コト

日本三大勅祭のひとつ、国宝石清水八幡宮の奇祭。深夜二時から始まる幻想的な五百人夜行

天皇の使者が派遣され行われる勅祭。中でも賀茂神社の賀茂祭(葵祭)、石清水八幡宮の石清水祭、春日大社の春日祭は「三勅祭」と呼ばれている。その三勅祭でも特殊な祭典が国宝石清水八幡宮で2016年9月15日に開催された「石清水祭」だ。

日本三大勅祭なのに、地元京都でも知っている人が少ない

img_8970%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

深夜0時を過ぎた頃、普段は18時で営業が終わる男山ケーブルに続々と人が集まってくる。彼らの目的は年に一度開かれる「石清水祭」。

日本三大勅祭の賀茂神社の賀茂祭(葵祭)、春日大社の春日祭は、全国的にも認知度が高いが、京都に住んでいても知っている人が少ないのがこの催事の特徴だ。無理もない、この祭典は深夜2時から始まりので、見学者も残りのふたつと比べると極端に少なくなる。(そのことから私が勝手に「奇祭」と呼んでいる。本当は勅祭なので、「奇祭」というと失礼にあたるけれど、そこはご容赦いただきたい)

今回、見学者の中には海外から旅行にきたと思われる人の姿も見えた。にも関わらず、京都に住んでいる人がこの祭りの魅力を知らないなんてもったいない。

この祭典はとても幻想的で、水曜から夜更かしをしても見る価値があった。

img_8742%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

古の衣装に身を包む神人。

img_8835%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

深夜2時頃、参道の両側には見学者が集まってきた。中には海外からの旅行者と見られる人もちらほら。




雅楽の音色のようにゆらりゆらり、五百人夜行が山上の本殿から麓を目指す

深夜2時から本殿内で始まった祭典は、3時を過ぎた頃、500人の神人たちが雅楽の音色とともに、本殿から姿を現し麓に向けて行進を開始する。その姿は本当に幻想的だった。ぼんやりと灯る石灯籠。ゆらり、ゆらり、揺れる提灯、古い故実に則った姿をした神人たち、「動く古典」と称される五百人夜行には、浮世を離れた「雅」を感じてしまう。

この祭典は863年に、八幡大神様が男山の裾を流れる放生川に魚や鳥を放ち「生きとし生けるもの」の平安の幸福を願う祭儀として始めたそう。だったら昼でもいいのではないか、と思わずにはいられないのだけれど、それから楽人舞人が舞楽を始めたり、神輿の渡御を行い華やかになったり、1469~87年以降200年にわたり中止になったり、様々なことがあり現在の形になったそう。

ちなみに、この祭典は深夜2時から始まり、夕方まで続くのだけれど、詳しい内容は以下のHPリンク参照。

ぜひ、来年の9月15日にはこの珍しい祭典の幻想的な雰囲気を体験してほしい。

以下写真ギャラリー

img_8749 img_8755%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_8857%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc img_8942%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

石清水祭
後世に残したい京を代表する祭り度 ★★★★★
■時期:9月15日 深夜2時〜
■場所:京都府八幡市八幡高坊30 石清水八幡宮
■問い合わせ:075-981-3001
■HP:http://www.iwashimizu.or.jp/event/chokusai.html

“Text,Photo:中川 直幸”




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 鬼の声が聞こえる?京都の絶景「立岩」で神秘体験に耳を傾けて
  2. 京都市内から電車で約2時間-誰でも綺麗な写真が撮れる関西空港でロマンティックな夕…
  3. 「せっけんハミガキ」を半年使って感じたメリットとデメリットをつらつらと
  4. BBQやアウトドアで活躍する良い香りの天然由来虫除けスプレー
  5. はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚

関連記事

  1. コト

    街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート

    京都市内を中心とする大学生の有志による「都ライト」の2016年のイベン…

  2. コト

    「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-2017年のテーマは「大地…

    すっかり冬の風物詩として定着したイルミネーション。全国各地で開催される…

  3. コト

    京都府立植物園のイルミネーションは200円でここまで楽しめる穴場スポット

    毎年開催される「京都府立植物園」のイルミネーションイベント。訪れた家族…

  4. コト

    京都にきたら極楽浄土を体験して。西本願寺のライトアップは10月10日まで

    正式名称「龍谷山 本願寺」。浄土真宗本願寺派の本山で、近くにある真言宗…

  5. コト

    ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに親しむ会」

    京都市右京区の花園エリアにある日本最大の禅寺「妙心寺」。昔あった公卿の…

  6. コト

    伝統行事のようになってきた東山花灯路-2017年

    2017年3月3日から12日まで行われる東山の「花灯路」。2015…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    京都の新しい楽しみ方!アートもフードもごっちゃ混ぜ、お店主催の音楽イベントが面白…
  2. タベモノ

    京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ
  3. タビ・アソビ

    週末旅を楽しもう-京都から車で約2時間の「モネの池」はどの時季に行っても美しい
  4. タビ・アソビ

    高さ、これ大丈夫か度、えっまだ半分しかいってないの感、スリルを感じるすべての要素…
  5. コト

    文学界の名作の謎に挑戦する「リドルストーリーに本当の終止符を」イベント開催
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。