タベモノ

『くるみの木』石村さんプロデュースの奈良『鹿の舟』のカフェ『囀(さえずり)』のスイーツたち

関西を代表するカフェギャラリー『くるみの木』のオーナー石村さんが、総合プロデュースを手掛けた複合施設『鹿の舟』。奈良の観光案内を目的とした『繭』、奈良の食材を中心とした料理と、薪をくべて炊く竃のご飯が味わえる和食の『竃』、そしてランチも楽しめるカフェ『囀』の3店舗があり、どれも奈良の食や風土、伝統の生活文化に触れられる。今回は奈良観光の足休めの際におすすめの『囀』のスイーツをご紹介。

植村牧場の牛乳と大和の卵を使ったシンプルなハード系プリン

img_9311%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

関西だけでなく、日本中にファンがいるカフェ『くるみの木』の石村さんが総合プロデュースしただけあり、『鹿の舟』は、奈良の自然と伝統文化を活かした空間作りがされている。3店舗の中心にあるのは、なんと畑。田んぼまである。

ちょうど米の収穫期だったことから、田んぼでは見事に実った稲が、こんにちは、をしてくれていました。カフェスペース『囀』の店内から、この畑を眺めながら食事ができ、街なかにありながら、自然を感じられる、ほっとする空間となっています。

こちらのスイーツは季節のフルーツを使ったタルトなどが人気ですが、プリン愛好家の私は、断然プリン押し。

使用している牛乳は、映画化もされ関西でも有名な植村牧場の牛乳。近隣の農家から仕入れた野菜で育つ、植村牧場の牛から採れる乳は毎日味が違うとか。決められた種類の飼料だけではなく、多彩な食事と、しっかり運動することで、牛も元気になり健康で良質な乳になるそう。

卵は魚油を飼料に混ぜ、コクが増した大和なでしこ卵を使用。そんな卵と牛乳を使ったプリンはシンプルなハード系プリン。素材の旨みと甘みを活かすため、市販のプリンに比べると甘さは控えめですが、溶けるような口当たりの中に、甘みはしっかり感じられます。ハード系ですが、寒天みたいな感じではなく、レアチーズケーキをちょっと硬くしたような、しっとりとした滑らかな硬さ。この絶妙な口当たりは、なかなか味わったことがなく、ひと口でファンになりました。

img_9305

大和なでしこ卵プリン 650円(税抜)

季節のフルーツ巨峰のクラフティ

img_9299%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc
味は季節ごとに違うけれど、『くるみの木』でも、定番としてファンを喜ばせてくれる、季節シリーズ。秋は食べごろの巨峰をフランスの伝統菓子「クラフティ」で。タルトの上には、でっかい巨峰がごろごろ。焼くことで巨峰の甘みが増すそう。生地には甘さ控えめのカスタードがたっぷり。サクッとしたタルトと、しっとりとした生地のコントラストある食感が小気味良く、食を楽しませてくれます。まろやかな甘さで、上品な味わいのスイーツはぜひ、季節ごとに味わいたい。

img_9302%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

巨峰のクラフティ 500円(税抜)

img_9322%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

ショップデータ
鹿の舟 囀(さえずり)
■電話:0742-94-9700
■住所:奈良県奈良市井上町11
■営業時間:8:00-18:00
■定休日:水曜休
■駐車場:なし※隣に有料駐車場あり
■HP:http://www.kuruminoki.co.jp/shikanofune/saezuri/

“Text:Taico,Photo:中川 直幸”



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を…
  2. BBQやアウトドアで活躍する良い香りの天然由来虫除けスプレー
  3. 市内から車で2時間ほど-月末月初は商売人で賑わう岐阜の「おちょぼさん」を楽しもう…
  4. 居酒屋『よこちょう』で日本酒を片手に鮮魚に舌鼓
  5. 場にふさわしくない絶世の美女と大衆酒場における出会いについて-酔いどれ譚九夜目

関連記事

  1. タベモノ

    京都のお土産で人と違うものを渡したい時は島原の菱屋「うすばね」がおすすめ

    京都の島原地区にある『菱屋(ひしや)』の「うすばね」は、京土産の新定番…

  2. タベモノ

    京都市内から約2時間天橋立に行ったら、ぜひ宮津のソウルフード「カレー焼きそば」を

    日本三景に数えられる天橋立。宮津湾と阿蘇海を隔てる砂州は、展望台から見…

  3. タベモノ

    アートと自然に触れながら『cafe noka』でゆったりコーヒーを

    滋賀県と三重県の県境。陶芸の町信楽から車で20分ほど走ったところにある…

  4. タベモノ

    地元民が愛してやまない滋賀県彦根の「スイス」の裏メニュー「バーグ丼」

    滋賀県の北東部、風光明媚は彦根城の城下町から住宅地へと向かうベルロード…

  5. タベモノ

    いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』

    15人入ればぎゅうぎゅうになりそうな小さな店内に、高度成長期のころは、…

注目!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. タビ・アソビ

    「海賊とよばれた男」聖地巡礼-日本の近代化を支えた国の重要文化財「舞鶴赤れんがパ…
  2. ヒト

    世界でひとつの作り方:スーパービンテージジーンズに挑戦するニードルワーカー小中儀…
  3. タベモノ

    いま行きたい信楽:陶芸家の胃袋を支えた隠れた名食堂『助六』
  4. コト

    2017年4月に京都で行われるイベントや観光情報
  5. コト

    ハバネロの約5〜6倍の辛さ! 「キャロライナリーパー」を食す守山の激辛イベントに…
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。