タビ・アソビ

文献史上最古の「羽衣伝説」。神秘的な天女の逸話を感じながら、沈むような深い青色の余呉湖で絶景ハント!

日本全国に逸話として語られる「天女の羽衣伝説」を知っていますか。 羽衣の力で空から舞い降りてきて、池や湖で水浴びをしている美しい天女。その姿を盗み見ていた男が天女の羽衣を隠し、天に帰れないようにしてしまう。そして男は天女と夫婦になり子を作る、というような話。結末は地域によって変わってくるけれど、その逸話の発祥の地ではないか、と言われるのが『余呉湖』。


8月夜明け、朝5時の余呉湖の風景

img_5487

夏の朝5時の余呉湖。すでに空が明るくなり、薄い桃色の朝日が山の稜線から差し込む。

京都から車でおよそ1時間半(電車でもほぼ同じ)。「琵琶湖八景-新雪 賤ヶ岳の大観」として県民から親しまれている賎ヶ岳により、琵琶湖と隔てられている『余呉湖』。奥琵琶湖に位置し、三方を山で囲まれたこの湖は、世の中から隔離されたように静か。伸びやかに水鳥が湖上を飛ぶ風景は時を忘れて、見入ってしまうほど美しい。風のない日には湖面がなぎ、鏡のように繊細に周囲の山々を映し出すことから「鏡湖」とふたつ名で呼ばれている。

ここは、1200年以上前に書かれた『近江国風土記』に「天女の羽衣」の逸話が紹介されており、書物として残る羽衣伝説では歴史が一番古く、ほかの羽衣伝説の発祥になったのではないかと言われている。たしかに天女が水浴びしにくるのもうなずける美しさだ。

朝から夕方まで、絶景写真を狙える穴場で、夜明け前の深い青色のほか、「日本のウユニ」と呼ばれる空が湖に映し出された写真、飛び交う水鳥、夕景などが撮影できる。

釣りのほか、サイクリングやウォーキングにもおすすめ

img_5483

早朝から釣りを楽しむ人も多い余呉湖。

湖の周囲は約6kmと小さく、歩いても一周するのに2時間かからない。夏ということもあり、早朝から釣りを楽しむ人やサイクリングをしている人が見られた。近くの余呉駅でレンタサイクルもあるので、電車で来る人は利用してみて。11月下旬にはワカサギ釣りも解禁され、毎年大勢の人が足を運ぶそう。この秋のアウトドアには、余呉湖も視野に入れてみて。

エリアデータ
余呉湖(yogoko)
世間を忘れる静かな世界が広がる度 ★★★★
■場所:滋賀県長浜市余呉町川並 余呉湖

“Text・Photo:中川 直幸”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 海外からの旅行者の好奇心が強くてハラハラした話
  2. 年下ヒーローと「ハブァ ナイストリップ」少年-酔いどれ譚
  3. 京都から車で3時間ほど-写真映えする関西近郊の絶景スポットおすすめ19選
  4. 夏の終わりはひぐらしの声を聞きながら廃校をリノベーションしたカフェでゆったりと
  5. 鬼の声が聞こえる?京都の絶景「立岩」で神秘体験に耳を傾けて

関連記事

  1. タビ・アソビ

    まるで風の谷伝説、一面を埋め尽くす曽爾高原のすすきがそろそろ見頃

    その者、青き衣を纏いて、金色の野に降り立つべし。これはジブリ映画「風の…

  2. タビ・アソビ

    京都観光に来た友人を連れて行きたい穴場の黄葉スポット「岩戸落葉神社」

    寺院の特別拝観も始まり、紅葉のピークを迎えた京都市内は、昼夜を問わず観…

  3. タビ・アソビ

    京都から2時間、関西屈指の秘境風の通り道『河内風穴』で今夏最後の涼を!

    京都から車で2時間。電車ではまず行くことができない、風の通り道『河内風…

  4. タビ・アソビ

    金運が上がると人気の『御金神社』で実際に宝くじに当たった人は何人くらいいるのか

    京都市内、中京区にある『御金(みかね)神社』。ピカピカに光る金色の鳥居…

  5. タビ・アソビ

    京都から車で3時間ほど-写真映えする関西近郊の絶景スポットおすすめ19選

    自然が織りなす神秘的な景色は、現実とは思えないほどの驚きを与えてくれる…

  6. タビ・アソビ

    いま行きたい信楽:登り窯の『Ogama』で信楽の魅力を体感

    滋賀県の南東部、京都市内から1時間ちょっとの信楽エリア。信楽といえば、…

注目!

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

2人の購読者に加わりましょう

  1. コト

    高台寺秋の夜間特別拝観がスタート-ライトアップのテーマは「輪廻」
  2. コト

    辛いモノが食べられるようになって食の楽しみを増やそう-2月17日金曜日は滋賀守山…
  3. タビ・アソビ

    京都市内から車で約2時間30分全国屈指のパワースポット「大神神社」で不思議体験を…
  4. コト

    「京都タワー」を好きな色にライトアップ!地上100mでのプロポーズもオススメ
  5. タビ・アソビ

    週末はカメラと一緒に-日本の発展を支えた関西の近代化産業遺産絶景5選
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。