コト

伝統行事のようになってきた東山花灯路-2017年


2017年3月3日から12日まで行われる東山の「花灯路」。2015年から始まった穏やかなあかりで道を照らすイベントなのだけれど、もう伝統行事のような落ち着いた雰囲気が漂っている。観光客と思われる人は相変わらず多いけれど、ふらっと足を運ぶ地元の若者が少ないように感じた。始まった当初は物珍しさが手伝い、大学生のカップルも多かった気がする。

10年以上も続けるのはすごい


毎年ちょっとずつ変化を加えて10年以上も続けているイベントはなかなか無いはず。このイベントが始まった当時は、まだ大学生で、友人や恋人と足を運んだけれど、現在はちょっと感じ方が異なっている。当時は東山の道を柔らかなあかりで照らすイベントが目新しく、1度の開催期間に一緒にいく人を変え、なんども足を運んだのだけれど、10年以上経った現在は「お、今年も始まったな」という感覚で楽しんでいる。これは伝統行事が行われるときの感覚と変わらない。
「teamLab(チームラボ)」が下鴨神社でライトアップイベントをしたり、結婚式ではプロジェクションマッピングが行われたり、光を使った非日常の演出が当たり前になり、刺激がなくなったからかもしれない。
期間で区切ると、100年以上続く催しが伝統行事なのかもしれないけれど、気持ちとしては「お、今年もこの時季か」と感じるものが伝統行事になるのではないだろうか。そんなことを思いながら歩いていると、お坊さんが路上で尺八ライブをしていて、そこにはちょっとした人だかりができていた。そういえば毎年見ているような気がするけれど、ここはいつも人がいるような気がする。
若い人も、ご年配も外国の旅行者も、多くの人が足を止めるお坊さんの音楽ライブがあっても面白いかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. まだ知られていない京都-長岡京柳谷観音「楊谷寺」の名勝庭園は山の急斜面に造られた…
  2. 残雪も美しい美山かやぶきの里「雪灯廊(ゆきとうろう)」、そういえば2月4日が最終…
  3. はじめてお酒を飲んだ日:サラリーマン酔いどれ譚
  4. 「京都大原三千院」の紅葉を見過ごしてしまった方に-紅葉写真館
  5. 2016年12月から2017年1月末までの京都のイベント・観光情報

関連記事

  1. コト

    10月後半から11月の京都のイベント情報

    京都のイベント情報10月から11月 (さらに…)…

  2. コト

    ペンギンにとって冬は恋の季節!?京都水族館で「愛のペンギンクリスマス」イベント開催中

    京都水族館にいるケープペンギンは、冬に恋をするらしい。恋をして夫婦にな…

  3. コト

    本好きの人が集まる「一箱古本市」が京都烏丸五条近くのコワーキングスペース「京創舎」で1月29日(…

    「本を通して人と繋がる」をテーマにした「一箱古本市」が、京都烏丸五条近…

  4. コト

    残雪も美しい美山かやぶきの里「雪灯廊(ゆきとうろう)」、そういえば2月4日が最終日

    日本人の誰もが「訪れるとなぜか懐かしく感じてしまうような場所」を原風景…

  5. コト

    高台寺秋の夜間特別拝観がスタート-ライトアップのテーマは「輪廻」

    秀吉の正室ねねが秀吉を弔うために建立した寺として有名な、京都市東山の高…

  6. コト

    ロームのイルミネーションは地域に還元する企業の姿勢も美しい

    正直、毎年そんなに変わらないのだけれど、およそ80万個の電球で、京都の…

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. キブン

    上司の飲みの誘いを断ることについての感じ方の変化:酔いどれ譚二杯目
  2. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目
  3. タベモノ

    自家焙煎の水出しコーヒー、食べられる紅茶、バーガーにヘアサロン!?京都水族館近く…
  4. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」
  5. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:ADCグランプリを受賞した「KIKOF」の制作現場、『丸滋製陶…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。