コト

竹林のライトアップが幻想的な京都・嵐山花灯路2016がスタート

渡月橋と周辺の山裾、野宮神社から大河内山荘庭園に続く竹林などを幻想的に照らす「京都・嵐山花灯路2016」が12月9日よりスタート。外国人観光客や家族づれなど多くの人で賑わっていた。特に人気だったのは野宮神社付近の竹林で、細い道は立ち止まって撮影する人が塞いで通れないほど。

毎年100万人を超える人が来場

img_4055

すっかり京都の冬の風物詩として定着した嵐山の花灯路は、「思わず歩きたくなる路」をテーマに、2005年からスタート。2011年には来場者が100万にを突破し、海外からの旅行客も数多く訪れ、暖かく照らされた幻想的な古都の街を堪能していた。
町や公園を優しく照らす手書きの行灯は、中之島公園会場でオリジナルのものを制作、展示ができるとか。描いたイラストは縮小コピーして、ミニチュア行灯として持ち帰れるのが嬉しい。※有料。
長神の社では、嵐山花灯路へのメッセージなどを書いたシールを、大型行灯に貼り付ける参加型のイベント「コトノハ行灯」を無料で開催している。
会場には、京都いけばな協会によるいけばなの展示が各所で行われ、花灯路に文字通り華を添えていた。

img_4062 img_4056

年々洗練されていく花灯路。参加型のイベントも多くなっているので、多少人は多いものの家族や友人、誰と行っても楽しめること間違いなし。混雑を緩和するなら平日が狙い目。土日は車での移動はかなり混雑することが予想されるので、ご覚悟を。駐輪場もあるので、自転車でいくのがおすすめ。三脚は禁止されていないものの、人の多い場所での使用は控えた方がいいかも。

img_4076 img_4032

京都・嵐山花灯路2016
開催期間:2016年12月9日-12月18日
時間:17:00-20:30
駐車場:なし

“Text,Photo:中川 直幸”







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. イス(座布団)に枕に[無印良品]のヒッコリー座るパイプクッションが使い勝手抜群
  2. 2017年4月に京都で行われるイベントや観光情報
  3. ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに…
  4. 酒場で繰り返されるべき話:酔いどれ譚六話目
  5. 「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-201…

関連記事

  1. コト

    初めての十日えびす大祭(初ゑびす)を楽しもう「京都ゑびす神社」

    商売人でなくても関西人なら誰もが一度は聞いたことがある「とおかえびす(…

  2. コト

    ハバネロの約5〜6倍の辛さ! 「キャロライナリーパー」を食す守山の激辛イベントに参加

    今宵は、辛さに狂って行くところまで行ってしまった人たちの話をひとつ。滋…

  3. コト

    2017年4月に京都で行われるイベントや観光情報

    2017年4月に京都の観光地で行われるイベント情報をまとめまし…

  4. コト

    ロームのイルミネーションは地域に還元する企業の姿勢も美しい

    正直、毎年そんなに変わらないのだけれど、およそ80万個の電球で、京都の…

  5. コト

    ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに親しむ会」

    京都市右京区の花園エリアにある日本最大の禅寺「妙心寺」。昔あった公卿の…

  6. コト

    街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート

    京都市内を中心とする大学生の有志による「都ライト」の2016年のイベン…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    すすきの見頃を過ぎ、現実離れした赤茶色の色彩が美しい兵庫県「砥峰高原」へ-ノルウ…
  2. タビ・アソビ

    【綺麗な写真が撮れる】京都から車で2時間半以内で行ける関西の夜景スポット5選
  3. タビ・アソビ

    まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃
  4. タビ・アソビ

    文献史上最古の「羽衣伝説」。神秘的な天女の逸話を感じながら、沈むような深い青色の…
  5. タビ・アソビ

    京都美山のかやぶきの里は日の入り前後の30分が絶景タイム
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。