キブン

本末転倒酒の虫:酔いどれ譚五杯目

yoidore03

本末転倒酒の虫

僕たちは基本的にお金がない。あっても無いような気がする。

そこでそんな僕たちの強い味方「立ち飲み屋」が現れる。

「給料日前でさ、お金ないからサクッと」とか言っときながら、

気が付けば2時間くらいいる。
いや、2時間以上いる事の方が多い。

立ち飲みの平均時間なんて知らないけど、短くはない。長いほうに分類されるはずだ。

本来の立ち飲みの目的って

・安い

・短時間で

・気軽に

そんなとこだろうと思うのだけど、

如何せん飲み気が勝ってしまい、気が付けば2時間。

よくよく考えれば足も痛い。もたれているのにも疲れてきた。2時間いればそこそこ飲み食いするし、安いとはいえそれなりの金額になる。

そう、本末転倒なのである。

要は、飲みたいだけです。酒の虫なんです。

なんて名付ければいいのかわらない、ほんのりもやっとしていながらも、少し遠くを見つめてふぅと一息ついて、自然とあぁ今週も終わったなあとつぶやくあの、よくわからない金曜日の瞬間をだれか名前を付けてください。

その気持ちを放り投げるために僕たちは行くのです。お酒を飲みに。

なのに、結局仕事のことなんかどうでもよくなって、明日になったら忘れているような話をくだくだ棒立ちで苛立ちもなく2時間杯を傾ける。

考えればなんて酷な話なんだろう。

僕たちは日々、日中社会と戦い、夜は立ち飲み屋で自分の体力と肝臓との闘いを繰り広げる。

いったいいつからこうなったんだ。

と、考えてみるんだけど。それは何だか学生の頃とかに公園や宅飲みをしていたのと同じような感覚なのかもしれない。

お金がないけど、誰かと何かをして過ごしたい。20歳を超えてお酒というオプションを身に着けとりあえず飲みたいけど、対してお金もない。

コンビニでビール買って公園や誰かの家に行き、あの娘がかわいいだ、バイトがだるいだ、明日になったら忘れるような話をするという名前の付けられない時間を過ごしていた。

そう結局飲みたいだけなんです。僕たちはいつまでたっても根本的には何も変わらない。

そんな性根なのか、やはり気取った店は落ち着かない。

大衆的な居酒屋でアキレス腱伸ばしながら飲むのが身の丈に合っている。

そしてよくよく考えてみると、給料日前とか関係なく月初だろうが月中だろうが、大衆的なカウンターにぶ~んと酒の虫は吸い寄せられている。

“福田管”

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 創業から50年以上変わらないホットケーキ-京都「梅香堂」で至福のスイーツタイムを…
  2. まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃
  3. ウユニ塩湖のような一面も-「広沢池」の紅葉が見頃に
  4. 日本の近代化を支えた兵庫県の鉱山開発-不夜城と呼ばれた東洋一の廃選鉱場「神子畑選…
  5. 酒を飲む最高のシチュエーション:酔いどれ譚八杯目

関連記事

  1. キブン

    彼女が二日酔いの朝に淹れてくれた薄い目のコーヒー:酔いどれ譚十一杯目

    もう全く思い出せなくて検索しても出てこなくて、知っている人いたら教えて…

  2. キブン

    カシオレをオーダーする男-酔いどれ譚 十三杯目

    成人式を終えた二十歳の新成人たちは、お酒を飲めるようになる。始…

  3. キブン

    僕の上司-酔いどれ譚九杯目

    上司にはいろんな人がいる。優しい上司、厳しい上司、頼りになる上…

  4. キブン

    京都紅葉写真館-嵯峨野「あだし野念仏寺」

    重要伝統的建造物群保存地区に認定されている京都嵯峨野の「嵯峨鳥居本(さ…

  5. キブン

    SNSもツイッターも、少しのあいだ忘れていました。一休和尚が過ごした大徳寺「龍源院」で悠久の時を感じ…

    一休和尚(宗純)が過ごした寺としても有名な、京都紫野の臨済宗大徳寺。そ…

  6. キブン

    酒を飲む最高のシチュエーション:酔いどれ譚八杯目

    酒を飲むシチュエーションは色々ある。いつもの仲間と大衆…

注目!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    奈良十津川村、断崖絶壁から絶景をのぞむカフェ「瀞(どろ)ホテル」に圧倒される
  2. タビ・アソビ

    京都観光に来た友人を連れて行きたい穴場の黄葉スポット「岩戸落葉神社」
  3. タビ・アソビ

    京都を中心とした関西の2016年紅葉プレイバック-京都の穴場も紹介8選
  4. キブン

    僕の上司-酔いどれ譚九杯目
  5. タビ・アソビ

    まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。