コト

本好きの人が集まる「一箱古本市」が京都烏丸五条近くのコワーキングスペース「京創舎」で1月29日(日)開催

「本を通して人と繋がる」をテーマにした「一箱古本市」が、京都烏丸五条近くの子ワーキングスペース「京創舎」で1月29日(日)開催されます。「一箱古本市」とは、店の軒先を借りて、ダンボール箱ひとつ分の古本を販売したのが始まりだとか。通常の古本市との大きな違いは、売り手は本屋のように、屋号をつけたり、ポップを作ったりして、一日だけの本屋さんを楽しむのだそう。

ひと箱古本市 in 京創舎の魅力

「ひと箱古本市 in 京創舎」の会場となる「コワーキング∞ラボ京創舎(きょうそうしゃ)」は、築年数およそ90年の町家を改装したコワーキングスペースとシェアオフィス。ただ働く場所、というわけではなく「暮らし」をテーマにイベントの開催や、プロダクトを生み出す拠点として幅広く活動。今回は館長の高橋さんの趣味だという読書に焦点をあて、本好きが集まるイベントを企画。「暮らしを豊かにする本を通して、人と人が繋がる空間が創れたら嬉しい」とのこと。

町家だけにスペースは小さいものの、現在13人の出店者が集まっているそう。京都を中心に、大阪や滋賀など住んでいる場所や働く場所も違う人が「本が好き」という共通点だけで集まっているとか。映画やドラマの原作を中心とした小説を扱う人や、疲れた心を癒すスピリチュアルな本をセレクトする人、絵本を扱う人など、それぞれの個性がキラリと光る本屋さんが実際に読んで、人におすすめしたいものを提案してくれるのだとか。

会場では、無料のお菓子やドリンクを提供してくれるそう。入場時に100円が必要。小学生以下は無料。日曜日の昼下がりに、素敵な本と人との出会いを楽しみたい人はぜひ足を運んでみて。

ひと箱古本市 in 京創舎
会場:京都府京都市下京区葛籠屋町519
開催日:2017年1月29日(日)
時間:14:00-17:00
入場料:100円(来場者、出店者全員。小学生以下は無料)
お菓子とドリンクは食べ飲み放題
FB:ひと箱古本市 in 京創舎

“Text:中川 直幸,Image:提供”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 立春朝搾り-酔いどれ譚十五杯目
  2. 振り向けば奴がいる-酔いどれ譚二十杯目
  3. 「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-201…
  4. 小説・映画にもなった赤目四十八滝で滝三昧
  5. 京都の新しい楽しみ方!アートもフードもごっちゃ混ぜ、お店主催の音楽イベントが面白…

関連記事

  1. コト

    「和食」ってそもそもなんだ?-味わい・学び・体験する「京都・和食の祭典2017」が3月5日に東山「建…

    海外の旅行者から「和食ってなに?」と聞かれても「これが和食だ」と自信を…

  2. コト

    京都や近郊の定番ライトアップイベントプレイバック

    京都や近郊で行われたライトアップイベントで、定番のイベントをまとめまし…

  3. コト

    京都、日本、東京の移り変わりを考える古地図展がおもしろい

    およそ270年の歴史を持つ東九条の農家住宅「長谷川 歴史・文化・交流の…

  4. コト

    伝統行事のようになってきた東山花灯路-2017年

    2017年3月3日から12日まで行われる東山の「花灯路」。2015…

  5. コト

    2016年12月から2017年1月末までの京都のイベント・観光情報

    2016年12月から2017年1月末までに京都の観光地で行われ…

  6. コト

    ロームのイルミネーションは地域に還元する企業の姿勢も美しい

    正直、毎年そんなに変わらないのだけれど、およそ80万個の電球で、京都の…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート
  2. タビ・アソビ

    【綺麗な写真が撮れる】京都から車で2時間半以内で行ける関西の夜景スポット5選
  3. モノ・ビヨウ

    一日中家にいる時は、オーロシーカのお香で気分を変えて。
  4. タビ・アソビ

    【穴場】そっちの清水の舞台混んでるでしょ、こっちの舞台は空いてますよ。トイレの神…
  5. キブン

    予期せぬ時点での技術の開花-酔いどれ譚十八杯目
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。