コト

伝統行事のようになってきた東山花灯路-2017年


2017年3月3日から12日まで行われる東山の「花灯路」。2015年から始まった穏やかなあかりで道を照らすイベントなのだけれど、もう伝統行事のような落ち着いた雰囲気が漂っている。観光客と思われる人は相変わらず多いけれど、ふらっと足を運ぶ地元の若者が少ないように感じた。始まった当初は物珍しさが手伝い、大学生のカップルも多かった気がする。

10年以上も続けるのはすごい


毎年ちょっとずつ変化を加えて10年以上も続けているイベントはなかなか無いはず。このイベントが始まった当時は、まだ大学生で、友人や恋人と足を運んだけれど、現在はちょっと感じ方が異なっている。当時は東山の道を柔らかなあかりで照らすイベントが目新しく、1度の開催期間に一緒にいく人を変え、なんども足を運んだのだけれど、10年以上経った現在は「お、今年も始まったな」という感覚で楽しんでいる。これは伝統行事が行われるときの感覚と変わらない。
「teamLab(チームラボ)」が下鴨神社でライトアップイベントをしたり、結婚式ではプロジェクションマッピングが行われたり、光を使った非日常の演出が当たり前になり、刺激がなくなったからかもしれない。
期間で区切ると、100年以上続く催しが伝統行事なのかもしれないけれど、気持ちとしては「お、今年もこの時季か」と感じるものが伝統行事になるのではないだろうか。そんなことを思いながら歩いていると、お坊さんが路上で尺八ライブをしていて、そこにはちょっとした人だかりができていた。そういえば毎年見ているような気がするけれど、ここはいつも人がいるような気がする。
若い人も、ご年配も外国の旅行者も、多くの人が足を止めるお坊さんの音楽ライブがあっても面白いかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 2016年11月-12月の京都のイベント情報
  2. 予期せぬ時点での技術の開花-酔いどれ譚十八杯目
  3. 西日本最大と言われる蛍鑑賞スポット亀岡西別院町犬甘野
  4. まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃
  5. 京都の夜景スポット「男山展望台」は人が全然いないので、たまに人に会うと非常に恐い…

関連記事

  1. コト

    残雪も美しい美山かやぶきの里「雪灯廊(ゆきとうろう)」、そういえば2月4日が最終日

    日本人の誰もが「訪れるとなぜか懐かしく感じてしまうような場所」を原風景…

  2. コト

    ともしびの灯りをぼんやりと-妙心寺・東林院のライトアップイベント「梵燈のあかりに親しむ会」

    京都市右京区の花園エリアにある日本最大の禅寺「妙心寺」。昔あった公卿の…

  3. コト

    2017年1月から2月末までの京都の観光地で行われるイベントや年中行事情報

    2017年1月から2017年2月末までに京都の観光地で行われるイベ…

  4. コト

    街を照らす穏やかな暮らしの灯り感じる「都ライト」がスタート

    京都市内を中心とする大学生の有志による「都ライト」の2016年のイベン…

  5. コト

    亀岡でイルミネーション企画「夢ナリエ」がスタート

    亀岡の「谷性寺」内にある「ききょうの里」で行われてきた紅葉のライトアッ…

  6. コト

    「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-2017年のテーマは「大地…

    すっかり冬の風物詩として定着したイルミネーション。全国各地で開催される…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    日本一大きな鳥居は平安神宮ではなく、神が舞い降りた地「大斎原」の大鳥居
  2. タビ・アソビ

    日本の近代化を支えた兵庫県の鉱山開発-不夜城と呼ばれた東洋一の廃選鉱場「神子畑選…
  3. キブン

    年下ヒーローと「ハブァ ナイストリップ」少年-酔いどれ譚
  4. タベモノ

    山の中のカフェ登録有形文化財「茂庵」でのーんびり
  5. コト

    「なばなの里」が気になっている人にも毎年訪れる人にも、とりあえず2016-201…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。