タベモノ

中華に恋して!中華あんがのってる「志成園」のカツ丼が美味くて安くて新しい味わい!

三日三晩、どんな体調でも中華は食べられる。むしろ中華は医食同源の考えのもと、どんなに油ギトギトの料理であっても、もうそれは薬であると信じて疑わない私がおすすめしたいのが「中国料理志成園」の「カツ丼」。

あんかけカツ丼はボリューム満点

img_8318のコピー

五条御前の交差点から南に100mほどの場所にある「中国料理 志成園(シセイエン)」。近くにリサーチパークがあることから、昼はサラリーマンやOL、タクシーの運転手、夜もやっぱりサラリーマンにタクシーの運転手の利用が多い。ただ、サラリーマンとタクシー運転手だけが知っているなんてもったいない。「安くて美味くて、量が多い」と評判のこちらでランチにもディナーにもおすすめの一品がある。

昼夜問わず同じメニューを用意しており、「唐揚げ」と「五目ソバ」や「五目ヤキソバ」といった中華の定番料理が常連から人気。そんな定番メニューには及ばないものの、老若男女幅広い層から人気なのがあんかけ「カツ丼」(650円、大850円)。日本の大衆食文化の象徴的な、卵でとじたカツ丼ではなく、トンカツ、白菜や椎茸、人参をとろっとした中華あんでとじたあつあつの一杯。

素朴な味わいを好みの味にカスタマイズ

img_8313

あんかけ「カツ丼」650円(大850円)丼はスープ付。

味付にはほとんど調味料を使っておらず、あっさりとした優しい味わい。薄味だと感じる場合はテーブルに用意されている醤油をさっと1回振りかけたり、ラー油で辛みを足すのがおすすめ。ちなみに私はラー油2回半、醤油を1回「の」の字を書くようにして味を足している。量がかなり多めなので、女性はご飯少なめでオーダーしてもいいかも。大サイズは会社帰りの飲み会の締めで3、4人で食べると丁度いい。

 

img_8321

ラー油をかけるとこんな感じ

そのほかのメニュー紹介

img_8310

餃子1人前250円。写真は2人前。

img_8305

炒飯450円、大630円。写真は並。

丼はスープ付。炒飯にもスープが付いており、450円という安さ。パサパサとご飯が崩れる、強火で絶妙に炒められた炒飯も、あっさりと味付け。餃子は小ぶり。鉄板にふれている部分の皮はパリッパリで、中身とそれ以外の皮はしっとり。こういうところでは、夜にドリンクを出すためにちょっと味付は濃いめにしているところが多いけれど、無駄な味付けは一切なし。おそらくカロリーも中華の割には低そう。女性におすすめの中華店なので、サラリーマンやタクシーの運転手に負けず、会社帰りのOLの皆さんに、ここで中華女子会を開いてもらいたい。

ショップデータ
■店名:中国料理 志成円(シセイエン)
■住所:京都府京都市下京区西七条赤社町32
■電話:075-314-3244
■定休日:水曜休
■営業時間:11:30~15:30 17:00~23:30(LO)

京都府 京都市下京区 西七条赤社町32

“記事・写真:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都イベント・観光情報カレンダー2017年2月-3月末
  2. 『アトリエにちか』福田さんのセレクトの楽しみ方-アトリエにちか 福田 景子さん
  3. 京都紅葉写真館-嵯峨野「あだし野念仏寺」
  4. 2017年1月から2月末までの京都の観光地で行われるイベントや年中行事情報
  5. 京都の新しい楽しみ方!アートもフードもごっちゃ混ぜ、お店主催の音楽イベントが面白…

関連記事

  1. タベモノ

    日曜以外は深夜3時まで営業-「辨慶(べんけい)うどん」で宴会のシメを

    今年もあとひと月ほど、忘年会や下見で宴会をする機会が多くなるのでは。宴…

  2. タベモノ

    手作りのインテリアが並ぶカフェレストラン「Moon Talk(ムーントーク)」でゆったりした休日を

    日本人は休日の使い方が下手らしい。そんなニュースを見ていると、たしかに…

  3. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」

    滋賀県の北東部、風光明媚は彦根城の城下町から住宅地へと向かうベルロード…

  4. タベモノ

    ゾンビ映画を撮影するのにおすすめ-和歌山にある浜辺の廃墟カフェ「Bagus(バグース)」

    京都市内から高速で2時間ほど、海の幸も山の幸も楽しめる食の楽園和歌山。…

  5. タベモノ

    コーヒー好きでもこの発想はなかった-自家焙煎のスペシャルティコーヒー彦根「マイクロレディコーヒースタ…

    生ハムメロン、そばめし、アボカドチーズなど、美味しいものと美味しいもの…

注目!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    日本一大きな鳥居は平安神宮ではなく、神が舞い降りた地「大斎原」の大鳥居
  2. ヒト

    「渡船」への思いと日本酒文化-『藤居本家』藤居鐵也さん
  3. キブン

    予期せぬ時点での技術の開花-酔いどれ譚十八杯目
  4. タビ・アソビ

    小説・映画にもなった赤目四十八滝で滝三昧
  5. タビ・アソビ

    京都の夜景スポット「男山展望台」は人が全然いないので、たまに人に会うと非常に恐い…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。