溢れているらしく、通常の飲食店だけでなく、地元グルメの特別出店ブースや、和楽器でのライブ、春乃流による日本舞踊なども楽しめるそう。海外からの観光客に人気なのは「雪灯籠の制作体験」なのだとか。この日は19時くらいに訪れたのだけれど、数組のグループが雪灯籠作りをきゃっきゃと楽しんでいた。

写真で確かめて

このイベントの魅力を写真で紹介。もしかしたら雪は残っていないかもしれないけれど、お祭り気分が楽しめそう。カメラを持っていいって幻想的な写真撮影を楽しんできて。

かやぶきの里 雪灯廊(ゆきとうろう)
住所:京都府南丹市美山町北揚石21−1
開催期間:2017年1月28日-2月4日 20時まで
駐車場:あり
トイレ:あり
HP:http://www.yukitouro.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. リアル神々の遊び。京都から2時間半、南知多で神話の世界を体感できる「つぶてヶ浦」…
  2. 酒場での出会い:酔いどれ譚四杯目
  3. 奈良十津川村、断崖絶壁から絶景をのぞむカフェ「瀞(どろ)ホテル」に圧倒される
  4. ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
  5. 自家焙煎の水出しコーヒー、食べられる紅茶、バーガーにヘアサロン!?京都水族館近く…

関連記事

  1. コト

    市内から車で2時間ほど-月末月初は商売人で賑わう岐阜の「おちょぼさん」を楽しもう

    京都の「伏見稲荷」、愛知の「豊川稲荷」と並び日本三大稲荷神社と言われる…

  2. コト

    鞍馬の火祭はなぜ奇祭と呼ばれるのか-2016年版

    2016年10月22日は、京都に人が集まる日。昼は京都の三大祭「時代祭…

  3. コト

    京都府立植物園のイルミネーションは200円でここまで楽しめる穴場スポット

    毎年開催される「京都府立植物園」のイルミネーションイベント。訪れた家族…

  4. コト

    京都や近郊の定番ライトアップイベントプレイバック

    京都や近郊で行われたライトアップイベントで、定番のイベントをまとめまし…

  5. コト

    亀岡でイルミネーション企画「夢ナリエ」がスタート

    亀岡の「谷性寺」内にある「ききょうの里」で行われてきた紅葉のライトアッ…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野
  2. タビ・アソビ

    京都市内の喧騒を抜けて「長谷ダム」でスリルと紅葉の感動を
  3. タビ・アソビ

    喧騒を忘れて紅葉ウォークを楽しめる市内の穴場スポット「宝ヶ池公園」
  4. コト

    残雪も美しい美山かやぶきの里「雪灯廊(ゆきとうろう)」、そういえば2月4日が最終…
  5. タベモノ

    京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。